新宿区も小中学校給食を無償化 来年4月から、区立校以外も対象「子育て家庭全体に手当てしたい」

(2023年11月21日付 東京新聞朝刊)
 新宿区の吉住健一区長は20日の定例会見で、2024年4月から小中学校の給食費を無償化すると発表した。私立学校なども含む区内の児童生徒約1万8300人が対象となる。関連経費は約11億円となる見込みで、新年度当初予算案に計上する。

区立校以外は相当分を保護者に支給

 無償化は、子育て世帯の負担を軽減する目的。区立学校に来年度在籍する約1万3000人は給食費を徴収しない。私立や国立、都立学校などに在籍する5300人は年間で給食費相当分として小学生約5万円、中学生約6万円を保護者に支給する。

 新宿区は物価高騰対策の一環として、2学期が始まる今年8月から、区内在住で区立小中学校に通う第2子以降の児童生徒の給食費を無償化。区立の特別支援学校の児童生徒は全員無償としていた。

 吉住区長は自治体によって無償化の方法がさまざまで、国も実態調査を進めているとして「(政策としては)最優先ではない」と強調。一方で、無償化を決めた隣接区もあることから「アンバランスさがあり、そこを埋める」とした。区立学校以外を対象としたことには「子育て家庭全体に少しでも手当てしたい」と話した。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2023年11月21日

0

なるほど!

1

グッときた

0

もやもや...

0

もっと
知りたい

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ