【動画】公園トイレで出産し赤ちゃん遺棄 予期せぬ妊娠、届かないSOS なぜ20歳の母は孤立したのか

奥田哲平
子育て世代がつながる
写真

女性が赤ちゃんを出産した公園トイレと遺体を遺棄した植え込み=愛知県西尾市で

懲役3年、執行猶予5年の有罪判決

 昨年6月に愛知県西尾市の公園の植え込みで、ポリ袋に入った赤ちゃんの遺体が見つかった。警察が逮捕したのは、近くに住む当時20歳だった看護学校生の母親。女性は公園トイレで3740グラムの男の子の赤ちゃんを出産したが、赤ちゃんは数時間後に何らかの原因で亡くなった。保護責任者遺棄致死罪などに問われた女性には今年5月末、懲役3年、執行猶予5年の有罪判決が下された。

 女性のような「予期しない妊娠」を巡っては、周囲に打ち明けられずに孤立して出産し、遺棄事件などに至る悲劇が後を絶たない。決して許される行為ではないが、彼女一人に責任を負わせていいのだろうか。取材を進めると、女性が加害者になる前に孤立から救い、幼い命を守れた可能性が見えてきた。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    国は確かに少子化対策で確かな夫婦への経済的援助に腰をあけましたがまだまだ沈黙しざえる妊娠があり子供達の子殺しにつながり本人だけでなく周囲も辛い現実本当に今の性教育の在り方にもつながり望まれなき妊娠へのケアが不足していて残念です。私も助産師しとしてリアル体験を見て本当に辛い現実を見て私は何もヘルプ出来なかった事例は忘れる日はないです。すべての赤ちゃんは平等に幸せになるべきと日々リタイアしても感じてます。極小未熟児にはしっかりと養育医療がありますが健全に生まれたにも関わらず母の置かれし社会環境で未来が幸せになれない現実を危惧してやまない。私達の助産師の学校時代に西暦2000年つまり21世紀には消滅する仕事なんて凄く悲しい思いなんと保健学科の学生が笑ってねー(“⌒∇⌒”)死ぬほど厳しい試練の中の一言が胸に残ってます。国がもっとすべての生まれたる子供達が幸せになれない現実にヘルプしてほしいです。エディションも医療も法律もすべてての人々が私達の未来を支えるであろう子供達が社会全体で見守はぐくむ時代になればいいですね😃子供は宝母は偉大な存在ですねー(“⌒∇⌒”)もっと男性も理解を深めてねーやはり国がもっとメッセージを深めて法的整備又不幸な人生が起こらないこの世にと願ってやまない。私も何かヘルプ出来る人に成れるように精進したいと感じています。罪に問われる現実にもしっかりと見つめる人間でも有りたい。なんとか看護目指した彼女がさいど命の大切さに生き抜いて欲しいです。グットラかつて助産師しとして生きた私の在り来たりのコメントでした。66さいです。

あなたへのおすすめ

PageTopへ