「パンツの中を見せてと言われたら?」英国発の性教育 パンツザウルスと楽しく学ぶプライベートパーツの大切さ

子育て世代がつながる

 英国で広く使われている子ども向けの性教育教材「パンツザウルス」を使ったプログラムを国内でも普及させようという動きが始まっている。神奈川県藤沢市の保育施設で11月末に実施された様子を取材した。

「パンツの中はきみだけの大事なとこ」

 「パンツの中は きみだけの大事な大事なとこなんだ もし見せてよって言われたら?」。認可外保育所「ミリオングローバルキッズ」の3、4歳児クラス。保育士たちと一緒に歌う子どもたちから、「ノー!」と元気な声が上がった。

写真

保育士たちが手作りしたパンツザウルスの人形劇=神奈川県藤沢市の「ミリオングローバルキッズ」で

 企画したのは、産婦人科医の遠見才希子さん(36)。遠見さんによると、パンツザウルスは「英国児童虐待防止協会」が、子どもの性被害を防ぐための教材として2012年に開発。パンツをはいた恐竜のキャラクターに子どもたちが親しみながら学べる教材だ。

英国では幼稚園や小学校にポスター

 他人に見せたり触らせたりしてはいけない「プライベートパーツ」(水着で隠れる部分と口)の大切さを分かりやすく伝える教材で、「PANTS(パンツ)」の「P」は「Privates are private」(パンツの中はきみだけのもの)、「S」は「Speak up someone can help」(声を上げて、必ず誰か助けてくれるから)など、頭文字に込められた意味を子どもたちが繰り返し唱えることで、自然と覚えられるよう工夫されている。英国内では多くの幼稚園や小学校にポスターが張ってあるという。

写真

パンツザウルスのポスター

=パンツの中はきみだけのもの
=いつだってきみの体はきみのもの
=「ノー」は「ノー」 イヤという権利がある
=きみを不安にさせる秘密は誰かに話そう
=声を上げて、必ず誰か助けてくれるから
(遠見さんによる日本語訳)

 この日、園児たちは、男の子と女の子のイラストを見ながらどの部分がプライベートパーツなのかを指し示したり、保育士の手作りした人形劇を見たりもした。人形劇でパンツザウルスが知らない人に「体を見ていい? 触っていい?」「秘密だよ」と声を掛けられる場面になると、子どもたちは声を合わせて「ノー!」。最後はリズミカルな「パンツザウルスの歌」を体を動かしながら歌い、楽しんだ。園長の永井美紀子さん(56)は「パンツザウルスを歌うことで子どもたちに興味が出てきた。子どもを守るために積極的に取り入れていきたい」と話す。

写真

イラストを見ながらプライベートパーツを学ぶ子どもたち

いじっていたら、ポジティブな声掛けを

 遠見さんは大学生のころから、中高生向けに全国で性教育をしてきた。2年前に性暴力被害者らの団体「Spring」が行った英国視察の報告会でパンツザウルスを知り、「こんなふうに明るくポップなアプローチがあってもいいんだ」と感激したという。ミリオングローバルキッズは日ごろから英語で保育しているため、保育士らと一緒に、英語も交えて子どもたちに伝えるプログラムを考えた。

 遠見さんは、保護者に向けて「パンツザウルスは動画を見せるだけでも良く、性教育を始めやすい。親子の間でもプライベートパーツは『大事、大事だからね』と伝えて」と話した。幼い子が性器をいじるのを目撃し、親がびっくりしてしまうこともあるが、「プライベートパーツに好奇心を持つのは当たり前、との共通認識を大人が持つことは大事」と助言。「恥ずかしいからやめなさい」としかるのではなく、「大事、大事だから誰にも見せないよ」とポジティブな声掛けをすると良いという。保護者の六島まり子さん(36)は「子どもが性のことで疑問に感じ聞いてきたとき、恥ずかしがらずに話せるよう勉強したい」と話した。

写真

保護者にも性教育の大切さを伝える遠見さん(右)

 「パンツザウルスを通じて、子どもたちには自分のことも、相手のことも自然に大切にできるようになってほしい」と遠見さん。今後、多くの園で取り入れられるよう日本語訳を作って広げていきたいという。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    性教育って小さな時から年齢に合わせてやっていく方が良いですよね。
    大切なところだって知ったら、護る必要がある事を女の子も男の子も理解できるし、幼稚園などでやってくれると、家庭でもどうやって性教育をしたら良いのか分かって助かりますね。

  • 匿名 より:

    小児性犯罪の撲滅を訴える方がコメント欄に居ます。
    何故話の腰を折るのでしょうか。

    私はこの取り組みを知り、素直に良い取り組みだろうと感じました。
    そこから、日本での展開についてあれこれ下手な考えを巡らせたり。

    全く的外れ。
    犯罪者撲滅について語っています。

  • 匿名 より:

    男の子は全裸で良いけど、女の子はダメみたいな風潮も良くないと思いますよ。あと男でも肌を見せたくない人っています。着替えや扱いを男女同じにする意識が必要です。

  • 匿名 より:

    小学生女児2人がナイフで脅されて手錠をかけられ空き地で性暴力にあう事件が起きましたが、「パンツの中は君のもの」とかいうイギリスの教育が参考になる!とか悠長なこといってるのが不思議で仕方ないです。
    ナイフで脅されたり、無理やり連れ去られたり、治療で必要だといわれたりどうやって防ぐの?

    イギリスも酷い性犯罪がたくさん起きているはず。刑務所が満員とかですぐに出所してしまうとか。しかし一応前科がある者の情報公開はされてる。日本は本当に何もありません。
    韓国では女児が性暴力後に焼き殺されるという事件が起きて、出所後特定の犯罪者にはGPSがつけられるようになったとか。
    日本でも女児が無理やり車に乗せられ殺され乱暴された挙句線路に置かれて事故に見せかけた酷すぎる事件がありましたが、加害者への怒りがその場ではあがってもすぐ消える。もうほとんどの人が忘れてそう!!
    化学的去勢だのGPSだのいえば過激だ人権侵害だといわれ、加害者の情報は守られ好きなところに住み好きな職業につけます。

    もし年齢性別立場を問わず、手足を切り裂く通り魔がしょっちゅう発生してたらもっと取締強化するし、厳罰化してますよね??
    「君の体は君のもの!」「切られたら相談しよう!」教育で済まそうとしませんよね?

    やっぱりかなり甘くみてるのだと思います。そもそも再犯率が高いのに出所している。幼児から加害者はいるのに加害防止教育はない。

  • 匿名 より:

    何が性行為の合意にあたるか紅茶を例に学ぶ、というイギリスの学習方法はいいと思ったけど、「見せてはいけない」だけじゃなく「見たがったり触ったりしてはいけない」とはどこの国も教えないのですかね。性犯罪者は幼児期からの環境が悪いことが多いでしょう。幼児ですでに加害者になることもあり。

    犯罪者がはっきり「見せて」と言ってくるケースなんかあまりないと思う。受診で見せる必要がある場合もあり、基本大人のいうことを聞けと教わるため結局全て断ることはできないし子どもも混乱するでしょう。医療上必要なことだと騙したり、力ずくだったりすることがほとんどでは。親や教師の立場を利用されては逆らえない。

    周りに触ったり見たがる大人がいたらどこに相談したらいいのか、受け皿も必要です。

    教師や保育士、ベビーシッター、施設職員などの犯罪も後をたたず前科があれば児童に関わる仕事につけないようにするとか、そういった仕事をする大人の人権意識を高めるとかしないと、加害者の環境をつくらないようにしないと。
    赤ちゃんや障害者を狙うやつもいるのです。プライベートゾーン教育はあった方がいいけど幼児の自衛で手に負えるものだと思ってるのが疑問。

    そしてプライベートゾーン教育もない時代に被害にあったまま放置されてきた人達へのケアも必須だと思います。

あなたへのおすすめ

PageTopへ