LGBTの若者たちの居場所「にじーず」29日に国立市で初開催 多摩8市が連携

(2022年5月11日付 東京新聞朝刊)
写真

参加者が「にじーず」の様子を描いたイラスト=にじーず提供

 LGBTなど性的少数者や、そうかもしれないと感じている10代~23歳の子どもや若者がつながりをつくれる居場所「にじーず」が29日、多摩地域としては初めてJR国立駅近くの公共施設で開かれる。東京都国立市など多摩8市の連携事業で今後、月1回ほど、いずれかの連携市の施設で開くという。

「同じ当事者に会える」23歳以下対象

 居場所は一般社団法人「にじーず」が運営。代表で自身もトランスジェンダーの遠藤まめたさん(35)によると、当事者の若者の多くは家や学校で安心して話せないと感じているという。参考になるロールモデルが分からず、悩みや孤独感を抱えるといった課題がある。にじーずは、こうした若者が友達をつくったり、遊んだり、のんびりしたりできる場を目指して2016年、池袋で始まった。

 これまで都内や埼玉、札幌など全国8拠点で定期的に居場所を開いてきた。対象は大学を卒業した人の社会人1年目の年齢をメドに23歳以下としている。遠藤さんは「性に関する話でも、それ以外の話でも好きなことを話せる自由な場として利用してほしい」と呼び掛ける。

 多摩で連携するのは、国立の音頭で取り組みに賛同した清瀬、国分寺、多摩、東村山、日野、府中、武蔵村山の各市。幹事の国立市の担当者は「学校や家庭に居場所がない若者が、自分と同じ当事者に出会える場を継続してつくっていきたい」と話す。

 当日は午後1~5時、国立市の「国立駅前くにたち・こくぶんじ市民プラザ」で開く。テーマを決めて参加者同士で話したりゲームをしたりする。8市以外に住む子どもや若者も参加できるが、勉強目的の非当事者や大人の参加は不可。参加費無料。要事前申し込み。

 詳細は「にじーず」のウェブサイトへ。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2022年5月11日

1

なるほど!

0

グッときた

0

もやもや...

1

もっと
知りたい

あなたへのおすすめ

PageTopへ