東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

お笑い芸人 滝沢秀一さん 清掃員と二足のわらじ 妻が産後うつになって…

(2019年6月2日付 東京新聞朝刊に一部加筆)

家族のこと話そう

写真

「出産に40万円かかるから」芸人だけでは稼げず

 お笑い芸人とごみ清掃員の仕事をしています。きっかけは6年半前、当時、妊娠していた妻から「出産に40万円かかるから用意して」と言われたことです。

 芸人では稼げず、別の仕事を探して電話をかけた元芸人の後輩がごみ清掃員でした。「俺にもできるか」と聞くと「できる」というので始めました。走ったり、重いごみを運んだりときつかったです。出産のために始めた仕事ですが、お笑いと両立できるので、その後も続けました。

第2子の出産後「子どもを抱っこできない」即入院

 しんどかったのは2016年の夏。妻が第2子を出産後まもなく、産後うつになったのです。ある朝、ごみ清掃の仕事に出掛けようとしたら、妻から「子どもを抱っこできない。仕事に行かないで」と言われました。 休むわけにいかず、妻の母を呼びました。予兆はありました。今までできたことができない、と泣くことがあったからです。でも稼ぎのため仕事に行きました。なんとか持ちこたえてくれという気持ちでした。

 その日の仕事を終え、妻と病院に行くと、医師の診断は産後うつ。「悠長なことは言ってられません。明日から入院です」

長男は母の家、長女は乳児院 まずは夫婦だけで生活

 長男は私の母の家に、長女は乳児院に預けました。当時は、朝5時にごみ清掃に出掛け、仕事が終わると乳児院の娘に会い、病院の妻に必要なものを届ける。母の家で長男とご飯を食べ、風呂に入って寝かしつける。自宅に戻るのは午後10時ごろという生活でした。

 妻は1、2カ月で退院しましたが、まずは夫婦だけで生活し、次に長男を迎え、娘と暮らせるようになったのは半年ほどたってからです。娘が戻るまで、妻は毎日泣いていましたね。

清掃員の日常が話題に 漫画化で”素人”の妻を推薦

 妻を支えたいと、ちょっとずつ家事や子育ての時間を増やしました。ツイッターなどで清掃員の日常を発信していたのが話題になり、昨年、漫画の出版を持ち掛けられました。担当者から漫画の描き手を相談され、「妻はどうですか?」と提案しました。妻は漫画を描いた経験はありませんが、置き手紙などに描く絵がうまかったんです。妻は「やる」と言いました。

 妻は締め切りが迫ると、夜中まで描きました。デザインやイラストを学んだこともない素人。技術を磨き、人さまに見てもらえるレベルまで努力したのは、たいしたものです。

生き方はいくらでもある、と考えられるようになった

 今は子どもの成長がすごく楽しみです。小学校1年の息子は「大人になったらごみ清掃員と何やろうかな」と言って、僕の影響なのか仕事は2つ持つものだと思っているみたいです。最近は「ごみ清掃員とプロ野球選手になる」って。下の2歳の娘もかわいいですね。2人とも将来どうなるか楽しみ。子どものために生きていると言っても過言ではないです。

 以前は芸人で成功しなければ人生は失敗と思っていました。でも、生き方はいくらでもあると、ごみ清掃をして学びました。稼げば、子どもは育てられますから。こう考えが変わったのも、家族ができたことが大きいですね。 

たきざわ・しゅういち

 1976年、東京都生まれ。1998年に漫才コンビ「マシンガンズ」を結成、お笑いライブやラジオなどで活躍。エッセー「このゴミは収集できません」(白夜書房)や妻と共同制作した漫画「ゴミ清掃員の日常」(講談社)など、ごみ清掃員の体験を基にした著作もある。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年6月2日