桃太郎は嫁取り話!? 桃から生まれない地方も 各地の115話を分析した中学生が文部科学大臣賞 5月に書籍化

山本哲正 (2022年4月6日付 東京新聞夕刊)
写真

各地に伝わる桃太郎を比較分析し、調べ学習の全国コンクールで2度目の最高賞に輝いた倉持よつばさん=袖ケ浦市で(山本哲正撮影)

 昔話「桃太郎」は嫁取り話なのか?―そんな疑問から全国各地に伝わる桃太郎のストーリーの違いを調べた千葉県袖ケ浦市立昭和中学校3年の倉持よつばさん(14)が、2021年度の「図書館を使った調べる学習コンクール」(図書館振興財団主催)中学生の部で、最高の文部科学大臣賞に輝いた。倉持さんは「コロナ禍で図書館にも通えない時期があったが、2年間調べた集大成。完成できてうれしい」と笑顔を見せる。

【関連記事 倉持よつばさんは小学6年生の時に…】「桃太郎は盗人。鬼は悪くない」 200冊読み比べた小6が本を出版 椎名誠さんも絶賛


実はバリエーション豊富 怠け者もいた

 全国各地で伝わる桃太郎の話にはバリエーションがあり、生まれ方一つ取っても、巾着やたんすに入った桃から生まれた桃太郎もいれば、桃を食べて若返ったおじいさんとおばあさんの子という設定もある。

日本地図で図解 桃太郎がどこから生まれるか

 普通の桃太郎は鬼ケ島で鬼を退治し、宝物を持ち帰る。しかし、中には、宝ではなく、お姫様を連れ帰る桃太郎もいることに倉持さんは興味を持った。袖ケ浦市の中央図書館の司書に依頼し、国立国会図書館や他県の図書館に所蔵される桃太郎の本を取り寄せるなどして115話を調べてみると、妻を求めて結婚するケースが3話あった。

 倉持さんは「昔話は口伝えで伝わったため、地域によっていろいろな話になった」「子どもに聞かせる話になってからその部分(求婚)は削除され、鬼から財宝を取り返す結末になった」などと推論。A4判50ページにまとめた「嫁取り噺(ばなし)『桃太郎』~全国の伝承昔話『桃太郎』を読み比べる~」を完成させた。出版社も倉持さんの研究に注目し、5月上旬にも本の形で新日本出版社から刊行されるという。

 他にも興味深かったのは、東北地方では力持ち、中国四国地方では怠け者で寝てばかりの桃太郎がいたこと。「その地域にもともとあった英雄型の話などと、桃太郎の話が結びついたのでは」と倉持さんはみている。

わかったこと

    • 東北地方は箱や、戸棚から生まれるものが多い
    • 中国地方では桃や、もとから生まれているものが多い
    • 婆(ばば)が若返って桃太郎が生まれたのは香川県と埼玉県しかない
    • 近畿地方と九州地方はお話が少ない
    • 新潟県にはキジの卵から生まれる雉(きじ)の子太郎がいた
    • 桃ではなく、人形が流れてきたり、捨ててあった子どもを拾ったり、桃が全く関係ない話もあった
    • 柿の種を植える話もあり、カニのあだ討ち型の話だった

受賞は2回目 小学生で「鬼の正体」考察  

 実は、倉持さんが桃太郎で同賞を受賞するのは、これで2回目。小学5年生の時は「桃太郎は盗人なのか?~『桃太郎』から考える鬼の正体~」のテーマで考察。鬼はそれほど悪ではなかったという結論を導いたこの研究も、2019年に本となって出版された。

 倉持さんは「2度も素晴らしい賞をいただいた。次のテーマは決まっていないが、今後も調べ学習を続けていきたい」と話している。

写真

賞状を手にする倉持さん=袖ケ浦市で(山本哲正撮影)

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2022年4月6日

61

なるほど!

41

グッときた

9

もやもや...

55

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • 日本の青年 says:

    素晴らしい勉強の成果に、万歳です。旺盛な探求心を持ち続けて下さい。私の見解では、桃から産まれたのは、まさしく股からであり、上流より流れて来たのは、見知らぬ土地から、配偶者を迎えて子を生むとの、物語り作者の豊かな想像力の成せるものと解釈します。老人夫婦から産まれる訳は無いので、遺伝から近親で生まれると弱い、奇形児が誕生してしまうことを、物語り作者は、経験として認識していたと思います。それを、子どもでも分かりやすい鬼退治の強い児に育てるべきと考えたと思うのです。優性保護から言えば、遠隔地から、嫁や婿を迎える発想から出来た物語と考えます。
    全国各地に伝説として有るのは、一つの事象が、人づてに広まることは、思想の伝播と原理は同じように思うのです。人の噂も七十五日と言う諺も有るくらいですから。このことばの起源を調べるとなお面白いと思います。中学生の好奇心が、このような形で表彰される、まさに後生畏るべしです。おめでとうございます。ますますのご活躍を❗️

    日本の青年 男性 70代以上
  • タケ says:

    アルファベットを調べていて 始めに来るAが牡牛である と しりましたが、牡牛=神の意味も あるようです
    直感ですがこの牡牛と言う角度から 日本の『鬼』も調べてみると面白い 発見が あるのでは?!と感じています😃

    タケ 男性 50代
  • ことのばら says:

    倉持よつばさんの好奇心に感心、それと同時に、その好奇心を具体的に実物に沿って生かしてゆく前向きな粘り強さに驚きました。すばらしい「比較文学」の論。倉持さんに助力した図書館の司書さんたちもエライし、そもそも非標準の「桃太郎」絵本を出した各地の出版社もエライ。全体が実にいい話です。

    ことのばら 男性 70代以上
  • 洋平 says:

    桃を食べて若返った婆さまが産むという話が元であろうと以前から推測していたので、実際にそういう言伝えもあると聞いて大変興味深く拝読しました。

    洋平 男性 50代
  • 犬好き婆婆 says:

    日本国は地方伝統が川や山で細かく分かれて昔話、言葉、習慣が違う。又隣国の影響や京都、東京、大学、大会社があると影響も大きい。小さい欧州の国々の様子と似ている。桃太郎分析してくださり有難う御座います。私も知りたいことが多くあっという間にもうじき80歳ですが50国見学して興味深いことが多い。貴女の追求心に幸あれと願っております。書籍化で答えがでで嬉しい。将来も次の本頑張ってね👍応援していますよ✌️

    犬好き婆婆 女性 70代以上
  • お爺さん says:

     おもしろい研究。鬼が悪くないというのは秀逸な見解。嫁取り話の「桃太郎」が子ども向けに宝物を持ち帰る話に作り変えられたという調査結果も納得できる。
     現代の絵本だけでなく、ぜひ古い文献にも調査を拡大してほしい。さらに、日本国内だけに限定せずに、世界規模で調べてほしい。
     「桃太郎」の次には、「かぐや姫」も「浦島太郎」も「鉢かつぎ」もその他の昔話も控えています。ますます楽しい研究成果を期待しています。

    お爺さん 男性 60代

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ