不登校「親の会」とは 同じ経験があるからこそ語り合える、大切な居場所

長田真由美 (2021年1月22日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

不登校の先に

 不登校の子どもを持つ保護者たちが語り合う「親の会」。同じ経験をしてきたからこそ、心を開き、言葉にできることがある。保護者にとっては、互いに共感し、情報の交換もできる「居場所」の一つだ。 
写真

ループの会合。最近はゲームにのめり込む様子を見て悩む親が多い=愛知県一宮市で

「誰かに聞いてほしかった」

 「昼夜逆転の生活に困っている」「ゲームばかりしていて大丈夫か」…。集まった保護者らが一人ずつ自己紹介をした後、悩みや苦しさを語り合う。愛知県一宮市で月に1、2回開かれている「不登校親の会 ループ」の交流会だ。

 2年半ほど前から参加する40代女性は「親としてどうしていいか分からず、誰かに聞いてほしかった」と話す。高校1年の息子(16)が中学1年の3学期から不登校に。「勉強もできるし友達もいる。突然で途方に暮れた」と振り返る。

 約半年が過ぎたころ、存在は知っていた「親の会」についてインターネットで検索し、地元のループを見つけた。ただ、大人数で話すのは苦手。半年ほど通ったが、中学のスクールカウンセラーに「今は子どもにエネルギーがない状態。自分を責めなくていい」と言われて楽になったこともあり、足が遠のいた。

話して、心が少し軽くなった

 久しぶりに参加したのは昨年の秋だ。新型コロナウイルスがきっかけだった。息子は「スポーツ系のサークルがある高校なら行けそう」と進学し、張り切っていた。だが、夏まで続いた休校で気力が薄れ、学校再開後は1日登校しただけ。

 交流会に出なくなった後も、ループのスタッフからは定期的に「元気ですか」「息子さんはどうですか」とメールが届いた。「気に掛けてくれる人がいる」と感じるだけで心強かった。再び足を運び、他の保護者と話すと心が少し軽くなった。女性は「息子にもそういう人が一人でもいて、居場所があれば」と願う。

 ループは約20年前に発足。代表の山田国昭さん(60)によると、当時、親の会はほとんどなかった。小学生の娘2人が不登校だった山田さんは「困っている親が他にもいるのでは」と、同じように不登校の子を持つ親2人と設立した。現在は約70人が参加。過去に子どもが不登校だったスタッフ9人で運営している。

「コロナを機に」増える相談

 「学校にスクールカウンセラーが置かれるなど、相談できる場所は増えた」と山田さん。ただ、同じ親同士だからこそ、相手の悩みが分かり、言葉も響く。参加者からは「『見守ることが大事。家の居心地を良くしてあげて』とアドバイスされた」「将来が不安だったが『いろんな進路があるから心配しないで』と言われた」など今後に生かそうとする声が寄せられる。

 昔も今も顔を合わせて話すことを大事にする。コロナ下、オンラインで一度開催したが、今は参加者を8人以下に絞って開く。家や家族の元を離れ、ここに来て話すと、少しだけ気持ちが明るくなって帰る人は、女性を含め少なくない。

 山田さんによると、コロナを機に不登校になったという相談も増えている。「一人で悩まないでほしい」と呼び掛ける。

「親の会」全国に100団体超

 「不登校・学びネットワーク東海」(名古屋市)によると、愛知、岐阜、三重3県の「親の会」は計33。NPO法人「登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク」(東京)には約100団体が加盟する。それぞれのホームページで各団体の情報が見られるが、活動する団体はもっと多い。

 2017年施行の教育機会確保法で、学校に復帰することが前提とされなくなった。それに伴い、ネットワーク事務局に寄せられる声も「学校との関係が楽になった」「親の会の存在を学校の先生が教えてくれた」などの内容が増えている。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ