走った後に突然倒れた小6の娘 なぜ学校はAEDを使わなかったのか〈ASUKAモデルの10年・1〉

前田朋子 (2022年9月28日付 東京新聞朝刊)

願いつないで ASUKAモデルの10年・1

 さいたま市の小学校で女児が亡くなった事故を教訓に、遺族と市教委が自動体外式除細動器(AED)を活用した救命のマニュアル「ASUKAモデル」を策定して9月30日で10年を迎えた。全国へ広がり、多くの命を救ったとされる。関係者の取り組みと次の世代への継承を追った。

その朝、娘は玄関で「駅伝、頑張るね」

 その朝、さいたま市立日進小6年の桐田明日香さん=当時(11)=は、放課後の駅伝代表選手選考会に向けて張り切っていた。甘えん坊だけど、勉強も運動も頑張る努力家の明日香さんは、玄関で母の寿子(ひさこ)さん(51)に「駅伝、頑張るね。ママ大好き」と投げキスをして、元気に登校していった。2011年9月29日のことだ。

写真

生前の桐田明日香さん。「6年生になり、急激に大人びた時期だった」と母・寿子さんは話す=寿子さん提供

 午後4時過ぎ、明日香さんは選考会で規定の1000メートルを走り終えると、突然倒れた。意識はなかったが、保健室に運んだ教諭らは「呼吸がある」「脈も取れた」と判断し特に処置はしなかった。しかし、倒れて11分後に到着した救急隊は、すぐさま心肺停止と判断し、心臓マッサージとAEDによる救命処置を始めた。

 寿子さんが搬送先の病院へ駆けつけると、明日香さんは複数の管をつながれ、ひどくむくんで別人のよう。「どうしたの。どんな姿でもママは明日香を待ってるよ! 答えて!」。必死に呼びかけると、明日香さんは左の目から涙を2粒こぼし、翌30日に亡くなった。

突然の死 看護師の母は学校に不信感

 明日香さんに基礎疾患はなく、医師からは心臓に何らかのトラブルが起きた「致死性不整脈の疑い」と説明された。県立病院の看護師だった寿子さんは、その死が本当に回避できなかったのか、学校の対応に疑問を抱いた。倒れた時になぜ心臓マッサージをせず、その場にあったAEDも使わなかったのか-。一般的に、心停止は1分経過するごとに救命可能性が10%ずつ低下するとされる。

 学校に説明を求めたが、示された文書には明日香さんに回復の兆しがあったように書かれ、病院や救急の記録から読み取れる重篤な症状と食い違う。溝は埋まらず、市教育委員会は翌10月、第三者による事故調査委員会を設置した。

 学校や市教委からは謝罪もなく、不信感は募るばかり。訴訟も頭をよぎったが、学校が大好きだった娘は争いを望まないだろうとも考えた。「明日香ならどう思う?」と遺影に問い掛け続けた。

事故から2カ月 市教育長が初の謝罪

 一方、当時市教育長だった桐淵博さん(69)も悩んでいた。市は全国に先駆け、2006年にすべての市立学校へAEDを配置し、2009年には全教職員への研修を終えている。現場にいた先生もみなまじめで熱心。うそをついているとは思えない。「誰ひとり胸を押さずAEDを使わなかったのは、講習だけでは足りないからではないか」と思い至った。

 二つの思いは2011年11月下旬、一つになる。桐淵さんは部下らの心配を振り切り単独で桐田さん宅を訪れ、「元気に学校へ行った明日香さんを無事に帰すことができず、申し訳ありませんでした」と頭を下げた。事故から2カ月、初の謝罪だった。

 寿子さんは振り返る。「遺族に寄り添う心が感じられた。『子どもたちを守りたい、死なせたくない』との思いが、私たちを救ってくれた」。互いに思いをぶつけ、ともに涙を流した6時間。手を携えて真相究明と再発防止に当たることで一致した。遺族と市教委が新たな関係を結び、救命マニュアル「ASUKAモデル」の誕生へと一歩踏み出した瞬間だった。

ASUKAモデルとは

  桐田明日香さんの事故を教訓に、さいたま市教育委員会が2012年の命日に完成させた教職員用事故対応マニュアル。倒れた人の呼吸の有無がわからない場合なども迷わず胸骨圧迫(心臓マッサージ)と自動体外式除細動器(AED)装着を行うよう促した点が、当時の一般的対応と比べて画期的だった。現在は市や教育現場を越えて各地で活用され、医学的にも国際的に広がりつつある。AEDは、倒れた人の胸にパッドを張ると自動で心電図を調べ、必要な場合に電気ショックを与える装置。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2022年9月28日

4

なるほど!

45

グッときた

7

もやもや...

6

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • cacao says:

    教職員採用試験受験科目に取り入れたらどうでしょうか?
    学校は閉塞的環境で、医療の領域も一人一人の教職員判断は違う。学校では指示する立場であり指示される事は受け入れない人が多い。

    cacao
  • MRSDKHR says:

    明日香さんが倒れてしまったというのに教職員はなんの処置もなく明日香さんを死なせてしまった。

    これは教職員としてどうかと思います。AEDの機能も知らないで教職員をしているということが怖いです。なぜ意識がないのにAEDを使わないという発想になるのでしょう。教職員はもっと危機感をもっていたほうが良かったですね。

    市で話し合ったほうがいいですね。こんなことがもう二度とと起こらないようにするために。

    MRSDKHR 女性 10代
  • Oんly_qdm says:

    教員が知らなかったのは問題ですね

    これからは市で話し合うべきかと

    Oんly_qdm 男性 無回答
  • Coco Boba says:

    中学生ですら「AEDは自動で心電図を測ってくれる」と習うのに、学校の教職員がそれを知らないのは正直びっくりでしたね。
    ご冥福をお祈りいたします

    Coco Boba その他 10代
  • M says:

    自分の娘が意識がないのに学校のほうはAEDを使わなかったら自分も明日香さんのお母さんみたいに疑問を抱いていると思う。

    M 無回答 無回答
  • チロル says:

    AEDが最初に自動で 心電図を測るものだとは知らなかった その事実は テレビCMでたくさん流すべき AED本体の近くの壁に告知ポスターも貼るべき

    チロル その他 30代

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ