「なぜ中学受験するのか?」に「正解」はありますか? おおたとしまささんに聞いてみた

樋口薫 (2021年12月18日付 東京新聞夕刊)

写真 おおたとしまささん

 今の大手中学受験塾のカリキュラムは小学3年の2月に始まるという。小3の長女の周囲でも受験の話題を耳にする機会が増えた。そんな折、記者の頭にあった疑問をタイトルに冠する本が刊行された。『なぜ中学受験するのか?』(光文社新書)。数々の教育現場を取材してきたおおたとしまささん(48)が「中学受験を全面的に礼賛するでも、はなから否定するでもない立場」から、現状を俯瞰(ふかん)した一冊だ。早速「答え」を知りたくて話を聞いた。

やり方次第で良薬にも、毒にもなる

 「最近、メディアからの取材で『中学受験のメリット、デメリットは何か』と雑な質問をされることが増えたんです」。いきなりそう言われ、ひやりとする。「その質問自体に、中学受験への思い込みが含まれている。例えば『結婚のメリット、デメリットは?』と聞かれても、固定された答えがないのと同じです」

 確かに、本書の冒頭にはこう記されている。「中学受験の何をメリットと感じるか、何をデメリットと感じるかにそのひとの教育観、幸福感、人生観などの価値観が表れる」。結婚と同じく、中学受験の結果が人生の成功と直結するわけではない。「やり方次第で良薬にも毒にもなる」のが中学受験というわけだ。

 記者は地方の公立の中高出身で、中学受験になじみがない。「良い大学に進むための苦行」という先入観もあった。しかし本書は著者の豊富な知見に基づき、そうした「思い込み」を解きほぐしていく。

思春期を謳歌するためのゆとり教育

 例えば、14~15歳の多感な子どもを高校受験で追い回す日本のような国は「世界を見ても数少ない」とデータを示し、「中高一貫教育は豊かな思春期を謳歌(おうか)するためのゆとり教育」と説く。あるいは数々の名門校を取材した体験から、私学の教育環境には生徒の非認知能力を醸成する効果があると指摘する。一方、一部の塾や保護者が偏差値重視のあまり、子どもの受忍限度を超えてまで勉強を強制する「教育虐待」が起き得ることにも言及する。

 そう、本書で提示されるのは画一的な「正解」ではない。各家庭や子どもごとに異なる中学受験との向き合い方の判断材料なのだ。「教育というのは文化に根ざすもの」とおおたさんは強調する。「中学受験という文化のない地域で受験する必要はないし、逆にその文化を理解しないまま進めると、チキンレースのような競争になってしまう。本書を執筆したのは、過熱気味の現状に冷や水を浴びせるためでもある」

コロナ禍で受験者数が増えた理由は

 コロナ禍に伴う状況の変化も興味深い。中学受験者数は景気と連動しており、業界的にはコロナ不況の昨年度、受験者数は減ると予想されていた。しかし結果は逆で、ここ数年の増加傾向が継続した。公立校と私立校のオンライン対応に差が出たことが一因とされるが、おおたさんはさらに一歩踏み込んで分析する。

 「単にオンライン対応だけでなく、公立校の非常時における柔軟性のなさが明らかになった。正解のない状況に対応できない組織が、これからの正解のない時代を生きていく子どもをどう育てるのか、と考えた保護者が多かったのだろう」

「必勝法」はないが「必笑法」が…

 おおたさんの持論は「中学受験に『必勝法』はないが『必笑法』はある」。子どもだけでなく親にとっても精神的な負担が大きい中学受験を、数々の試練を乗り越えていく「親子の大冒険」と表現する。「どうやって勝ち組になるか、という受験のテクニックを書いた本はたくさんあるが、自分は中学受験を子育て全体の中のイベントの一つと位置付けている」

 30代前半で「子供と過ごす時間を増やしたい」と会社を辞め、中学受験だけでなく教育虐待のルポや世界の教育法、男の育児など幅広いテーマで70冊以上を刊行してきた。「切り口は違っても見つけようとしているものは同じ」と振り返る。「自分の中には常に問いがある。いい教育とは何か、いい学校とは何か。それはすなわち、いい人生とは何かという問いに集約される。まだ答えは分かっていないが、同じ問いを抱えながら書き続けたい」

 記者の中でも、中学受験を巡る「答え」は出ていない。それを導くための貴重な「問い」を授かる取材となった。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2021年12月18日

13

なるほど!

9

グッときた

6

もやもや...

20

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • 神崎 says:

    子ども2人私立に行かせました
    3人目も受験すると言い出したので塾に通わせています
    これをすれば勝ち、とか、絶対正解、とか、ありません
    大事なのは夫婦で、また親子で、何が幸せなのかを考え、話し合う機会です
    何もなく、いきなり話すのは難しいので
    そのためにも受験はとてもいい材料です
    うちは学ぶことの本質を知り、楽しめる子になって欲しくて、受験させました
    中2くらいまでは反抗期もあって受験は嫌だったなども言っていました
    が、最近3人目が勉強大変そうなのを見ながら、高校になった1人目がやっぱりしてよかったと思ってるからがんばれと励ましていて
    社会に関心を持ち色んなことに興味を持って親と話してくれたりもするので
    やらせて良かったと思っています
    どこに受かったとかの結果ではなく、親子で学ぶことを楽しむ、真剣に取り組む、チームとしての家族を意識するなど、うちは良かった事ばかりです
    お金も労力もかかりますが、これにかけずしてどーすると思いながら、夫婦でがんばりました
    考え方は人それぞれですが、おおた先生の考え方にはたくさん励まされましたね

    神崎 女性 40代
  • 名無し says:

    塾は商売だから、やめられては困るからどんな私立中学校でも、公立中学校よりいいと洗脳するが、それで後悔している人はたくさんいる。典型的なのは日大などの附属、高い金払って行かせてるのに内容は大したことない。

    名無し 男性 50代
  • かーくん says:

    子供が中学受験をしました。
    普通に国語は小学生の間に読んで欲しい本の良い所を抜粋し問題にしているし、理科なども四季が何故あるのかを教えているし、短大卒の私もテキストを楽しんでいた。
    通る通らないより、勉強をする癖と何故が分かる楽しさが中学受験の良い所だと思う。
    因みに第一志望には通らなかったが、公立の中高一貫校に通いながら鉄緑会に通っていたら京大に行った。

    かーくん 男性 40代
  • かなみづきママ says:

    うちには二人の娘がいます。
    4年生の姉は、小学校のごちゃごちゃした生活とうるささにに疲れ果ててしまうため、不登校気味です。そのため、人数の少ない私立中学校に行きたいと、本人が決めてこの冬から塾に行くことになりました。勉強はごく普通のレベルですが、近くの環境が整った私立中学校を目指す予定です。
    一年生の妹は、医学部を目指したいということで、たくさん勉強をしたいと本人から申し出てきたため、姉と一緒に塾へ行くことになりました。 
    今回の記事を読んで、子供にとって何がいいか考えた時に、本当に画一的な答えは出ないと共感しました。兄弟姉妹でも、その子によって、興味や考え方が大きく違いますし、それによって目的も変わります。人生、何が成功がはわかりませんが、まずは様々な経験が大切で、その中から幸せの価値は人それぞれ見つかるのでは無いでしょうか。
    私は、保育士をしていましたが、今は、自分の子どもの子育てを謳歌しております。たくさんの子どもたちにかかわってきているからこそ、ゆとりをもって楽しめる反面、心配し過ぎて、我が子に悩むこともありますが、それも楽しんでいこうと日々奮闘しています。
    中学受験の良し悪しよりも、まずは、子どもたちの健全な姿をしっかりとイメージしていきながら、いきたいと思います。
    素敵な記事をありがとうございました。

    かなみづきママ 女性 40代
  • 匿名 says:

    娘は中学受験を目指して通塾を始めたところです。初めは塾のペースについていけずに泣いていることもありましたが、2ヶ月もすると塾での学習がとても刺激的なようで、学びに対して前向きになり、成長したのが目に見えてわかりました。今は娘を見守ることしかできていませんが、一緒に歩めたらいいなと思っています。
    おおたさんのお話はとても参考になります。早速本を購入しました。

     女性 40代
  • 匿名 says:

    勝ち組かぁ。勝ち組ってなんだろう?
    私は高卒だけど年収は上位3%に入ってるから勝ち組?
    でも何となく勝ち負けを意識した時点で負けてる気がしちゃいます。

     女性 40代

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ