〈23区の新年度予算案から〉品川区 「子育て3つの無償化」4月実施 区立全学校の給食費を無償に

井上靖史 (2023年2月3日付 東京新聞朝刊)
<2023年度予算案> 品川区の森沢恭子区長が昨年の区長選で掲げた「子育て3つの無償化」を4月から実施する。46ある区立全学校の給食費の無償化に13億3000万円を計上。認可保育施設の第2子(ゼロ歳~2歳)保育料を都に先行して無償化、高校生までは誰でも医療費を自己負担なしとするための費用も盛った。

高校生までは医療費の自己負担なし

 森沢区長は「子育て支援の新規事業に32億円を充て、都内トップ水準に拡充した」と強調。さらにゼロ歳児がいる家庭に月1回ほど、見守りを兼ねておむつを宅配する。保育所等の空き定員を使い未就園児を預かる事業の試行も計画。

 新型コロナウイルスについて保健所を中心とする区の業務や記録を整理、検証し報告書にする。400万円を計上した。森沢区長は「関係者への聞き取りもして課題を検証する」と説明した。

 大規模災害への備えを強化する。区の支援物資に加え、都からの支援物資についても輸送路の寸断を念頭にあらかじめ備蓄しておく。民間の倉庫を借りるとともに輸送も担ってもらう取り組みを新たに始める。

 予算規模は過去最大。区民税収入も過去最高で過度な基金の取り崩しなどはないとした。

写真

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2023年2月3日

1

なるほど!

2

グッときた

0

もやもや...

0

もっと
知りたい

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ