運動会の前日「パパ、何位になってほしい?」〈古泉智浩さんの子育て日記〉33

(2022年5月27日付 東京新聞朝刊)
blank

大型連休は、うーちゃん(左)と妹のぽんこちゃんを高校野球の県大会に3回も連れて行きました

古泉智浩さんの子育て日記

運動会「誰も見に来ないでください」

 小学2年生の養子・うーちゃんの小学校で運動会がありました。コロナ禍が収まらず、今年もコンパクト開催で午前中のみでした。

 うーちゃんは運動会の練習で、50m走が6人中1位だったとうれしそうに話していました。保育園の時は鬼ごっこで「僕はいつまでも鬼なんだ」と語っていたことを顧みると、本当に安心。つらい学校生活を送る要素を一つでもなくせてよかった。

 ところが、学校から配布された運動会の案内には、うーちゃんから一言、「50m走をがんばる。誰も見に来ないでください」とありました。当然、見に行かないわけにはいきません。

 その頃、50m走の話をしなくなっていたので、その後の練習で順位が下がっていたのかもしれません。運動会の前日、「パパ、僕に何位になってほしい?」と聞かれました。「何位でも頑張って走ればいいんだよ。順位なんか関係ないよ」と言うと、うーちゃんは曇った表情をしていました。

さて本番 僅差で順位が分からない

 いよいよ運動会当日。各家族、2人までの応援が許されました。みんなマスク姿なので、写真を撮ってもあまり面白くありません。うーちゃんの種目は50メートル走とダンシング玉入れの2つです。

 50メートル走は6人、赤組・白組とも3人ずつ走ります。うーちゃんは白組です。スタートの号砲が鳴りました。うーちゃんは第2コースを走ってあっという間にゴール。しかし、みんな僅差で順位がよく分かりません。係の上級生がうーちゃんを3着の列に並ばせました。

 3着なら立派なものではないですか。1位の方がうれしいだろうけど、保育園の時はビリだったので十分です。うーちゃんは1位じゃないとかっこ悪いと思っているのでしょうか。

 その後競技は進んで、最後は5年生と6年生の全体リレーでした。両学年、全員参加のリレーです。中には明らかに足が遅い子がいて、抜かされてしまいます。僕自身そんなタイプだったので、見ていたら心が苦しくなってきました。声を出して応援してはいけないので、頑張れと強く念波を送りました。

 足の速い子はストライドが長くてかっこよくて、それはそれで美しくて感動して涙が出ました。いろいろな感情が入り乱れていましたが、みんなの頑張る姿が見られて素晴らしい運動会でした。(漫画家)

0

なるほど!

8

グッときた

1

もやもや...

1

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • ぺこりーにょ says:

    運動会うーちゃんおつかれ様でした!がんばったね、3位かっこいい!
    お手紙のくだりはうーちゃんらしいというか…実際もし息子からそんな案内もらったらちょっと心配になるなぁ
    順位なんて関係ない ほんとに親としてはその通りですね
    保育園の運動会や生活発表会って去年からの成長だったり我が子以外のいろんな子たちの個性が見れて毎回涙腺が全然もちません。0歳児クラスからずっと保育園に通ってくれている息子も今年は年長さんなのできっと今まで以上に見応えあるんだろうなと…これまでのいろんな姿がフラッシュバックして、もう自分が号泣してしまわないかそっちの方が心配です笑
    毎回なんとか堪えてますが覚悟して臨みます✧*。

    ぺこりーにょ 女性 30代

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ