「鬼滅の刃」6歳の子に見せていい? チェックした自分が炭治郎を大好きに… 〈古泉智浩さんの子育て日記〉18

(2020年11月13日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

写真

タイヤによじ登って遊ぶ、うーちゃん(左)とぽんこちゃん

惨殺…怖がりの長男には無理だ

 保育園で「鬼滅の刃」がブームです。ちょっと前にはやった時に、6歳の養子のうーちゃんが見たいと言い出したので、子どもが見てもよいものかチェックしてみました。すると冒頭でいきなり家族が鬼に惨殺される場面があり、「怖がりのうーちゃんには絶対に無理だ」と判断して見せていませんでした。

 ピクサーのアニメでも、少し暗い場面や悪者が出てくる場面で怖がって顔を伏せるほど臆病者のうーちゃんです。「鬼滅の刃」はとにかく鬼が怖いので、夜眠れなくなったり、おねしょをしたりしたら本人もつらいと思うのです。

 しかし、今回のブームは前回よりさらに強烈で、保育園のハロウィーンでは「鬼滅の刃」の衣装を作ってコスプレをしたそうです。

 「ぜんしゅうちゅう、みずのかた、みなもぎり!」

 見たこともないのに主人公の技の掛け声を叫んで遊んでいる姿は、けなげでかわいそうになります。掛け声に合わせておもちゃの刀を振り、2歳の里子のぽんこちゃんの手に当てて泣かせています。

けなげな炭治郎の戦いに、涙が…

 どうやら保育園のお友達は、特に年上のきょうだいのいる子は見ているようです。果たして、見せても大丈夫なのでしょうか。確かめるために、改めて前回の続きを見てみました。すると、主人公の炭治郎(たんじろう)がすごく頑張り屋で、鬼になってしまった妹の禰豆子(ねずこ)を必死で守ります。倒した鬼にまで同情して涙するほどの温かい人柄に感動して、大好きになってしまいました。

 とりわけ、大けがを負って痛みに耐えながら敵と戦う時に「俺は長男だから耐えることができる」と自分を鼓舞する場面はあまりにけなげで涙が出ます。あっという間に1人で全26話を見終え、こっそり映画も見てきました。

 「ぜんしゅうちゅう、みずのかた、みなもぎり!」

 うーちゃん違うぞ。「全集中、水の呼吸、壱ノ型、水面斬り」だぞ。アニメを見たことのないうーちゃんがデタラメな掛け声で遊んでいる様子を横で見ながら、間違いを指摘したくてうずうずします。

 うーちゃんに見せたら、炭治郎のように努力する尊さや、妹を大切にかわいがることを学んでくれるでしょうか。炭治郎のように温かい人柄になってくれたらどんなに素晴らしいでしょう。テーマも素晴らしいし、難しい漢字に興味を持ってくれたらいいなとも思います。ただ、本当に怖くて心が傷つかないかが心配です。(漫画家)

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    54歳の男性です。成人した娘2人がハマってます。確かに残酷なシーンもありますが、よく考えたら日本の昔話にも、鬼退治の怖い場面が有ります。足柄山の金太郎=坂田金時が、丹後の鬼を退治した時も、ボス鬼の片腕を切り落としますが、その腕を奉って祝宴中にボス鬼が怒って再登場。腕を取り戻すと、皆の眼前でガシッと着け直し、悠々と引き揚げるんです。鬼の身体は、首を落とさない限り再生する点は、鬼滅も同じです。僕らが子供の時に熱中した、昭和ウルトラマンシリーズも、ヒーローが凶悪怪獣の手足や首を、光の刃で切り落とす生々しい描写がありました。しかし、それ以上に友情や団結、希望で地球と正義を守りぬく感動がありました。是非、見せてあげては如何でしょうか?  八尾市.遠藤

  • 匿名 より:

    私は40代ですが、職場で宿直の日にたまたま利用者さんが観ていたのを観ることになって2話だけ観ました。
    その日は怖い場面だったのか、ものすごく怖くて、夜のトイレに困り、怖くて寝難くなって困りました。
    子供の頃から怖がりで、怖いアニメを観たりすると、頭の中で怖いシーンが何度もリフレインしてしまいます。
    感動的なストーリーやコミカルな部分があっても、怖いシーンの恐怖感が薄められる事はありませんし、怖いという感情だけは後々まで残ります。
    私は3人子供がいますが、とても怖がりの子もいれば、暗いところも平気であまり怖がらない子もいます。
    子供のタイプによっては、怖いシーンをサラッと流して影響を受けない子もいるでしょう、でも繊細な子は強烈な印象でが心に焼き付いてしまう子もいると思います。
    特に幼児期は、見たものをどんどん吸収して心の中に入れていく時でしょうから注意が必要だと思います。

  • 匿名 より:

    全集中、水の呼吸、壱ノ型、水面斬りを、ぜんしゅうちゅう、みずのかた、みなもぎりは、
    かわいい。子どもだから、教えたら全部覚えそう!

  • 匿名 より:

    6歳の息子は、炭治郎が善逸に自分のおにぎりを渡し、善逸がそれを半分こして分け合う場面で、二人とも優しいね、と話していました。映画でも悔しそうに泣いていました。親が心配になる血の場面よりも、心に響く内容が多々あるので、子供も憧れるのでしょう。おなかの赤ちゃんには、きょうじゅろうと名付けて毎日話しかけてくれます。お嬢様も人の優しさを学べると思います

  • 匿名 より:

    確かに大人が観ても鬼滅の刃はおもしろいですが、6歳の孫にはみせていません。首が飛んでいったり赤い血が飛び散ったりする光景は小学校低学年には残酷だと思います。30過ぎの娘もこれはホラーだ言って見ません。孫も映画は見たことありませんが、鬼滅の刃のファンで毎日は離さず禰󠄀豆子のぬいぐるみやクッションを持って遊んでいます。それでよいと思います。

  • 匿名 より:

    うちの娘は7歳ですが、鬼滅ブームが始まったころにアニメを観たら冒頭5分で泣き出しました。その後、カワイイキャラクターに惹かれて学校でも流行ってるせいかどんどん興味が出てきたので、再度アニメの怖くないシーンから見せていきました。
    映画も見に連れていったら号泣していました。感動するという心の成長がみられて母としては嬉しかったです。
    ただ、残酷なシーンはあるので最終的には親の判断になると思います。

  • 匿名 より:

    見たいと言っているなら見せるべきだと思います。

  • 匿名 より:

    わたしは昔スターウォーズのチューバッカが怖かったです。
    ゴジラが自分の家の外に現れ中を覗き込み目が合う夢を見たこともあります。
    年齢が低すぎるとどんな人物か物語の中の人格を含めた関係性より視覚的情報、音、全体の雰囲気で圧倒される年頃があるのではないでしょうか。
    クレイマークレイマーで何故離婚するのかは理解できずただただショックを受け、煙突を掃除するメリーポピンズの曲の内容はわからず、音色が悲しく聞こえて苦手だった幼少時代。
    わたしが思うに小学校4年くらいからならストーリー上必要な血、惨劇シーンが理解できてくるのではないでしょうか。悲しい過去と主人公の葛藤、勇気、人と人の愛情。鬼は非道ではあるがその中にまだ残っている、手に入らなかった愛。それを主人公は汲み取り鬼狩りはするが最後はその死を悼む。何れにせよ両親が何を見せるか悩むという事は子供への愛でとてもすてきですね。

  • 匿名 より:

    私の子供の頃は、仮面ライダーのショッカー(悪者)が、投げ飛ばされるだけで、心配している子供が沢山いました。小さい頃に、怖い話や、暴力や性的なもの含む話を見せるのは、私は反対です。(児童指導員資格有)

  • 匿名 より:

    娘は11歳ですが、怖がりなくせにでも「鬼滅の刃」が見たいと言うので一緒に見て怖い部分は私だけ見ています。コミカルな部分も多いのでそこだけ見て楽しんでいます。ユーチューブで部分だけ見ると言う手もあります。

  • 匿名 より:

    私は未婚子なし、30代女性です。
    ホラー映画などが苦手です。

    「鬼滅の刃」はアニメ放送開始時に見ましたが、第1話から血の表現があり、怖いと思い、見るのをやめてしまいました。
    ですので、まさかこんなに大きな人気になるとは思いませんでした。

    小学生の中高学年になるまでは、そのようなシーンをみせるのは避けた方がいいと思います。

    「金田一少年の事件簿」のコミックも、小学生の中学年の時に見ましたが、やはり怖かったです……。

  • 匿名 より:

    我が家は4歳女子、兄弟なしです。
    「鬼滅の刃」は冒頭を見て「こわい」と言ったので以降はやめています。偶然つけた朝ドラの戦争のシーンで硬直して画面から目を離せなくなり、その後偶然かもですが甘えることが増えたことからも、テーマや内容や好奇心より、今は視覚での衝撃がない方が良いかと思っての判断です。子供は相当集中して没頭して見ているので。テレビを急につけるなども気をつけないとと思っています。

あなたへのおすすめ

PageTopへ