予期せぬ妊娠、生後5日で息子を託した母親 特別養子縁組が支えた「ごめんね」の先の人生

子育て世代がつながる
写真

育ての親から送られた悠太君のアルバムや様子を知らせる手紙を、大切そうにバッグにしまう香織さん=茨城県土浦市で

 予期せぬ妊娠で、初めての子を昨年10月に出産した香織さん(34)=仮名、東京都在住=は、養子縁組の仲介・あっせんをするNPO法人「Babyぽけっと」(事務局・茨城県土浦市)を通して、東北地方に住む、子どもに恵まれない結婚16年目の夫妻に生後5日の長男・悠太君=仮名=を託した。出産から1年。「生みの親である私に会いたいとわが子が望んだとき、健やかな私でいたい」。香織さんは、複雑な思いを抱えながらも、養親を通して触れるわが子の成長を支えに生きる。わが子を養子に出すに至った経緯や今の気持ちを語ってもらった。

 今回の香織さんへの取材は、特別養子縁組の実態を広く知ってもらおうと、Babyぽけっとが場を設けてくれました。特別養子縁組とは、養子となる子どもの生みの親(実親)との法的な親子関係を解消し、育ての親(養親)と養子に実の親子関係を結ぶ制度です。公開中の映画「朝が来る」(河瀬直美監督、辻村深月原作)には、実の子を育てることができない生みの親と、実の子を持てなかった夫婦が登場し、養子縁組を仲介するNPO法人「ベビーバトン」を通してつながります。河瀬監督は「Babyぽけっと」をモデルとして取材し、映画には実際にBabyぽけっとの支援のもとで出産までの時間を過ごした女性が、出産間近の妊婦として登場しています。

写真

映画「朝が来る」(河瀬直美監督、辻村深月原作)の一場面。実の子を持つことができなかった夫婦、栗原佐都子(左、永作博美)と清和(右、井浦新)は、「特別養子縁組」の制度を知り、生後間もない男の子を迎え入れる ©2020「朝が来る」Film Partners

おなかの子に気づいたのは妊娠25週 父親が分からない…

―出産に至る経緯を教えてください。

 性風俗の業界で働いていて妊娠しました。父親に当たる人は分かりません。妊娠に気付いたのは、昨年7月。もう妊娠25週に入っていて、中絶できる時期を過ぎてしまっていました。

 受診した病院では「この時期になるまで本当に気付かなかったのか」と聞かれました。5月ごろまでは、いつもの生理よりは少ないけれど、出血があったんです。今思えば切迫早産ぎみだったのかもしれないですけれど…。妊娠の兆候としては、生理がとまること、つわりがあることぐらいしか知りませんでした。

 脚の血管が浮き出たり、足がつったり、息切れがしたり、トイレが近かったりといった症状はあったのですが、それが妊娠の兆候だと知りませんでした。もともと持病があったこともあり、ただ自分の体調がすぐれないだけだと思い込んでいました。体重も増えるのではなく逆に減っていました。

写真

Babyぽけっとが主催する特別養子縁組の説明会で、制度や養子を迎えるにあたっての心構えなどの説明を聞く縁組希望者=説明会の写真は、いずれも茨城県土浦市で

もう中絶できない時期 でも自分では、とても育てられない

―妊娠が分かり、どんな思いでしたか。

 おなかの赤ちゃんに申し訳ない気持ちになりました。7月はじめに妊娠と、もう中絶できない時期であることが分かりましたが、経済面でも体調面でも、家族のサポートの面でも、自分ではとても育てられないと思いました。区役所や児童相談所にも相談し、病院からは特別養子縁組を仲介する(Babyぽけっととは別の)民間団体を紹介されました。

 選択肢は、自分で育てるか、乳児院に預けるか、養子縁組をするかでした。ただ、「赤ちゃんにとっては、親二人がそろっている方がいいのではないか」と考えていました。

 8月末に切迫早産で急きょ入院することになりました。頼れる人がいなかったので、入院に必要なものもそろえられず、苦労しました。自分の家庭は崩壊しているも同然だったので、親にも知らせませんでした。どうやって育てるか迷っている段階で誰かに話しても、「育てろ」と言われるに決まってます。赤ちゃんをどうやって育てるかを決めるまでは、誰にも言えないと思っていました。妊娠していることを話したのは、友人一人だけ。そのほかの周りの人には「持病で入院する」としか言っていません。職場には「今日から2カ月休みます」と告げただけです。

赤ちゃんのためには? 悩むうちに時間だけが過ぎていく

―その頃には、赤ちゃんをどうやって育てようと考えていたのですか。

 最初に紹介された養子縁組の支援団体とは信頼関係が築けず、任せたいと思えませんでした。しかし、自分で育てるのも無理でした。どうしたら子どもが幸せになるだろう、とずっと悩んでいるうちに、時間だけがどんどん過ぎていきました。厚生労働省のホームページから、民間の養子縁組あっせん団体の資料をダウンロードし費用や手続きについて調べる中で、最終的にお世話になるNPO法人「Babyぽけっと」を知りました。妊娠38週目、10月に入っていました。

 迷いながら連絡を取ったところ、岡田卓子代表(61)につながりました。「すごく大変だったね。あなたは今、とても疲れてる。赤ちゃんもかわいそうだったから、この後はゆっくり寝なさい」と声を掛けられ、「ここだったら、大丈夫そう。信頼できる」と思えました。「(子どもを託す養親は)どんな親御さんがいい?」と聞いてくれたのも大きかったです。1週間後に、申込用紙を書きました。

写真

養子縁組の仲介・あっせん事業を行うNPO法人「Babyぽけっと」の岡田卓子代表。予期せぬ妊娠や経済的な理由などにより、出産しても子どもを育てることができない実親のサポートもしている

赤ちゃんと過ごした5日間 「簡単に手放してはいけない」

―赤ちゃんが生まれて、どんな気持ちになりましたか。

 出産予定日を1週間過ぎても陣痛が来ず、赤ちゃんが弱ってきているとのことで、緊急帝王切開で出産しました。おなかの赤ちゃんに気付くのが遅く、妊娠中の環境も悪かったので、やせて生まれてくるのではないか、健康状態が悪いのではないかと、とても心配でした。でも、3000グラムほどの元気な赤ちゃんが無事に生まれてきてくれて、本当にほっとしました。

 出産後5日間、ミルクをあげたり、おむつを替えたり、抱いて寝かせたり、部屋は別でしたが一緒に過ごしました。「赤ちゃんを手放しづらくなるよ」と病院やBabyぽけっとのスタッフには心配されましたが、簡単に手放したくない、手放してはいけない、自分がしたことの重みを受け止めなければいけない、と感じました。

 赤ちゃんは、すごくかわいかった。愛嬌(あいきょう)があって、「この子なら、血のつながっていない家に行ってもきっと大丈夫。大事に育ててもらえる」と思えました。私はこの5日間があったおかげで、安心して託すことができました。

 Babyぽけっとのスタッフが「赤ちゃんがいなくなってさみしいと思うけど、私たちがいるから、何かあったら連絡してね」と、つかず離れずの距離感で接してくれたのもありがたかったです。

「家族になってるんだ」 育ての親が送ってくれた写真

―育ての親に託した後も、団体を通じて、つながりが続いているそうですね。

 はい。とても優しい養親さんで、節目のたびに、手紙や写真を通して、悠太(1歳0カ月)の様子を知らせてくれます。生後3カ月ほどのお食い初め、生後半年のハーフバースデー…。今年のお正月には、おじいちゃんやおばあちゃん、ひいおじいちゃんに抱かれた悠太の写真を送ってくれました。「家族になってるんだ」と感じ、愛情いっぱいに育てられていること、養親さんご家族とのご縁に感謝しています。

ずっと「ごめんね」という思いを抱えていくはずだった

―悠太君を養子に出したことに、後悔はありませんか。

 私は悠太を捨てたわけではありません。ただ、普通は持病があっても、経済的に苦しくても、自分で育てる人がほとんどでしょうし、無理をすれば育てられないわけではありませんでした。でも、一人で育てるには不安しかありませんでした。一人親になってしまうこと、自分の体調がすぐれないこと、経済的に厳しいこと。血がつながっていれば乗り切れる、と言い切れませんでしたし、家族など身近な人の助けも望めませんでした。

写真

養子に迎えた子どもと一緒に説明会に参加する養親OBら

―今の気持ちを聞かせてください。

 妊娠が分かった時から私はずっと、悠太に「ごめんね」ばかり言っていました。おなかの中で育っているのに気付かなくて「ごめんね」。産むまでいい環境でいさせてあげられなくて「ごめんね」。育てられなくて「ごめんね」…。これからも、ずっと「ごめんね」という思いを抱えていくのだと思っていました。

 でも今は、悠太を養親に託して、本当によかったと思えています。実親と養親が接触を持たないなど、産んで縁が切れてしまう養子縁組の関係もある中で、こうしてつながりを持てることで、後悔するばかりだと思っていた産後とは違う形の日々を送らせていただいています。

 わが子を産み、特別養子縁組に出したことに対して、支えてくれる団体のスタッフから「勇気ある決断をした」と言われることがあります。でも、それにも増して、養親のお二人は、勇気を出して、他人の子を引き取るという決断をしてくださったのだと思います。

いつかわが子が「生みの親に会いたい」と思う日が来たら

―香織さんは今、どのような生活を送っていますか。

 こうして今、養親さんが送ってくださる写真や手紙を通して、私も悠太の成長を見守るうちに、自分が少しずつ変わってきたのを感じています。今年の5月に、夜の仕事を辞め、昼間働ける仕事に転職しました。水商売がダメというわけではなく、昼間に働いた方が体も心も健康でいられて、将来的に長生きできる確率が高いと考えたからです。悠太が大きくなったときに、元気でいられる方がいい、その方があの子に気持ちの面で負担を負わせずに済む、と思うようになりました。

―いずれは、悠太君が自分の出自について知る日が来ます。

 Babyぽけっとの養子縁組は、子どもが小学校に上がる前に「真実告知」をする、つまり養子であることを本人に知らせることを縁組の条件としています。悠太が本当のことを知ったとき、背負う重荷は少ない方がいい。もしいつか、悠太が「生みの親に会いたい」と思う日が来たら、私は会おうと思います。そのときに、元気で会えた方がいい。これから、少しずつ立て直していくつもりです。

写真

養親OB(左の2人)に赤ちゃんを抱かせてもらいながら話を聞く特別養子縁組希望者(右の2人)

特別養子縁組とは

 子どもが、家庭で愛情をもって育てられる環境をつくるために、公的に設けられた子どもの福祉のための制度。予期せぬ妊娠や、経済的な事情などにより、育てたくても育てられない親が、子どもの幸せを願い、育ての親に託すことで、安定した養育を受けさせることができる。

 実親との法的関係が残る普通養子縁組と異なり、戸籍上も養父母が実親扱いとなる。養親が裁判所に申し立てをしてから約6カ月の試験養育期間の後、縁組が確定すると、子どもの戸籍は実親から養親に移る。

 制度を利用しやすくするための民法改正で2020年4月から、対象年齢が6歳未満から原則15歳未満に引き上げられた(※)。また、成立までの手続きが「実親の養育状況と同意の有無を判断」する審判と、「養親と養子のマッチングを判断」する審判の2段階に分けられ、これまでは縁組成立まで可能だった実親の同意撤回を、同意から2週間経過後は撤回不可とすることで、養親(候補者)の負担が軽減された。

 ※本人の同意があり、15歳になる前から養親となる人と一緒に暮らしているなどの条件を満たせば、例外として15~17歳の縁組も認められる。
☆☆☆☆☆

 特別養子縁組制度については、厚生労働省のホームページで詳しく説明しています。法律に定める許可を受けた民間の養子縁組あっせん事業者の一覧も紹介しています。

取材を終えて

 事情があってわが子を手放した親は、自責の念に駆られながら、その後の人生を過ごすことになるのだろう。そんな自分の先入観が、香織さんへの取材で打ち砕かれた。望まぬ妊娠、父親の不明、経済的な事情、親との不和、自分の体調。いろいろなことが重なり、出産直前まで悩み続けていた香織さんは、特別養子縁組を支援するBabyぽけっとを介して、養親夫妻とつながった。生まれてきた悠太君が、あたたかい家族の中で愛されて育っているという事実が、香織さんを「ごめんね」と後悔するだけの人生から救ったのだと、目を見開かされる思いだった。

 こうしたつながりを生んだ背景には、「養子縁組は隠すことではない」とし、真実告知を縁組の条件とするBabyぽけっとの一貫した姿勢がある。子どもに養子であると小さいうちから話していくことを勧め、縁組成立後も、双方が望めば生みの親と育ての親のやりとりを仲介する。香織さんにとっては、育ての親から届く悠太君の成長、そして、いつか悠太君と対面する日が来るかも知れないという可能性が支えになり、出産後の人生を前向きに歩む原動力となった。特別養子縁組が生んだそのつながりが、本当にまぶしかった。

 ぽつぽつと話し始めた香織さんの口調が、インタビュー終盤ではとても力強い話し方に変わった。おなかに赤ちゃんを抱え、行き場がなくなってしまった次の誰かが、こうやって次の一歩を踏み出すきっかけになるかもしれない。「子どもの福祉のための制度」と言われる特別養子縁組だけれども、同時に、一人の女性の人生も支え、変える力があるのだと、今回の取材で強く感じた。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    二児の母です。主人や周りの協力で子育て中です。高齢出産もあり、子育ては思うようにいかないことの連続です。香織さんの決断はお子さんにとって良い選択だったのではないでしょうか。これからのご自分の生活もよく考えられたなと思います。
    頑張ってくださいね。

  • 匿名 より:

    小学校前の真実告知は、過ごし早いような気がします。
    私は、祖父母に育てられました。
    親と思ってましたが、高校へ入学時、戸籍を見て分かりました。
    もし、小さいときに、それを知っていたら、多分、日常のワガママは言えずに我慢しながら育ったと思います。
    色々判断出来る年齢で真実を知り、良かったと思ってます。
    これは、私の経験です。

  • 匿名 より:

    自分も予期せぬ妊娠した過去あり。産むことは考えられず堕胎した。産んで養子に出したなら良かったかも。いまでも悔やみます。

  • 匿名 より:

    責任を女性に押し付けた 男性の一人として、残念に思います。
    321

  • 匿名 より:

    お疲れ様でした。
    予期せぬ妊娠、仕事柄、大変という言葉では言い表せない、濃い時間だったと思います。
    素敵な縁組団体さんをきちんと選ばれた事、ひとりで行動した香織さん。良い団体さんに出会えて良かったです。なによりお子さんが、良いご家族に縁組され幸せそうなこと。香織さんには相手から写真が送られ、成長を感じられるのはとても幸せなことだと思います。
    起きてしまった事は変えられませんが、その後の判断は、親になって、子どもを護ろうとしている姿が浮かびます。
    一人でも不幸な子どもを出さないよう、日々奮闘する団体の方々の活躍がもっと知られれば良いなと思います。

  • 匿名 より:

    養親に託すということが子どもの幸せを願ってのことだと、誰もが感じる社会に早くなればいいと思いました。
    不妊治療を否定するつもりはありません。養子縁組が普通のこととなれば、血のつながりを重視する周囲の期待に応えようとして、女性が心と身体がぼろぼろになるまで治療を続けなくてもよくなるのではないか、と思います。

  • 匿名 より:

    自分はシングルファザーで、長女小一、次女年少から育てて五年経ちました。もちろん親の助けもなく三人で楽しく過ごしてます。もちろん炊事洗濯全てこなしてますが、大変だと思ったことはありません。でもそれは人それぞれであって、自分の価値観を押し付けて批判してはいけない。まず子供の安心できる場所を作らなくてはなりません。実際、自分のなかで血の繋がりは関係ありません。どんな経緯であれ自分のところにきてくれた子供は運命的な出会いなので、まさしく我が子ではないでしょうか。だから養子だからとか関係なく愛せる人にところに行くことが出来れば、一番幸せな事だと思います。

  • 匿名 より:

    このお話にとても感動しました。
    私も身寄りが無いので、香織さんの妊娠中のお気持ち、そして体調も大変だったと思います。でも、Babyポケットさんの様な団体に出会えて本当に良かったと思います!
    今は少子高齢化が進んでいて、そう言った面でも、Babyポケットさんの様な団体が必要だと思います。色々な酷な環境の中で暮らしていく女性。 沢山居ると思うのです。
    妊娠しても産めない…。それとは、逆に何年も不妊治療している夫婦もいますね。
    今後もBabyポケットさんの様な人間味のある団体さんが増えたら良いと思います!

  • 匿名 より:

    とてもいい記事でした。
    素敵な団体ですね。全てがうまくいくわけではないけれど、生まれた子も最初からお母さんに必死で愛されていたと、逆に感じました。
    親を選ばないけど、今回はとても良かった。
    頑張ってください。

  • 匿名 より:

    私も風俗で長く働いていましたが、色々なお客様がいることは分かります。無理を押しきって強引な行動をする人がいるのも良く分かります。でも、それなりの事が起きてるから妊娠に至る。私は風俗で仕事しながらも、もしかしたら妊娠してないかなと、毎月の生理がくるまで不安でいました。
    アフターピルも仕事柄もらえるだろうし、アドバイスもされるはず。特別養子縁組を世の中に知って欲しい気持ちは、ありとしても、自分の素性を打ち明けた事、その事実をもし子供が知ったらとか考えて欲しかった。私なら、会いたくても、会いたいと言われても、子供には会えないと思う。

  • 匿名 より:

    ハワイ在住者です。
    今から数十年前、こちらに来た当初、驚いた事があったのでシェアします。
    娘の同級生の数名が自分を紹介する時に”I was adopted.” と自分は養子だと言いました。幼稚園の子供がです。黙っていればわからないのにな、と最初は思っていましたが、後にこれは恥じる事ではないので隠す必要もないんだと思いました。
    夫婦に自分達の子供がいても養子をとります。白人の両親と白人の彼らの子供にはオリエンタルのまるっきり容姿の違う養子がいます。子供達も幼い時からその様な環境を見て育つので、学校でもいじめはありません。
    子供達は、自分の幼い異母もしくは異父兄弟を紹介する時もStep brother/Step sisterと親の違う兄弟と言います。ちゃんと親が彼らが幼い時に伝えているんですね。幼な子にもちゃんと権利で保護されているのだと痛感しました。
    親も里親も子供達も幸福な環境に守られる制度があるのはいいですね。

  • 匿名 より:

    3歳男の子の母です。
    どんなにパートナーの支えがあったとしても、妊娠した時人生がひっくり返るのは女性です。困っている妊婦さんやシングルマザー、シングルファザーの方々が、困った状態のままにならないようなシステムが社会に欲しいと思いました。
    自分も子供を育てる中で感じるのですが、なにか困って助けて欲しい、と思った時、自分で調べなければ支援団体やこの記事のようなNPOは出てきません。自分でアクションを起こす元気すらない人、そもそも発想がそこに至らない人もたくさんいると思います。
    どんなお母さんもお父さんもこどもも、困った時に、助けを求めることができる先にもっとにつながりやすくなって欲しい。と思いました。そして、自分ができることはなんだろう、と思います。支援できる繋がりも欲しいと思います。

    さいごに、香織さんへ。
    大変だったね。よくがんばったね。決断した貴女を尊敬します。
    私が同じ立場だったら?私はいじっぱりで勇気もないから、無理して育てようとしてうまくいかなくて、ニュースで報じられるような貧困、虐待や育児放棄、それ以上考えたくない結末を招いた張本人になっていたかもしれません。
    きっと悠太くんは、養親さんの優しさをいっぱいもらいながら、幸せに暮らします。時に困難があっても、お母さんである香織さんのように勇気ある判断と決断ができる人間になると思います。
    香織さんも、安心して暮らしてください。できれば、香織さんが望むような、幸せな暮らしをしてください。
    ご病気も、よくなりますように。無理なさいませんように。
    香織さんと、悠太くんと、おふたりをとりまくご家族の皆さんが元気に毎日を過ごせますように。

  • 匿名 より:

    2児の母です。子供を産んでから、子供が命を落とすニュースを聞くと、心が落ち込み、自分が幸せに子供と過ごしていることに強い罪悪感を持つようになりました。
    自分の子育てでいっぱいいっぱいですが、他の子供も幸せに暮らして欲しい…。子供を可愛いと思うたびに自分の子供だけを守っている状況が苦しいです。
    私の苦しさは問題と全然関係ないのですし、様々な境遇の中で生き抜くことは、私たち周辺の人から見える以上に過酷なことだと思いますが、それでも助かる命、人生があり、幸せに向かって歩く意志の強さに、救われ励まされます。
    どうか幸せになってください。

  • 匿名 より:

    妊娠する前に、(お母さんに?)子どもが不幸になる可能性を考えてほしいというご意見がありましたが、性産業についている方が望まない妊娠を完全に避ける対策ってできるんでしょうか。とても難しいと思います。女性的身体を持ち、性交渉の機会があれば予期せぬ妊娠は誰にでも起こりうることだと思います。その危険をおかしても女性が性産業につかなければならない状況をもっと想像するべきだし、その中でも最善を尽くしてこの制度にたどり着いたお母さんは本当に頑張ったと私は思います。一人で出産するなんて、どんなに大変なことか。里親制度は子どもだけの問題でなく、貧困や社会での役割の歪みが過度に担わされている女性を助ける仕組みでもあると思います。

  • 匿名 より:

    香織さん..貴方も幸せになって下さい。幸せになるんですよ(^.^)
    幸せを祈りつつ…

  • 匿名 より:

    無理をしても、育てられたなら、生後6ヶ月までは、一緒にいてあげて欲しかった。母親の母乳を飲む事の出来ない事が、将来に渡り、病を引き起こす事も、あるから。私は、あなた以上に複雑な環境で幼少きから今に至っているけど、この世の中の不公平さを痛いほどに、痛感しています。子供が、会いたい思っても、せの一言だけで会う事は、その子にとって本当に幸せな事なのか、考えて欲しいです。

  • 匿名 より:

    新型コロナで暗い話が多い中、素晴らしい話しで、泣けてるほど、感激しました。香織さんと悠太くんと養親様 の幸せをお祈りします。こんな素晴らしいインタビューを紹介してくださったインタビューアーとbabyポケットにも感謝。

  • 匿名 より:

    良かったですね。
    いい出逢いがあって。
    何度でもやり直しはできますよ。

  • 匿名 より:

    赤ちゃんが幸せなのが救いです、でも、こんな妊娠をした場合、不幸なことになるばあいもありえることをかんがえてほしい、じぶんでうんでほかすとか、最悪手をかけるとか、おなかにやどるまえに、かんがえてほしい

  • 匿名 より:

    他の方のコメントにもありましたが、きちんと法整備等を整えて欲しいと思いました。養子縁組する子供たちが悠太君のようになれるように。金目当て体目当てで養子縁組する人には厳しい罰を望みます。

  • 匿名 より:

    素晴らしいお話だなと思います

    涙が出てしまった。

  • 匿名 より:

    予期しない妊娠でもこれだけ大切に思ってくれる母ちゃんがいるならいいじゃないか。大事にしてくれる親が増えるという見方も出来るので、むしろ得じゃね?と思ってしまいがち。あとは本人が真実を知ってどう思うか。こればかりは本人次第だけども、温かい家庭に引き取られたならちゃんと向き合えるんじゃないかな。

  • 匿名 より:

    良かったねー。優しい親に巡り会え、幸せに育ちますように^_^皆んなが見守ってます、健康に育ってね、皆んなに愛される人に^_^

  • 匿名 より:

    いい話を読ませていただいた。
    登場した皆様すべてのご健勝をお祈りします。卓子さんすばらしい。

  • 匿名 より:

    悠太君の事を思えば難しいが、いずれにしても香織さんにとっては妊娠は予想していない事だった。
    父親が分からないとなれば、女性の側に負担が大きくのしかかる。

    性産業に従事する女性には、店舗側から定期的に性関係の情報提供や面談を行い、サポートを実施することを営業許可条件に盛り込むなど、すぐには難しいかもしれないが、負担が大きい側が損を被らない環境を整えてほしい。

  • 匿名 より:

    ひとり親を非難するわけではなく、立派に育ててらっしゃる方も多数いるのは承知しているが、子供にとっては家庭環境が一番大切。その子の幸せを願い手放す決意をした生みの親、育てる決意を持って引き取る育ての親、双方並みの覚悟では務まらない。また、それを支援する団体の「事実告知」の制度。賛否はあろうが、手放せざるを得なかった生みの親にとって、生きる支えになる素晴らしいものと私は考えます。

  • 匿名 より:

    76歳の私が思うにこの赤ちゃんは絶対に幸せになります。養親さんも大事に育ててくれるでしょう。決心した香織さんも赤ちゃんの幸せを第一に考えて偉かったです。
    ただ養子縁組と言うのを打ち明けるのはもう少し大きくなってからの方が良いような気がしますがいかがなものでしょうか?
    虐待や貧困で亡くなった子供の話しを聞くと辛くて眠れない日が続きます。そう言う子供さんを救うためにもBabyポケットは素晴らしいですね。

  • 匿名 より:

    どんな形であれ、生まれてくる子供は授かりものだと思う。その命を守るためにお母さんが一生懸命考え抜いた決断なら、可能な限り意思を尊重してほしいと感じました。

  • 匿名 より:

    こういった心暖まるお話もありますが、とても悲しく腹ただしいことに、性的目的のために養子縁組を組む人も居ます。特別養子縁組にしろ普通養子縁組にしろ、今後絶対にそういった事例が無い様、幸せな子供たちを増やせる様、きちんと法整備等を整えて欲しいと切に願います。

  • 匿名 より:

    赤ちゃんを児童相談所に預けると特別養子縁組を希望しても、里親の希望が通り、里子のままで大人になる子もなかにはいます。里子であれば、養育費が出るので。里子は、措置解除になると一人で社会に出ていかなければなりません。永続的な家族を持ち、愛情をかけて育つことができる民間の特別養子縁組を選ばれた事は、子どもの幸せのためにも良かったと思います。

  • 匿名 より:

    先入観が打ち砕かれ、目を見開かされらる思い、というところ、全く同感でした。こどもの明るい未来が感じられたことで香織さんの生き方が変わった、というところに感動しました。私の家族も半ば崩壊しているので、そんな中で自分を大事にしながら生きていくことの大変さは少しはわかるあつもりでいるので、香織さんを心から応援したいと思いました。ベイビーポケットさんのような取り組みを広く知らしめるために自分にできることはないか、考えたいともおもいました。

  • 匿名 より:

    なんとなく、十代の方のお話かと思い、読み始めました。香織さんの大変な状況を読んで理解するうちに、本当に、孤独で、大変だったのだなと、また、そのきつい中でも、生まれてくる子供の幸せを祈って、Baby ぽけっと、という素晴らしい団体を見つけたことは、まるで、奇跡のようだと思いました。また、Babyぽけっとさんの養子縁組では、養子にだされた子供さんに、小さい頃から、自分の出自を教えて、育てる方針だということで、それは、難しいことですが、いいことだと思いました。

    日本では、なかなか、養子縁組が、できないと聞いていましたので、もっともっと、このようないいシステムや団体があることを、たくさんの方々に知って頂くのは、大切なことだと思います。

    香織さん、どうぞ、お元気で、がんばって、生きていってくださいね。
    あなたは、本当に、勇気と責任感のある素晴らしいお母さんです。
    また、Babyポケットの方々のますますのご活躍をお祈りいたしております。

  • 匿名 より:

    どんな命であったとしても、ある命を大切にするという仕組みがあれば、そしてそういう仕組みがあると知られていれば命の無駄遣いは避けられると思います。今、誰かを悪者にして叩いて無駄にされる命が現実にあるけど、少子化を本当に憂えるならば、まずある命を大切にすることがもっとも確実なんじゃないかと思います。 

  • 匿名 より:

    誰にも頼れない、職業も不安定な中で父親の分からない妊娠の発覚…同じ女性として、どれほどショックで不安だったことか、想像するだけで震えます…。
    自暴自棄になってもおかしくない状況なのに、生まれてくる我が子のために自力で養子縁組にたどり着いた香織さんはすごいです。聡明で愛情深い方なんだろうなと思いました…。
    持病をかかえシングルで子育てするより、養子に出した方がお互い幸せになれる、という好例ですね。養子先のご家族もよい方々みたいで、良かったです。香織さんは自分に出来る最善の方法で我が子を守ったと自信を持って欲しいです。
    「いつか会いたいと思ってくれた時のために、元気でいたい」という言葉になんだか泣けてきました。自分を大切にすることが、養子に出したお子さんのためにもなるって前向きに考えられるようになったのですね。この話に出てくる方々全員に幸せになってほしいです。優しい話をありがとうございました。

  • 匿名 より:

    詳しい事は分かりませんが、ひとり親で頼れないまま、子供と暮らしてる人はたくさんいます。ただそれが病気、虐待など色々今の世の中あるので一概には言えないこともあるので養子縁組もひとつの選択肢だと思います。心配な事は、子供に知らせた時、まだ年齢的には子供には選択が出来ない、受け入れることしか、血は水より濃いとか、生みの親より育ての親色々言われてますがその子がどう受け止めるか心が痛いです。願えれば今の時代大人がもう少し考えてもいいのでは性に関してと同時に避妊の知識など含めて今子供は育てることができないのならせめて離されていく子供達のためと自分のために何かできることもあるのでは?母子家庭はまだまだ色々な偏見やリスクもあると思いますが、これからの人生を含め強く歩んでくれることをねがいます。

  • 匿名 より:

    今回の養子縁組は良いご縁だったと思います。自分は一人で、両親、親類もなくこの都会で一人四人の子供を育てました。正直辛いだけの20年言葉には今もできません。生意気ですが何とか子供を育てて欲しかった。その思いも有ります。頼れる機関もあるので少しだけど悲しいなと…….

  • 匿名 より:

    私は不妊治療のすえ、結婚5年目に子供を、授かりました。順調に育ってくれていたのに、予定日の1週間前に赤ちゃんがお腹の中で亡くなっているのがわかりました。臍帯原因でした。でも普通どうり陣痛を、起こし出産しました。こんなに辛いことはいままでもこの先も私の人生にはありません。いつ立ち直れるかもわかりません。今回の記事をよんで、赤ちゃんの命が繋がり、温かい気持ちになりました。

    みんなに妊娠出産が当たり前ではないって伝わってほしい。そして大切にしてくれたら嬉しいです。

  • 匿名 より:

    どのような選択が正しいかなんて誰にもわかりませんが、子供や親が無理をしないで、生活することが一番大事だと思います。どんなに子供を愛していても、無理をすれば、産後鬱、育児放棄、DVにも繋がります。もちろん家族内で解決できれば、一番良いのでしょうが、相談できる相手もなく、1人で悩んでいる方を少しでも減らすことができるのであれば、養子縁組の制度が認知されるべきだと思いました。
    妊娠中で不安の方、子育てで悩んでる方にとってのセーフティーネットになることを切に願います。

  • 匿名 より:

    もっと早く、もっともっと早くこのような制度を知っていたら…
    あの赤ちゃんは今頃、高校生になっていたんだろうか…
    恋に学業に部活に一喜一憂し、切磋琢磨し、色々な涙の味を噛み締めて夢に向かって走っていたのだろうか…

    まだ学生の身で、「産む」なんて選択肢ははなかった…
    その選択肢は決して選んではならないものだと言い聞かせて。

    青暗い手術室を出る頃、看護師に「終わりましたよ。わかりますか。」と呼びかけられ、我に返った。
    『一度だけでも抱きしめたい。どんな形でも、抱きしめたい。』
    そう強く思い、
    「赤ちゃんを見せてください!」
    とまだ朦朧とする意識の中、叫んでいました。
    執刀した医師から
    「形はないです。血のようなってにパックに詰めてるから。」
    と説明を受けましたが、
    「それでも構いません。お願いですから一度だけ、今だけ抱きしめさせて下さい。」と懇願しました。

    今でもあの生温かい感触と、輸血のパックのような姿形は、忘れません。
    忘れてはいけないのです。

    どうか、このような十字架を背負う女性が一人でも少なくなりますように…
    生きて、希望になりますように…

  • 匿名 より:

    最初、若い10代の子の妊娠と思いました。
    このお子さんが幸せならとても気持ちのいいお話しです。
    現在二人の母親ですが子育ては誰しも手探りで完璧とはいきませんが本当に子供を願ってて中々、授からなかったご夫婦はきっと大事に愛情一杯で育てると思います。産みの親の決意は私は賛成です。

  • 匿名 より:

    香織さんがこの投稿を読んで頂けたら幸いです。突然の妊娠、体調不良の中、養子縁組を仲介するNPO法人に出逢えるまで、孤独と不安の中だったと思います。
    生まれてきた子が幸せになるよう、信頼して誰かに託せるのも香織さんの決断でした。香織さんは素晴らしいお母さんです。
    香織さんが今、幸せに暮らしていたら本当に嬉しいです。
    養子縁組がこの社会において、スタンダードな幸せの形としてポジティブな選択となるよう切に願います。
    香織さん、ありがとう。

  • 匿名 より:

    この記事を読ませて頂いて、ベイビィポケットの事初めてしりました。我が家でも娘夫婦に子供が居ません。子供欲しさに病院にもさんざ通っていましたが、40歳頃になって諦めました。やはり我が家でも養子縁組を考えた事もありました。でもベイビィポケットのような仕組みなら安心して、養親も実親も納得した上で事が、進むのでしょうね。とてもいい記事を読ませていただいて心が温まりました。有難うございました。

  • 匿名 より:

    私自身、数年間の不妊治療を経た末に我が子を授かり、もしも妊娠がかなわなければ養子縁組をと真剣に考えていたので、静かにかみしめるように読みました。
    事実を正確に伝えながらも、関わる人の思いや心の温度が感じられる素晴らしい記事だと思います。
    妊娠は当たり前に叶うものではなくて、小さな小さな可能性が結び付いて叶う奇跡で、生まれでてきてくれた命は宝物だと思うので、どうか日本でもこうした養子縁組制度が広く認知されることで、多くの大切な命が守られてほしいと心から願っています。

  • 匿名 より:

    仕事柄養子を迎える方に関わらせていただいたことがあります。
    ご両親共とても真摯に赤ちゃんに向き合いお世話をされてました。赤ちゃんを迎えるに様々な思いや覚悟があったとお話を伺いました。妊娠、出産、育児それぞれの場面で覚悟を決める事は沢山あると思いますが、まずは赤ちゃんの将来を考えて何が大切なのか、独りで抱え込まず相談すること、一歩踏み出す勇気が必要だと思います。

  • 匿名 より:

    特別養子縁組、日本ではまだまだしられていない制度。そしてなかなか正しく理解されない制度ですね。
    以前、児童養護施設から虐待された子(言葉による暴力を含)や親に捨てられた子をふれあい里親としてお預かりしてたことがあります。
    望まれないで生まれたとしたら、こうなる前にNPO法人などで守られた養子縁組が出来てたら良いのではないかと思います。
    子供の育つ環境、教育は本当に大切だと思っています。
    普通の実の親子関係すら難しい中、心温まるお話、有難うございました。

  • 匿名 より:

    素敵な記事でした。子を思う香織さんの力強いあり方が励みになります。

  • 匿名 より:

    辻村深月さんの「朝が来る」を読んで特別養子縁組についても知っていました。血の繋がりが全てではない、と思っています。子供は親を選べません。子供が幸せに安心して生活するためにも、特別養子縁組は必要なものだと思います。このような制度がある事をもっと広く知ってもらいたい。それから、望まない妊娠を減らすためにも、女性だけでなく男性も知識を増やすべきだと思います。

  • 匿名 より:

    とても感銘を受ける記事でした。
    日頃、望まない妊娠で赤ちゃんを遺棄する事件に「どうして…」と思っていました。
    香織さんはとても勇気ある決断をされたと思います。子を思い、一番最良の選択をされたのではないでしょうか。

    望まない妊娠と同じくらい、望んでも妊娠できない方々が居る。
    ぜひ、こういった団体さんの活動をもっと広く世間に知らせて欲しいです。

    そして、妊娠・出産は女性だけのものではないことを、多くの男性に理解して欲しいです。

  • 匿名 より:

    赤ちゃんがお腹にいると知った香織さんは、赤ちゃんの事を思い命の大切さもちゃんと分かっていて赤ちゃんの将来の事まで考えてくれるしっかりとしたお母さんだと思いました。
    赤ちゃんを産み、育てる事の難しさに苦悩し、虐待を繰り返し子供を死に至らしめる現在、この様な支援がある事をもっと広めたら良いのではないかと思いました。
    知らない人は沢山いると思います。

  • 匿名 より:

    養子縁組は隠すべき事ではないに感銘を受けました。
    赤ちゃんの将来を考えて託した実母も、養父母も素晴らしい。
    不妊治療の健康保健適用とも言われてますが、必ずしも成功するわけでは無いのが現実なので、不妊治療費に多額の保証をつけるのではなく、未受診妊婦をなくす為、赤ちゃんを生むための検診費用や、今現実に生存する赤ちゃん達の未来に金をかけるべきだと思います。

  • 匿名 より:

    命を大事にする香織さんは、凄いなと思いました。どんだけのイバラがあったことかと胸が詰まる思いです。よく、選択なさったと思います。先の家族の方もしっかりと向き合われて、生まれてきたお子さんは幸せですね。ゆうたくんも、いい人生を送ってください。いっぱいの人に囲まれてきっと幸せですね。私に何かできることは、皆さんが幸せな人生を送って欲しいです。と、気持ちを馳せずにはいられません。
    コロナ禍の中で、ますますの幸せと健康をお祈りいたします。
    貴重なお話にありがとうございました。今日も一日素晴らしい日でありますように。

  • 匿名 より:

    養子縁組は隠すことではない。
    生みの親と育ての親を取り持つ。
    いつか生みの親と会いたいと思う子との再会への期待が1人の女性の生き方を変える。

    感動しました。
    当事者の子どもが、その後どんなふうに事実を受け入れていくかも気になります。
    こういうNPO法人に政府の支援が必要だと思いました。
    良い記事を有り難うございます。

  • 匿名 より:

    とても良い記事を読ませていただきました。悠太くんも香織さんもより良い道を歩むことができて本当に良かった。香織さんが母として人間として思い遣りのある素晴らしい人だからBabyぽけっとと素敵な養親ご夫妻に出会えたのだと思います。同様の悩みを抱える女性に、この様な支援がきちんと認知され当たり前に活用できる社会になる必要があると感じました。

  • 匿名 より:

    この記事を読ませて頂き、やはり不妊治療に莫大なお金かけるなら 特別養子縁組などに費用掛けるべきだと思いました。自分の子供なら尚愛おしいとは思うでしようが。どんな形であれ子供は宝物になります。感動しました。

  • 匿名 より:

    支援団体にも、生みの親にも、育ての親にもエールを送りたい。
    なによりも、そうして産まれて育っている坊やが、なんとラッキーな人なのだろうか!坊やよ、思い切り生き抜いて欲しい。坊やの生みの親は賢明だ。

    何よりも腹立たしいのは、妊娠させた可能性のある男達だ。自分の行為が例え商売であっても、責任が発生する可能性がある事を、認識していないのだろうか。
    金を払えば何してもいいと思っていないか?堕胎の数も鰻登り。学問だけではなく、生活、家庭、命についての教育がなお一層必要だと痛感する。
    また、女性に知識がなければ自分を守れない事を、家庭任せではなく、どこかのタイミングで女性達にしっかり教える事も大切だ。でなければ、いつまでたっても困った所はNPO任せ。後手後手の対策で地域格差は広がるばかり。根本的な男性の性の意識を変えるには届かない。
    坊やよ、君が大人になった時に、男性の性の意識を変える声を、君なら大声でしっかりと言える。
    坊やよ、責任の取れる大人になれ!

  • 匿名 より:

    私は一人親で10代で子供を産み、二人とも成人を超えて今はまだ学生ですがほとんど手が離れました。周りに助けてくれる人もいなかったので、家族で死んだらどれだけ楽になるだろうかと何度も思いながらもここまで生きてこれました。今の時代、いろいろな親子の形があっていいと思います。いろんな障害を乗り越えて、みんなが幸せに過ごせるような社会になり、いろいろな制度がある事を知って誰もが困った人に手を差し伸べられるような社会になっていく事を願います。

  • 匿名 より:

    私は2人の子持ちで、上は20歳になりましたが、本当にいろんな事がありました。楽しい事も、辛い事も。けれど、子育てを通して人として成長させてもらえた事を何より有り難く思っています。
    子供を育てることが出来ず、どこにも頼る場所の無い方が世の中にはいらっしゃると思います。また、子供が欲しくても産めない方もたくさん…。そういう方たちがこういう団体がある事を知ったら、救われる子供さんが増えるでしょう。
    久しぶりに胸が熱くなりました。

  • 匿名 より:

    子どもは親だけの宝ではなくて社会みんなの宝として、社会みんなで守り育てていく仕組みがもっと整い広がるべきだなと改めて思いました。少子化なのは社会で子どもと母親を大切にできないからなのだとも思います。
    このお母さんは、ご自身の育った環境はとても大変だったと思いますが、ご自身に命が宿っていることを知ってから、父親が分からなくとも、お腹の赤ちゃんを慈しみ深い愛情を持って守ったことがとても伝わってきて素晴らしい人だなと思いました。そのお母さんの想いと愛が、赤ちゃんに優しい養親さんと巡り合わせたのだと思います。
    そして、ご自身も悠太くんのためにも前を向いて新たな生き方を始められたことにも感動しました。「あなたはお母さんに幸せを運んでくれたよ」と言えるように、是非幸せになって頂きたいです。30代人生まだまだ、ご自身を大切に幸せになって欲しい、と応援の気持ちです。社会はなかなか厳しいけれど、どうか強く、幸せになることを諦めないで欲しいです。

    特別養子縁組の心理的な壁ももっと低くなって、みんなで命を守れる日本になって欲しいと思いました。そして、思わぬ妊娠で苦しむ全ての女性に、宿った命もあなたも守る方法があるよ、ということが言える社会、伝わる社会になって欲しいです。

  • 匿名 より:

    仕事柄、予期せぬ妊娠をする方、子を産んでも養育困難な事情があるご家庭に関わることが多く、その子ども達が置かれる諸環境には残念ながら厳しいものがあります。そんな中で、特別養子縁組の選択をした女性に関わったことがあり、このような道が選択肢として存在することで救われる命、人生があるのではないかと思いました。
    特別養子縁組が社会全体にもっと認知され、理解が進んで行くことを切に願います。

  • 匿名 より:

    このような制度を、もっともっとたくさんの女性に知ってほしいです。
    最近は心が痛む事件ばかりで…
    子供を、育てられない… 子供がほしくてもさずからない…
    もっともっと情報を発信してください!!

  • 匿名 より:

    特別養子縁組…とても良い制度だと思います。
    予期せぬ妊娠に戸惑って、どうしていいかわからず産んで殺してしまう事件もあります。赤ちゃんには何の罪もないのにとても悲しい事です。
    この制度が広がれば、こういう事件もなくなるだろうと思います。
    赤ちゃんを安心して産んで、子供がほしくてもできないご夫婦へ託す…幸せになる子がもっともっと増えますように。

  • 匿名 より:

    特別養子縁組について、今回の記事を読んで思ったことは,小学校入学前に本人に告知するとありました。早いうちに知ることの重要性を感じました。私は、養女であることを高校入学前に知ってショックでしたので。高齢になった現在は、両親に感謝してますが。

  • 匿名 より:

    これを読んで、お子さんが社会という大きな枠の中で育てられ、人と人を繋げているイメージを持ちました。産みのお母さんが関わりから排除されず、お子さんや関わる方々と緩くつながっていられる仕組みがとても良いし、それによってお母さんにも前向きな変化が生まれているのが素晴らしいです。皆で子育てするのが当たり前の少数民族もあるそうです。血縁上のお母さんだけが一人で苦しまず、皆が子育てできる仕組みがもっと普及すると良いです。

  • 匿名 より:

    女性に対して、子どもを育てることへの責任が偏っているのだと思います。
    もっと一人一人の意識の中に、“子育て”ということに対して協力する気持ちがあればいいなと思います。社会全体が子育てに対して、暖かい目を向けていれば、子どもが育ちやすい環境になると思います。

  • 匿名 より:

    とてもよい文章だと思いました。ネット記事にはろくなものがないという考えを改めることにします。

  • 匿名 より:

    私は、6年生の4月に養女であることを養母から聞かされました。私の養父母は勿論、周りの親族はとても血のつながらない私にも、他の従兄弟達と同じように接してくれました。
    私の生みの母は、男に捨てられたようでした。今私は亡くなった養父母の元に預けた生みの母に感謝して生きています。そういう私はもう64歳にもなりました。生みの母は生きているだろうか。母を捨てて逃げた父親は私が産まれたことも知らずに生きてきたのだろうか。その二人のあれからの人生が幸せだと良いな!と思える私を育ててくれたのは。紛れもない養父母です。今回の赤ちゃんも養父母のご家族皆さんに守られ、あ母さんの決断を、きっと皆に感謝できる優しい👦になってくれることでしょう。お母さん頑張って胸を張って生きてください。もし、会えた時に。👦ががっかりしないような素敵な人生を送って下さいね。皆様の人生に幸あれ

  • 匿名 より:

    誠実な、感情に走らない良い記事でした。国内の、人々を苦しめる既成概念を、これからもどんどん打ち崩して行って下さい。このような女性への応援が必須ですね。ありがとうございました😊

  • 匿名 より:

    特別養子縁組制度普及告知いいね😊

  • 匿名 より:

    外国では一般的な特別養子縁組が、日本では少ない現状てすが、実親と養父母それぞれの体験談に触れることで、日本でも周知され身近に感じられるようになると思います。
    産まれたばかりの嬰児を遺棄したニュースを聞くたびに、望まない妊娠をした母親と、不妊に悩む夫婦の両方を幸せにすることに繋がるであろうこの制度が広く普及されることを願います。

  • 匿名 より:

    わたしの友人にも特別養子縁組で双子の男の子を迎え入れたご夫婦がいます。不思議と血の繋がりがなくても親子って似てくるものなんですね。
    「朝が来る」も見ました。特別養子縁組についても知っているようで知らないことがたくさんあるんだなあと思いました。
    養親さんとの繋がりのお陰で、それまで「ごめんね」という気持ちしかなかった香織さんに「あの子に会うときに元気でいたい」と心の変化を与えることができた。
    新聞記事と、このインタビューを読んで実親さんと養親さんの子供への愛情を感じました。ありがとうございました。

  • 匿名 より:

    孤独自体が問題なのだと思います。血の繋がりや家制度からの義務感や社会への遠慮、自分への過信などは多かれ少なかれ誰でも頭をかすめるものだから。里子に出すと二度と会ってはいけないって誰が決めたんでしょう、昔の日本は子どもを他人に育てて貰ったり帰って来たりはありました。必要以上に女性に負わせるものが多いと誰にも言えないで親子が孤立して辛い目に遭うから、柔軟に受け入れる場所が有って然るべきだと思います。今は親戚付き合いもアカの他人のようだし里子に出すなんて考えられません。少子化で子どもに期待する分が増えたり、ひとりで産む女性にサポートが少なかったり、標準的家族観から外れて孤立する人を想定していません。憲法にある個人の尊重の意味が重みを増していると思います。責められるばかりで生きているのが嫌になりそうな人間関係を避けて孤独に行き着いているだろうし、風俗などは孤独な人間の吹き溜りなんでしょう。しかし女性は命の危険を持って働いているのにケアが足りないし、妊娠した子どもまで孤立させる事はないです。里子支援が公共の仕組みに有って良いと思います。

  • 匿名 より:

    悠太くんがこの世に産まれたおかげで、養子縁組の両親とその又両親とその又親を幸せにする!
    悠太くんは養子縁組という人生を送る事で、一人の父親と二人の母親を持つことが出来た!
    悠太くんは養子縁組になったおかげで、二人の母親、父親、その人達の両親とその又親の愛情を受けて育つ事が出来る!
    小学校に上がる前に事実を伝えるシステムのおかげで、悠太くんの心の負担はめっちゃくちゃ少ないと思う!
    この記事を読んで、昔の日本やインディアン達が「一人の子供を村で育てる」というのを思い出します。子供は地域の宝物、日本の宝物、地球の宝物…皆んなで育てるんだったと思い出させて頂きました。

  • 匿名 より:

    とても温かい話でした…少子化の今、ひとつの命がつながって嬉しいです!!
    実は私自身、夫が10歳年上で4人目の子が成人するまで自信がないと言い、仕方なく堕胎しました…今でも元気にしていますけれど…もし成長していれば36歳になります。夫以外誰もしりません…最良の判断だったのか?時々自問自答します。今なら育てられたのに…って言えますが…産んで他人に託すという選択はなかったのです。
    色々な事情で望まれない赤ちゃん達が一人でも多く幸せになることを願います…

  • 匿名 より:

    性教育の大切さ、女性の貧困、頼れる大人のいない若者、子供は社会全体で育てるものという考え方、公助(国の政策)のあり方…。様々な事に思いを馳せる記事でした。この記事の中に存在する様々な問題が解決されるには何か必要なんだろうと考えさせられます。

  • 匿名 より:

    この記事の香織さんが、Babyポケットに決められるまで、とても真剣に考えられた様子が、とても感動的でした。
    普通に結婚して妊娠しても、女性は自分の体の変化に、喜びと同時に不安も持つ中、
    一人でよく頑張られたと思います。これだけで、充分この坊やの生みの母親の役割を全うされたと思います。この坊やが大勢のご家族の中で幸せに育ってられるように、是非香織さんにも、同じく香織さんなりの幸せな人生を歩んで欲しいと、願わずにはいられません。

  • 匿名 より:

    赤ちゃんの遺棄や虐待のニュースを聞く度にやりきれない思いになってました。
    こういう団体の存在をもっと広く若い人達に知って欲しいです。

  • 匿名 より:

    避妊の知識を教育すべきです。特に男性に。女性が犯罪者にならないためにも!

  • 匿名 より:

    素晴らしい記事です。とても感動しました。尊い命のために頑張るすべての人に幸あれ! 同時に自分にできることはないか考えさせられます。

  • 匿名 より:

    虐待、殺害…悲惨な結果になる前に、里親に出すという選択肢がもっと世間に広まればいいなと思いました。
    不妊治療の中、一時期、里親も考えましたが、「赤ちゃんの人種・障害の有無が分からない (選べない)」という点で、二の足を踏んでしまいました…。
    もちろん、倫理的に赤ちゃんを選別するするような事はしてはいけないのでしょうが…。

  • 匿名 より:

    養子縁組を助けるベビーポケットとKさんのお話、悲しくて涙が出ました。次に大きな不幸の中からも命を大事に育てようとする祈りのような光を感じました。生まれて直ぐに殺害する孤独な女性もいる中で良い方向に思いを変えてくれました。きっと神様がそこにいたのだと感じます。不幸な生い立ちの女性は更に不幸な人生を辿り、孤独な出産をしがちです。一人でも子供を救い暖かい家庭の中で育てて貰える努力が続けられることを願います。Kさんは母親として自分を立て直そうとされている事に救いを感じます。きっと良い時間が来ると思えます。

  • 匿名 より:

    「不妊治療に莫大なお金かけるなら 特別養子縁組などに費用掛けるべき」
    同感です。

  • 匿名 より:

    こんな、嬉しい記事を読めて良かったです。
    近年産み落として殺害するという痛ましいニュースを聞く度に、私が育ててあげたかったという思いに駆られていました。
    どんな人に育つか解りませんが、育つ環境は大きいと思います。
    香織さんが愛情を持って、子供を手放したことを褒めてあげたい。

  • 匿名 より:

    特別養子縁組の制度をもっと多くの方に伝え、命の尊さに勝るものはないのだと気づいて欲しい。
    色々な選択をしながら過ごす人生の中で、いわゆる一般的な基準から少しでも離れた選択をすると非難や偏見の恰好の的となってしまう。制度への理解が高まれば、命を託す選択をした何より勇気ある決断を批判されることなどあってはならない。
    ひとり親でも両親でも、子どもを育てていくことは容易いことではありません。どんなに愛情を持っていても、もどかしい思いを抱える日もあります。核家族化が定着している日本では、社会全体で子どもを見守ることが必要不可欠だと日々感じています。
    子育てに悩み苦しむパパやママに・これから父母になる人に・・・身近に苦しんでいる人が見えている方々に、届いて欲しい記事です。

  • 匿名 より:

    不妊治療に莫大なお金かけるなら 特別養子縁組などに費用掛けるべき

  • 匿名 より:

    じっくりと読みました。
    子が、自分が養子であることを知った時のショックは計り知れないと思います。
    その気持ちをどの様にケアしてあげたら良いのかも含め、養父母は日々の育児に悩むかと思いますが、一人でも多くの子が、こうした制度で救われることを心から祈っています。

  • 匿名 より:

    日本も変わってきていますね。アメリカでは赤ちゃんは争奪戦状態みたいですよ。ただ人種差別もある国なので白人の赤ちゃんなら、、、かもしれませんが。

  • 匿名 より:

    良い記事だと思いました。蔓延る不正、悲惨な事件を伝えるニュースが続き、知らなければならないと思いながらも、気が滅入る毎日ですが、このような形で、人間らしい温かい心情を失わずに生きている人達がいるのですね。

  • 匿名 より:

    私は、乳児院で長年勤務しておりました。
    様々な事情で入所してきた子たちのお世話をするいわばお母さん役…
    子どもとの愛着関係が大切なので職員は担当制という形です。私の担当していた子も特別養子縁組で里親さんに託されていきました。乳児院にも成長していく姿を見せに来てくれてとても嬉しく思いました。
    里親の会でも子どもが小さい頃から育ての親だという事を伝えていくという方針で、年齢的に理解できないとは思いますが、里親さんが愛情を持って育ててくれている姿勢は子どもにとって大きな自信に繋がります。
    もっと多くの方々に里親制度のことを知ってもらえたら…
    悲しい事件とか無くなることを祈っています。

  • 匿名 より:

    お母さん、里親に出すと決めて出産されても、産まれてきた小さな手足に一瞬でも、心が揺れた事でしょう。その我が子を手放す勇気、里子を迎える勇気。そのどちらも素晴らしい決断をされたと感じました。そして何より、里親様、実母様どちらもがお子様を大切に思い、幸せを願っておられる事、そのお子様がスクスク育っておられる事が嬉しく思いました。

  • 匿名 より:

    子は鎹と申します。この地球上の宝ですが時としてその命は邪魔者扱いされる時があります
    その大事な命必要な所で生きて行ってもいいのではないでしょうか

  • 匿名 より:

    何が大切か。
    それは何よりも、どんな事よりも、
    命である。

  • 匿名 より:

    この記事を読む事で、本当に沢山の人が救われると思います。
    もっと養子縁組について見解が広がります様に。 

  • 匿名 より:

    産みたくても産めない、親になりたい夫婦に託すのは良いことだと思います。お互い幸福になれるからです。特別養子縁組の制度を知って欲しいと思います。

  • 匿名 より:

    産んだ子供を誰かに託すことは辛いだろうと思ったが‥その子供を託された養親の元で大切に育てられると良かったです。
    毎日のように子供の虐待のニュースを見ると辛いです。
    1人で悩まないで、身近に相談できる場所があって欲しい。
    この子供と産みの親、養親に優しい世の中になると願っています。

  • 匿名 より:

    以前は子どもを産んだのに育てられない親はありえない!と思っている立場でした。
    しかし自分も出産を経験し、思い通りにいかない毎日の中、以前の自分の考えが打ち砕かれました。

    こちらのインタビューを見て、この女性は自分の出来る限り、よくこどもの人生を考えてあげたと思います。
    頼る人のいない妊娠、出産はさぞつらかったでしょう…

    里親の方も立派です。
    きっとこどもが産みの親、育ての親、まわりの人の人生を豊かにしてくれるため産まれて来てくれたのでしょう…

    育てたくても育てられない人がいる。
    産みたくても産めない人がいる。
    ふたつを結ぶ里親制度が、もう少し普通になれば…
    特別な制度でなく、特別な目で見られない世の中になる事を願います。

  • 匿名 より:

    子どもを育てたい人はたくさんいる。けど相談できず?産んですぐ殺す人もいる。マッチングしやすい制度づくりがあればいいなぁと感じます

  • 匿名 より:

    私達夫婦も、8年の不妊治療を経て、別の民間斡旋で特別養子縁組のご縁で息子を授かりました。
    日々の息子の成長が頼もしく、これまで知らなかったことが経験でき、勉強でき、毎日がとても充実しています。

    私も、息子が産んでくれたお母さんに会いたくなった時、会っておいでと言うつもりでいました。私が息子の立場だったら、会いたくなるんじゃないかなぁと思うからです。しかし、私達夫婦と産みのお母さんとを繋ぐ民間斡旋団体がコロナ禍で廃業となりました。もしも息子が産みのお母さんに会いたくなった時、弁護士に頼んで戸籍を辿ってもらうしか方法がなくなりました。

    今回、産みのお母さんの気持ちを取材して頂き、色んな背景や気持ちがある中で、我が子の為の最善策としての決断なのだと再確認出来ました。
    バトンを受けた者として、しっかりと親となれるよう責任を持って子育てさせて頂きたいと、改めて思いました。
    ありがとうございました。

あなたへのおすすめ

PageTopへ