東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

〈反響に応えて〉「保育士の虐待」にコメント多数 現役園長に解決へのヒントを聞きました

大丈夫?保育の質

保育園での虐待 無理やり食べさせているイラスト

 保育施設での保育士や職員による虐待など不適切な保育の実態を紹介した記事(「保育士の虐待『見たことある』25人中20人」「保育士が明かす虐待の実態」)に「自分も虐待を見た」「人手不足や業務の過密が背景にある」などの60件を超すコメントが寄せられました。保育士の配置基準の見直しや、待遇改善など抜本的な対策が重要ですが、日々の保育を担う現場は待ったなしです。NPO法人「こども発達実践協議会」代表理事で、東京都内の私立認可保育園で園長を務める河合清美さん(46)に、寄せられたコメントを読んでもらいながら、保育の質を高めるために現場でできる工夫について聞きました。
写真 東京都内の認可保育園園長の河合清美さん

東京都内の認可保育園園長の河合清美さん

①虐待が日常茶飯事…「吐いても食べさせる」「低い声で怖がらせる」

 同僚保育士が子どもをたたいたり、怒鳴ったりしている姿を見聞きしたという声が多数ありました。「毎日虐待を見ています」というショッキングな意見も。河合さんは保育士が正しい知識を持つことの重要性を指摘します。

<コメントから>
・保育園で働いている。吐き出したくて投稿した。給食を詰め込むのは当たり前。吐いても食べさせる。時間内に食べ終わらないと外遊びにも行けず、時には倉庫の中で食べさせている。おもらしをしたら、大声で怒鳴る。お遊戯会の練習は、2歳児でも泣きながら踊っている…。

・(同僚が)何もしていない1、2歳児に低い声を出して度々怖がらせて泣かせる。自分が近づいて泣くと「なんで泣くの?」と笑う。子どもに良くない事だと思ってもいない。

・5歳児が午睡したくないのに無理やり横になるよう強要して、おしっこ行きたいと言ったのに「眠くないから嘘だ」とトイレへ行かせず、結果お漏らしした。自尊心もズタズタ。

・夕方の集団保育。お茶の時間にみんなと同じに座れない、うろうろしていた、言ってもきかないからと0歳用のケージの中に1歳児が罰として入れられた。

・私も毎日虐待を見ています。2歳児に怒鳴る、突き飛ばす、引っ張る、たたく、閉じ込める、疎外する、キライ!と平気で言う、0歳児、1歳児に怖い声で脅すなどなど。園長に言っても「私は見てないからわからない」。見てる時でも、知らぬふり。

子どもに100%は求めない 「保育指針」がヒントになります 

<河合さんのアドバイス>

 全体的に0~2歳の年齢の低い子に対するイライラと、3~5歳の保育の中での焦りに、悩みが分かれている印象です。

 0~2歳児に対して「行動の意味が分からない」「なんで〇〇しないの!できないの!」と言ってしまう状況からは、子どもの自己主張を”わがまま”とみてしまい、成長の途中の大切な過程なのだという知識が保育士側にないことがうかがえます。

 3歳児以上になると、「〇歳ならこんなこともできるはず」「みんながやっている」と子どもの発達や意欲に関係なく、自立をせかしていら立っている保育士が多いように思います。

 いずれにしても力任せに子どもを思い通りにしようというのは、保育士の力量不足です。

 全国どこの保育園でも一定の水準を保つために、国が保育内容や、基本的な考え方をまとめた「保育所保育指針」があります。

 これは保育の基盤となるものですが、現場の保育士、保育者が意外と読んでいません。2018年4月に10年ぶりに改定された指針では、増えている乳児保育についての項目が厚くなりました。とくに0歳児、1歳児、2歳児保育は、「愛情豊かに、応答的に関わる」「受容的に受け止める」ことへの記載が繰り返されています。一方的に怒ることは応答的な関わりとは言えないですよね。

 指針には、日々の保育を客観的にみるヒントがあります私自身も保育で悩んだときに読み、子どものどんな力を育てたいのかを整理することができました。園長クラスでは研修などで指針を読む機会がありますが、現場の保育士の皆さんもぜひ読んで、自身の保育を振り返ることに活用してほしいと思います。

 それから、子どもに100%は求めないこと。子どもをたたいたり蹴り飛ばしたりしたくて保育士になった人はいないと思います。一生懸命にやっているのに、子どもが応えてくれない…とイライラしてしまいます。そういう時は「ベストは尽くすけど、結果は3割で十分」と思いましょう。子どものどんな力を育てたいか、そのために保育者はどうあるべきかという保育の原点に立ち返ることが大切です。

②忙しすぎる保育現場…「歌の練習しない子に飛び蹴り」「余裕なくて怒鳴る」

 虐待や不適切な保育が起きる背景に、過重労働による保育士の余裕の無さを挙げる意見も目立ちました。河合さんは思い切って行事などを減らすことも提案します。

<コメントから>
・昔に比べて、しなくてもいい業務が多いので必然的に子どもたちに悪影響が出ている。

・保育施設でパートとして働いている。0歳児担任の先生は、どうにかして集団としてまとめようと必死がゆえに、子どもの手を引っ張ったり、子どものおでこを手で突き飛ばしたりする。過酷労働が日常となると、虐待まがいなことが起こるような気がする。

・年長児。行事のための歌の練習中、ふざけていた男児に向かって、若手男性保育士が「ふざけんじゃねえよ」と飛び蹴り。

・園長が職員のマネジメント、まとめる力がないと子どもに影響がいく。

・保育園で働いているとき、怒鳴る職員は多いと感じる。人手不足が原因で1人で多数園児を見るだけでも大変なのに、園児が1人でも違う行動をすると危険なこともあるし、自分の余裕のなさに怒鳴って言うことを聞かそうとしてしまう職員は多いと思う。

行事は誰のため?「やらない」判断も必要です 園長はマネジメントを学んで

<河合さんのアドバイス>

 最近の保育園では、日々の保育に加え、行事の多さ、行事への保育士のプレッシャーが大きいと感じています。保育目標に対して、日々の保育と行事をどう位置づけるのか。行事は何のためにやるものなのか、振り返り、整理しましょう。

保育園での虐待・忙しい保育士

 重要なのは、「子どもがやりたいことなのか」「大人がやらせたいと思っていることなのか」という視点。親が行事に期待し、保育園も親の期待に応えようとすると、見た目の華やかさや、子どもの発達に見合わない成果が求められる。その状況では保育士も追い込まれます。園長が「子どもがやりたいことでないのなら、やらない」と判断することも必要です。大切なのは「何をするか」より、子どもたちに「どう関わるか」なのです。

 このように、園長や主任など上の立場の保育士は、保育士たちが働きやすい職場をつくるためのマネジメント力が問われる時代です。子どもの権利や発達、マネジメントを園長が学び続けていかなければ、保育士も定着しないでしょう。

 若手保育士は、園長や主任の方針と自分の考え方が違うこともあると思います。時には自分の価値観、保育観を信じて「無視する勇気」を持ちましょう。どうしても上の方針に納得がいかなかったら、保育園の外に交流や研修の場を求めてみることも有効です。

 SNSなどでも同じ問題意識の人とつながれる時代。例えばツイッターで「保育士」「園長」と検索すると、保育の問題点や経験をふまえた解決法を発信している人もいます。私自身もツイッター経由で若い保育士から相談が来ることがあります。悩みを抱え込まず、言える先があるだけでもグッと気持ちは楽になると思います。

③虐待を見ても言えない…「おびえた表情がトラウマ」「子どもに申し訳ない」

 虐待を見聞きした保育士らの中には「その場でおかしいと声を上げられない自分も悪い」「トラウマから保育園で働けなくなった」と悩む人もいました。保護者の立場では「ようやく入れた保育園で、子どもは人質。言い出すのが難しい」という声もあります。河合さんは「1人で抱え込まないで」とアドバイスします。

<コメントから>
・(我が子が)半年ほど保育園に行きたがらないので、疑問に思ってあえていつもより早く迎えにいくと、おやつを食べない他の子の服を先生が引っ張って、口におやつを詰め込んでいた。(中略)びっくりして、その時何も言えなかった。

・50代潜在保育士。保育実習を含め東京都内5園のうち4園で不適切な保育に遭遇した。園児の悲痛な泣き声やおびえた表情がトラウマになり、保育園勤務ができなくなった。

・その場でそれはおかしいと声をあげられない自分も悪い。子どもたちに申し訳ない。

・(虐待などを)何度も見たことがあって、その度に自分のやりたい保育ができないと思って転職する。何か事故が起こった場合、一緒にされたくないっていうのも転職の理由。

・2歳の子どもの背中をたたいて、「あんたゆるさんけんね」と言って泣かした先生を見た。こんな保育士がいて良いのか。私は、園長と主任に話してその保育園を辞めた。他にもたくさんあった。

抱え込まずに「話して、放す」 相談するなら園長→運営元→行政の保育課

<河合さんのアドバイス>

 「同僚保育士が虐待している」「我が子や他の子がたたかれているのを見た」。

 そんな時、私は「話して、放す」ことを勧めています。黙っていると自らの良心を痛めてしまいます。まずは園長など責任のあるところに相談しましょう。園長自らがパワハラや、皆の前で怒鳴るなどの心理的虐待をしている場合、社会福祉法人や企業の保育園なら運営元に伝えましょう。園で解決しない時は、監督権限のある行政の保育課などに相談することもできます。

 親が我が子への対応で改善を求める時、言いづらいと感じることもあるかもしれません。でも、園には虐待などの禁止・防止の義務があります。(「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」9条2)。きちんと伝え、対応してもらいましょう。

 伝え方としては、「もしかしたら私の見間違いかもしれないですが」「園長先生がご存じならいいのですが」「うちの子も何か悪いことをしたかもしれないのですが」と付けるだけで、その後の話し合いがスムーズになることもあります。

寄せられたコメントは、氷山の一角だと思います

 「東京すくすく」に寄せられたコメントは、日ごろ誰にも言えずにいる人の氷山の一角だと思います。虐待や不適切な保育は、小さな芽の時期に摘むことが大切です。「もしかしたら虐待かもしれない」という段階で動けば、止められることもあるはずです。

河合清美(かわい・きよみ)

 保育士歴25年。現在、東京都内の私立認可保育園園長。保育の楽しさとともに、知識や技術を伝えたいとの思いで2016年にNPO法人「こども発達実践協議会」を設立。東京、神奈川近郊で保育者向け研修会などを開いている。同法人のホームページはこちら

 

 保育現場での虐待について、東京すくすくでは今後も取材を続けていきます。虐待などの実例とともに保育現場での改善の経験、工夫など、ぜひ情報をお寄せください。取材を受けてもいいという方はこちらから連絡先をご記入の上、ご投稿ください。

<特集「大丈夫?保育の質」トップはこちら

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    保育園を経営しています。当園は、19人以下の施設ですが、人員を手厚くし、行事は年1回のみ。壁画等も強要しません。それでも子どもに対して雑な対応をする保育士は存在します。指針を読む事も、マニュアルを読む事もしない保育士。他園を数年経験しているのにも関わらず、正しい事の判断も出来ない。考えない。他園で主任を経験してきた人間でも指針の内容を理解出来ていない。自分の保育感を優先し、子どもにそれを押し付ける。何度も指導するが、他園での経験が基本となっている為に修正不可能。おまけに大卒なので、専門卒の保育士を馬鹿にしている。無資格の者への威圧的な態度。
    保育士は、学歴よりも人柄重視ですね。一緒に働く者への思いやりを欠く人間は、容赦無く厳しく指導していますが。大人がそんな事では、お預かりしている大切な子ども達に悪影響なので。
    保育士の仕事が医師と同じだというコメントには共感出来ません。その医師達にも家族がおり、他人の命を救う為に、仕事を優先する医師も沢山存在します。自分の健康より、他人の命を優先し、倒れてしまった医師も近くで見て来ました。助産師では、勤務中に流産してしまう者も多い。医師とは、保育士よりも遥かに努力をしなければ取得出来ない資格です。責任の度合いも違い過ぎる。

  • 匿名 より:

    保育士歴10年です。激務の上に薄給なのが何より悪い。膨大な書類にひとりで何人も見なきゃいけない責任、ささくれひとつ許されない緊張、女同士の面倒な人間関係。モンスターペアレントの処理。国が定めた保育士の配置基準でどうやって休憩取れと言うんですか。食事だって味なんか分からず、ただ飲み込んでますよ。その上忙しい時に限って子どもが危険なことをしたり、言うことを聞いてくれなかったりするし。怒鳴ったり手を上げたりはしないけど、正直イライラすることだってある。私も、人間なのです。もう辞めようと何度も思ってますよ。子どもがかわいというだけでは腹は膨れません。薄給なのに自腹切って教材買うことだって少なくないです。家族のご飯代ケチって、何で人の子の教材買ってるんだろって虚しくなることもあります。でも田舎でこの年齢で、今更正社員として雇ってくれる企業はないので、仕方なく続けています。

  • 匿名 より:

    毎日のように不適切な保育を見ている。園長に言っても、「それぞれの考えがあるから。」と言う。主任の指摘は平気で無視する保育士たち。全員が上辺だけの付き合いで連携も取れていない。看護師も叱れば育つと勘違いして、怒り倒している。入園して慣れていないためによく泣いている2歳児に対して「泣いたらおんぶするよ」と脅し、子どもは怯えて涙を目に溜めながらも「泣いてない。泣いてない。」と訴える。
    倍率の高い公務員試験を通った公立保育園でもこれが現実。保育園の実態をもっと把握できる環境を整え、第三者の目を感じながら保育をさせなければ、保育士のやりたい放題になる。危険を感じている。

  • 匿名 より:

    数年前まで、認可保育園で働いていました。いまの職場は、市の認定保育園です。まだ働き始めて2カ月ですが、ヤバイことばかりです。認可がおりない理由がたくさんあります。
    設備は新しくてきれいで整っています。ただ、保育士の怒号、虐待ともとれる行動、子どもをコイツという、気分にまかせて怒鳴る、オモチャを投げて片付ける、ファイルなどを保育士同士で受け渡すときに床を滑らせて渡す、座り方が悪いとこどもの脚を何度もたたく、苦手な子に嫌い、無理!という。などなど、毎日のように現場をみていてうんざりです。
    怖い声、こわい言葉で叱るのは茶飯事。好きな子と嫌いな子への対応が雲泥の差。など、人としても疑いたくなります。
    園長に話しても、まだ働きはじめた私の話に耳を傾けてはくれないかもしれません。極秘で匿名で相談できる機関はありませんか?

  • 匿名 より:

    一人の保育士(M保育士)になつかない園児(1歳過ぎ・Yくん)。原因はその先生が嫌い、怖い、、、から。M保育士はその園児が自分に懐かないからでしょうか?「Yくんは嫌いだから!!」と平気でY君に向かって厳しい顔で何回も言うM保育士。他にもYくんをにらみつけたり、泣くのがうるさいからとYくんに嫌がる事をしたり。。。見てて辛くて。。。見ている保育士も同罪ですよね。
    M保育士は年配の保育士なので他の保育士や補助婦の人は何も言えてません。完全なる虐待だと思います。とうとう保育所の責任者にこの件を話しました。責任者は「こういったことを話して頂きありがとう。上層部の方で話をして解決策を考えます。と言ってくださいました。
    1歳過ぎの子供であっても「嫌い!」と言われたり不快な思いをすれば話すことはできなくても体の緊張は取れないし思うようにお部屋の中で遊べないし泣くしかなかったのでしょう。M保育士のような保育士は保育所側はやめさせることはできないのでしょうか?私立の保育所ならできますよね。M保育士は以前も数回色々と問題があった保育士。こんどこそ、辞めてほしい。辞めさせるべきです。

  • 匿名 より:

    虐待保育士・・普通にいますよね。それと戦い、立場が悪くなりながらも働き。自分の心がつぶれそうです。園長は、自分の保身の為に虐待保育士を守り、バレないように隠蔽する。今までやられてきた子ども、正しい事をした人は守られない。
    保育園ってなんなんでしょうね。何故保育士を志したのか?初心を思い出して欲しい。とても、悲しい。もっと気軽に、秘密厳守で相談出来る窓口を作って欲しいです。

  • 匿名 より:

    園長が虐待している時はどうすれば良いのですか?

  • 匿名 より:

    公立保育園で働く公務員保育士は身分が守られているため、虐待している人がいます。何をやっても辞めさせられないと思っているからですよね。また、園長も正職員は守る傾向にもあると思います。正職員でも虐待は解雇してほしいと思っています。高い給与をもらって虐待をする保育士。また、見て見ぬふりをする園長。法人だけでなく、公立でも虐待正職員保育士がいることを知ってほしいです。

  • 匿名 より:

    外から見ていては分かりにくいと思います。僕は、2000年から19年間、朝の登校時に小学校の校門前で子どもたちと声をかけあっていますが、子どもたちの心の中のことは、わかりません。本当は、悩んでいたり、学校へ行きたくない子もいるでしょうが、残念ながら見抜けません。
    「無責任だ」と思い、自己嫌悪におちいることもあります。この学校に限ってなんの問題もないなどとは思えません。学校側から進んでそのようなことを教えてくれるわけもありません。

  • 匿名 より:

    拝読し胸が詰まる思いです。家庭内及び社会福祉施設での『虐待』が国会を上げて社会問題となっているのに、次々と露見し、表に出ている以上に沢山傷つけられている子供達が実に多い。投稿の事柄ひとつひとつ、身近にあった事、支援員をしている中で見た事に類似している事多く…本当に腹立たしくてなりません。
    前日、市役所の子供家政課と連携した この文言の中に記されている行政指導の課に行きました。狭い地域にては顔見知りの表面的な事、信じていらっしゃるのか、おかしいと訴えてもどれ程真摯に受け止め指導改善の行動に移して下さるのか、大変疑問です。なぁなぁな繋がりの中で見過ごされ、又、その様な立場の人に於いても事を深刻に受け止めていない様な方がいらっしゃる。此れからの厳しい世の中を担って行く子供達、出来るだけ健全な大人達の心の寄り添いを持って心豊かで健やかにと願ってなりません。
    地所預かりの責任者、オーナーに至っても子供を私物化し、偉そうに物言いする方ばかりです。ある意味お客様である子供に対し傲り高ぶり威圧する様な管理者が、共に働き、自分の負担を助けてくれる職員を大切になど考える事など出来無いと考えます。入所希望者のお試し体験を義務化し、抜き打ちで視察するか、日をアトランダムにカメラ画像のチェックを義務化するとか、マルサで支援員として入り調査するとか、何か出来ないものか…と思っています。只、同じ地域の行政では、癒着や馴れ合い等公正な判断や指導が為さられるのかは疑問と感じます。
    子供達が措かれている今の世の中は本当に深刻だと感じます。

  • 匿名 より:

    筆記試験で合格し扶養内で働き始めましたが、専門の学校を卒業していない短時間勤務は肩身が狭く、とても帰り辛いです。フルタイムが喜ばれますが、募集しても集まりません。保育士パートは、自分の子育ても大切にしたいから扶養内を希望する場合が多いのだと思います。休みがなくて、正社員はいつもヒステリックに怒ります。
    人手不足なのに、折角働きたいと思っても受け皿がない状態です。
    ベテラン保育士の思う通りに行動出来ないと暴言も多く、私なら我が子を預けたくないと思います。好き嫌いを許さないベテラン保育士は嫌味を言ったり、泣きながら食べさせたりとまるでお通夜状態です。国が抜き打ちで監査を入れないと改善しないと思います。

  • 匿名 より:

    4月から、3人減でのスタート。保育士募集しても来ない。面接にこぎつけても断られる。そうなのに、子どもはマックススタート。そうなるとまた、大声で怒鳴ったり待たせたり無理矢理座らせたりサークルに入れたりするんだと思うだけで、気が重い。保育士の休憩なんてあったもんじゃなく、書類掃除作り物で終わる。有休も取れない。代休なんて全く無し。この先保育士が増えなかったら、みんな途中退職すると思う。

  • 匿名 より:

    24時間保育促進へ? 24時間保育促進の方向に動いているような話を聞いたけどありえない。保育士不足は低賃金だけの問題ではない。自分の子どももまともに育てられない世の中で、どうやって保育士を続けられるのか。
    今でさえ、シフト制で働いて、都心だと朝6時~夜9時過ぎまで開いている園で働いているのが現状。自分の子どもでさえ、ゆっくり子育てできず、朝から晩まで働いて、決まった時間に必ず家にもいてあげられない。そんな中で、自分の子どもに手をかけてあげられなく、可哀想だと思いながら、子育てしながら働いている保育士が多くいるのに、他の業種で、夜遅くまで働いて、多様な働き方に合わせて保育園も24時間営業にって。。。。本当にそれが正しいと思っているのか?何が働き方改革だ。ふざけるなと思う。
    小さな灯火を大切に大事に守ろうと温かく寄り添い1人1人に向き合って預かっている保育士の給料はなぜ低いのか?医者と同じくらい大事な位置づけだと思うけど。なぜそんな保育士ばかり働き方が酷になり、追い詰められなければならないのか。保育士だって子育てしながら働いているから預けろとでも言うのか。自分の子どもと健全に向き合えず、他人の子に手をかけろというのか。
    うちは、朝7時の開園に合わせて出社するために朝6時に子どもを家に置いて家を出ます。遅番の日は、夜9時に最後の園児を見送ってから掃除したり登園降園記録を集計して戸締まりて9時40分過ぎに園を閉めて帰宅。家には10時30分過ぎに帰ります。家では子どもが1人で夕食を食べて寝ています。これは中学生や高校生の子供ではありません。小学1年生の子どもです。
    保育士の働き方改革をするべき。シフトで動かなくては成り立たない保育園が果たして健全なのか。子どものためなのか。子どものための保育を!と保育指針で唱っているくせにではなく、‘保育園’は、大人の為の園であることを世の中の大人は改めて考えるべき。特に国全体で、トップの考えを一掃すべき

  • 匿名 より:

    自由保育と一斉保育。今の指針であげられる、乳幼児の年齢による保育士の配置人数は、一斉保育に限られる最低限の人数。最低限の人数は、子どもが一斉に言うことを聞いて、誰も外れず、足並み揃って保育士の言うことを聞いて活動できる前提の人数。乳幼児は、何するにも大人の手が必要。トイレに行くのも着替えるのも、集中して大人の言うことを守って付いてくるのは半分くらい。自由保育なんかは、子どもが好きなように自由に遊び、思うがままに行動している。そんな中で、保育士の配置人数なんかを決めて欲しくないし、決めるべきではない。
    子育てしていたって兄弟がいるだけで手がかかるのに、子どもを産んだことのない、子育て経験の無い、新卒の人がいきなり1人担任や新人ばかりの新しい新園なんかに入ったところで、‘宇宙語’を話す子どもの気持ちなんて汲み取れないし、理解できるはずがない。
    次から次へと新園ができ、ほぼ100%保育園に就職できる世の中。研修などでは学べない、ベテラン保育士や子育て経験のある保育士などの保育を見て学ぶ機会が無ければ、虐待は無くならないと思う。仕事量が多くて余裕がないせいばかりではない。

  • 匿名 より:

    託児所、調理員として働いています。園長は保育資格のない、名ばかり園長。相談出来ずにいます。しかし私もただの調理師。保育士ではない為、これが正しい保育なのかどうなのか、直接的な虐待なのか、グレーゾーンな場面にしか遭遇しないので、判断出来ません。まずは知り合いの保育士に相談してみようと思います。