東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

〈ペアレント・トレーニング〉10・子どもをやる気にさせるには?→5つのルールを伝えて「ごほうび」を決めよう

笑顔が増える ペアレント・トレーニング

 「ペアレント・トレーニング」の第10回は、「子どもが自分から動けるようになる」ための練習の最終回です。前々回前回と、子どもと一緒に取り組むための「行動記録表」を作り、完成させました。今回は、いよいよ本番。子どもと一緒に「記録表」にチャレンジします。でも、ちょっと待ってください。取り組む上で大事なことがあるようです。臨床心理士の三間直子さんに、ポイントを教えてもらいました。(過去の記事一覧はこちら

悩み「朝の支度をスムーズにするための『行動記録表』。子どもをやる気にさせる自信がありません」

 朝の時間に5歳の息子にやってほしいことを行動記録表にしました。でも、子どもがやる気になってくれるか自信がありません。興味を持って取り組ませるためのコツを教えてください。

解決のヒント「事前の説明を丁寧に。そして、行動できたらその都度ほめましょう」

<臨床心理士・三間直子さんから>

 「子どもが自分から行動できるようになる」ことを目指し、「行動記録表」を作ってきました。前回は、朝晩の忙しい時間帯に子どもにしてほしい一連の行動を選び、できたかどうかを親が記録し、表を完成させました。今回は、いよいよ子どもと一緒に記録表を付けていきましょう。

 記録表を使う目的をあらためて確認しておきましょう。子どもが親に言われなくてもするべき行動を思い出しやすくし、親も子どもの好ましい行動をほめやすくするためです。子どもが次にすることを忘れているようであれば、これまで学んだ指示のやり方(CCQ)で声かけすることも考えましょう。

イラスト

 表は、歯磨きや着替えなど行動に関連する絵を入れたり、カラフルにしたりして楽しい雰囲気にしましょう。始める前に子どもと一緒に表を見ながら、取り組み方を説明することもスムーズに進めるポイントです=イラスト

イラスト

 表は目にしやすい場所にはって、特典やごほうびも決めましょう。「週末に○○公園に行く」など子どもが喜ぶことや、「好きなお菓子を買う」のように、高価でなくて親も与えてもいいと思えるものがおすすめです。

 大事なのは、子どもが行動できた時にすぐにほめること。できなくても×印や△印はつけず、できた行動に注目します。一日の終わりに子どもと丸印を数え、できた行動をほめましょう。他の家族にも知らせ、皆でほめてあげるのもよいでしょう。

 低年齢の子は親にほめられることで、より行動が身に付きます。小学校高学年になり、親にガミガミ言われたくない年齢になった子も、自ら動く気持ちよさに気付きます。2週間、3週間、と続けるうちに、子どもに一連の行動が習慣づいていきます。

表

「行動記録表」のPDFファイルを、こちらからダウンロードできます。

担当記者がやってみると

 食卓の近くに表をはり、4週間やってみました。「○が20個たまったら、週末に好きなお菓子を買ってあげる」と約束。お菓子ほしさに張り切って始めた5歳の息子。シールをはるたびに表を見るので、「次は○○だ」と思い出しやすかったようです。こちらも忘れずにほめることができ、イライラも減りました。

イラスト

 実は、この5歳の次男と行動記録表にチャレンジするのは2回目でした。この半年ほど前に、当時小学2年生だった長男と挑戦。長男との取り組みはスムーズに進んだのですが、「僕もシールはりたい!」と途中から一緒に取り組んだ当時4歳の次男とは、一度挫折していたのです。

 半年前、いちいち声かけをしないと朝の支度ができなかった長男は、「ステップ1:お試しでこっそり2週間記録」→「ステップ2:修正して2週間こっそり記録」→「ステップ3:長男と一緒に行動記録表にチャレンジ」…というフルコースで臨んだところ、4週間ほどで朝の行動の流れが身に付きました。(正直なところ、小学3年生になった今でも支度が滞る日はあります。そんな朝でも「次、なにするんだっけ~?」と一声かけるだけで、スッと動けるようになりました)

 ところが、次男は「ステップ1:おためし2週間」「ステップ2:修正2週間」をすっ飛ばして、いきなり「ステップ3:行動記録表にチャレンジ」の流れになってしまいました。次男にとって「何ができて、何が難しいのか」という現状把握を私が怠ったせいで、記録表が彼にぴったりのものになっていなかったようです。シールもあまりはることができず、1週間もしないうちに興味を失うという展開に…。

 ペアレント・トレーニングでは、ステップをきちんと踏むことが大事だそうです。連載の初期にお伝えした「ほめること」ができるようになったら、「気付かないふりで待つ」の段階へ。そして「適切に指示を出す」ステップを経て、すべての要素が必要な「行動記録表」へ。まどろっこしいようですが、ひとつずつ重ねていくことが結局は近道なのだと、あらためて感じています。

「ペアレント・トレーニング」は発達障害児の親向けに採り入れられることが多い手法で、子育てのさまざまな場面で有効です。「お母さん、いつも怒ってるよね」と言われてしまった5歳、小学3年、5年の3児を子育て中の記者が、実際にペアレント・トレーニング講座を受講。実施経験が豊富な、心身障害児総合医療療育センター(東京都板橋区)の小児科医・長瀬美香さん(50)と臨床心理士・三間直子さん(47)に、声掛けや振る舞い方のヒントをいただきながら進みます。

※「笑顔が増える ペアレント・トレーニング」は毎月第1金曜に掲載します。次回の掲載は8月2日です。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。