双子のハイリスク出産を乗り越えて…だからこそ、君たちは奇跡!〈南家真紀子 MIRACLE TWINS〉

(2020年10月16日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

MIRACLE TWINS

南家真紀子

 多胎妊娠の母体への負担は大きく、早産(妊娠37週未満)の確率は50%以上。低出生体重、先天性疾患など特有のリスクが非常に高い現実があります。新生児集中治療室(NICU)のおかげで救われる命がどれほど多いことか。私自身もハイリスク出産の意味を痛感しました。

 多胎出産特有のリスクに備えるため、周囲も知識を共有してほしい。そして傷ついた母親の心身両面のケアが必要だと知ってほしいです。

 妊娠33週で想定外の破水と緊急帝王切開。臓器が完全な成熟に至らぬまま、生まれた息子たち。でも幸運なことに、ようはその後NICUで呼吸が安定し、そうの心臓の穴は約1年後に自然閉鎖を確認。今はゲームと工作が大好きな、元気な小学6年生です。 

◇紙面に掲載された元の作品

※毎月第3金曜日掲載

南家真紀子(なんけ・まきこ)

写真 南家真紀子(なんけ・まきこ)さん

 アニメーションアーティスト。三重県出身。武蔵野美術大学卒業後、アニメ制作会社勤務を経てフリーに。NHK・Eテレの子ども向け番組「いないいないばあっ!」のアニメコーナーなどを手掛ける。11歳の双子男児と5歳男児を子育て中。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    私自身も間も無く還暦を迎える男女の双生児デス。例に漏れず早産両親共に約十年前に他界当時の話を聴く事もできませんからこの様な企画で当時の事を想像する事しか叶いませんからとても感謝(勿論両親にも)製作者の方に御礼を伝えたいです。

  • 匿名 より:

    今私も双子の9歳男子を育てています、36週で緊急帝王切開、どうやって当時は育てていたのか、、、スーパーでは双子ベビーカーは通れないし、、駅ホーム降りてからエレベーターに入らない、、とか 色々なところで悲しい思いをしました。保育園も二人一緒に預かって貰えるところもなく、仕事の復帰も出来ず、多胎児にはとても厳しい社会だな、と感じてました。でも今はこうやって双子ちゃんママ達に優しい社会の記事にとても救われてます。多胎児ママさん達には頑張って欲しいです!

  • 匿名 より:

    自分自身が未熟児の早生まれで損してきたと感じる。子供の1年ってうんと差があるから。妊娠して双子ってわかった時点で経済的に破たんするし・・・

  • 匿名 より:

    私も30歳になる前に初めての子が双子で33w0dで破水し、そのまま出産しました。
    生まれたらそのままNICUへ。
    チューブだらけの我が子達を触るだけで抱く事はできませんでした。
    今ではなかなか出来ない経験なので良い思い出です。
    今は年子の弟と3人でよく遊んでいます。
    生まれて来てくれて、あの時頑張ってくれてありがとう。

  • 匿名 より:

    超高齢出産、しかも前置胎盤でたいへんきけんでした。32週、二人ともプラスチックの箱でチューブだらけのあかちゃんでした。現在12歳、この、コロナでびっくり成長。身長175cmぐらいになり、あっという間に私をおいこした。あしのでっかいこと。まだまだ大きくなりそう。声も変わりこの、あっという間の子供の変化についていけない。だっこしたいよ~~~~。みなさん、本当に大人料金になる12才とはすごいと、思った。思いっきりだっこもしておいてね。

  • 匿名 より:

    出産直後の宣告、気持ちが不安定な中、頑張られましたね。お子さんたちの生命力に救われる思いです。
    高齢出産だったうちの双子は、出産時には何もなかったんですが、ダブルで弱視&乱視でした。

  • 匿名 より:

    私が双子で産まれ年子の兄がいます。
    今、私も4歳の娘の子育てをしています。だからこそ母のありがたみ。

  • 匿名 より:

    お子さん達が、元気になるまで頑張りましたね。お母さんの心のケァもよく分かります。私の孫達は、七ヶ月を過ぎた所ですが二人とも別々の病院で頑張っています。コロナ過でまだ会えていませんが、写真をなでながら元気になるよう祈っています。同時にお母さんの心に寄り添いたいと思っています。南家さんの記事で勇気を頂きました。有り難うございました。双子の祖母より

あなたへのおすすめ

PageTopへ