とにかくよく食べる妹と、食事がつらそうな少食の兄 どちらも心配です〈古泉智浩さんの子育て日記〉47

(2023年10月25日付 東京新聞朝刊)
写真

お兄ちゃんの試合中、相手チームの子と遊ぶぽんこちゃん(右)

古泉智浩さんの子育て日記

妹は5歳なのに「7歳の子ども」の体格

 5歳のぽんこちゃんは、とにかくよく食べます。お休みの日は家にいれば一日中ひっきりなしに何かを口に運んでいます。なので、何か無理にでも用を作って外出させます。最近は小3のお兄ちゃんの少年野球に連れていくことが多いのですが、そこでもママさんが子どもにお菓子を配ってくれます。すると、ぽんこちゃんも「配りたい」と言い出して、確かにもらいっぱなしというわけにもいきません。袋に小分けされたグミやチョコレートを買って持たせます。するとまあ、ぽんこちゃんが一番数多く食べているわけです。

 バレエを習っているのに立派な体格で、肥満が心配です。9歳のお兄ちゃんが22キロになるかならないかの体重なのに、ぽんこちゃんは軽く24キロを超えます。身長も120センチで、保育園のクラスで2番目にでかくて、お兄ちゃんよりわずかに低いだけです。体格を調べてみたら、7歳の子どものど真ん中のバランスでした。逆にお兄ちゃんは6歳半の体格でした。

「おやつでいいから食べて…」の境地

 お兄ちゃんは、さっぱり食事をしないのです。とても好みが激しくて、味付けがちょっとでも苦手だとすぐ食べるのをやめてしまいます。空腹がつらくなく、逆に食事が苦痛のようです。お肉は好きだけど「鶏ももの色が嫌い」と言って、むね肉や豚肉を食べます。骨も苦手で、よく揚げた小魚の骨も食べないし、鶏の骨付き肉も食べません。逆にぽんこちゃんは、鶏の軟骨までむしゃぶりついて食べます。

 朝ごはんも食べたり食べなかったりで、夏場、少年野球で具合が悪くなっていました。言っても聞かないし、無理強いするわけにもいきません。お兄ちゃんの場合は、おやつでいいから食べてくれればなんでもいいという境地に至っています。

 先日、ママが職場の人にカステラをもらってきました。お兄ちゃんは聞いただけで見もせずに「僕いらない」と言い、ぽんこちゃんは「今すぐ食べたい」と言います。夕食前だったので、「ご飯が終わってからだよ」と言うと、ぽんこちゃんはお皿とフォークを出して、カステラをエアで見立ててパクパク食べていました。

 僕はダイエット中で白米を食べない代わりにオートミールなどにしています。ぽんこちゃんももうちょっと分別がつけば、おやつを豆乳おからクッキーなどにしてくれるのではないでしょうか。

古泉智浩(こいずみ・ともひろ)

 漫画家。養子の9歳男児うーちゃんと、5歳女児ぽんこちゃんを育てる。

3

なるほど!

2

グッときた

3

もやもや...

1

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • 匿名 says:

    うちでもぽんこちゃんと同じく、成長してからも食の悩みは辛い!
    小さいうちは遊びで身体を動かすことができ、今は仕事はできるのですが、運動好きではありません。
    栄養指導ではなかなか変われません。
    何とか食べる以外のことで心が満たされてほしいと切実に願っています。
    時間がかかります。
    専門家のアドバイスをきかれることがあれば教えてくださいね。

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ