THE ALFEE 坂崎幸之助さん エッセイストで自由人の叔父・重盛さんに憧れて「自分も好きなことを」

植木創太 (2022年4月3日付 東京新聞朝刊)
写真

THE ALFEEの坂崎幸之助さん(プロジェクトスリー提供)

家族のこと話そう

たくさんの楽器 親戚が集えば自然に合奏

 東京・墨田にある酒屋の次男として生まれました。父は7人きょうだいの長男。祖父は早くに亡くなっていましたが、祖母と両親、兄、叔父・叔母と大家族で育ちました。

 フルートやクラリネット、木琴、オカリナ、大正琴、ウクレレ、三味線など、家にはいろんな楽器がありました。新年会など他の親戚も来て、みんなが集まると自然と合奏が始まり、どんちゃん騒ぎ。大体、戦時中のヒット曲「鈴懸の径(すずかけのみち)」の繰り返し。使う楽器は和洋折衷で次々とアレンジもされていく。明るく息ぴったりな家族です。

イラスト、ジャズ、詩…自由気ままな叔父

 叔父・叔母の中で最も影響を受けたのが、長く同居した1番年下の叔父、エッセイストの坂崎重盛さんです。12歳差なので叔父というより良い兄貴。お互い末っ子なので気が合いました。昔から服や持ち物のセンスが良くて、自分でデザインしたコートを着ていることもありました。音楽的にはフルートをやっていて、ジャズに造詣が深い。重盛さんの部屋からは、いつもおしゃれな音楽が聞こえてきた。それが格好良くて、憧れでした。

 重盛さんは千葉大に進んで造園を学び、卒業後は横浜市職員になりました。児童公園を一つ造ったそうです。上から3番目の叔父が東大卒で横浜市の水道局長までやった人。その背中を追っての就職だったそうですが、重盛さんはそんなこともお構いなしに、「向いてないな」と言って1年で辞め、イラストレーターで文筆家でもある河原淳さんに弟子入りしました。その後はイラストを描いたり、ジャズの論評をしたり、詩を書いたりと自由気まま。祖母はいつもあきれていましたが、そのアウトローさに「自分もあんなふうに好きなことをやりたい」と思いました。

多趣味になったのも、粋な叔父の影響です

 重盛さんは最近、東京の街並みや飲み歩きに関するエッセーをよく書いています。物書きとしての表現も本当に粋な人。私たちは、よく下町と言われる墨田で育ちましたが、昔、2人で「下町って憧れるよな」と話したことがあります。うまく言えないんですが、重盛さんも私も神田や日本橋が江戸時代からの下町で、墨田はちょっと毛色が違うと思っているんです。だから、もっと知りたい。それが原動力なのかもしれません。

 今も思い出深いのは、重盛さんが就職を機に実家を出て、一人暮らしを始めた横浜の部屋を初めて訪ねた時のこと。当時、私は小学生でしたが、おしゃれな小物やアンティークが部屋のそこら中にあり、センスの良さが際立っていました。和ガラスにカメラに、爬虫類・両生類にと、私が今、多くの趣味を楽しめているのは、あの光景のおかげだと思っています。

坂崎幸之助(さかざき・こうのすけ)

 本名・坂崎幸二。1954年、東京都生まれ。明治学院大在学中の1973年、高見沢俊彦、桜井賢らとロックバンド「THE ALFEE」を結成し、翌年にデビュー。2月に2年8カ月ぶりとなる新アルバム「天地創造」をリリースした。現在、全国を巡るライブツアーを開催している。

69

なるほど!

393

グッときた

0

もやもや...

154

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • 横須賀のくまモン says:

    下町の酒屋さん、賑やかな坂崎家、あの人当たりの良い幸ちゃんのルーツがそこにあったのですね。環境って大事なんだと改めて感じました。いくつになっても人懐っこい幸ちゃんが大好き💕です。まだまだついて行きますよ〜🎵

    横須賀のくまモン 女性 50代
  • yuuko says:

    THE ALFEEのファンです。坂崎さんのファミリーヒストリー的なことが少し知ることが出来ました。
    動画サイトで重盛叔父さまの事は拝見いたしておりました。様々な音楽と多彩な趣味 ご家族が音楽が好き。アルフィーの楽しい空気感はもしかすると坂崎家の影響なのかもしれませんね。和を好み 争いを嫌う。少しだけ私の中のアルフィーの不思議がひも解かれた気がします。
    3人の個性が競い合うのではなく融け合って1つのものを作っていく このパワーが多くの人を引き付ける不思議なパワーの一つが坂崎さん。
    アルフィーは奥が深い!

    yuuko 女性 50代
  • キャプテン says:

    アルフィーの3人、平等に💖。

    キャプテン 女性 50代
  • ランガ says:

    小さい頃の大人の影響ってスゴいですね。私もカッコいい大人になりたいと思って生きてきましたが、なれてないです。坂崎さんのような大人になりたいです。

    ランガ 女性 50代
  • ゆこゆこごー says:

    10代の頃から幸ちゃんの大ファンです。 
    幸ちゃんが影響を受けた叔父様のお話、とても興味深い内容でした。
    素敵な叔父様あっての幸ちゃんなのですね。いつもラジオから聞こえる幸ちゃんの含蓄のあるお話に「なるほど」と納得しました。
    幸ちゃんの優しい話声、歌声を生きがいに、毎日頑張ってます。
    ずっと応援してまーす♪

    ゆこゆこごー 女性 50代
  • なおなお says:

    坂崎さんに重盛さんというおじさんがいらっしゃることは存じ上げていましたが、「児童公園を一つ造った」初耳でした。横浜市在住なので、とても嬉しいです。
    ステキな記事をありがとうございます。
    賑やかなご家族、憧れの多趣味なおじさんがいて羨ましいなぁと思いつつ、人生において誰に出会うかが大きいと、改めて感じました。
    ALFEEの御三方はお互いに出会えて良かった(唯一無二の3人ですよね)、私達ファンもお三方に出逢うことが出来て、本当に幸せです。

    なおなお 女性 50代
  • 匿名 says:

    人は周りにある環境で趣味や思考や色々なもの、人間性も形作られ育っていくんだなと感じました。坂崎さんがなぜ多趣味なのか、なぜあんなに爬虫類などが好きなのか、様々な楽器のこなし方が器用に出来るのか、その背後にあるものが見えたようで嬉しかったです😊🍒

     女性 60代
  • シュウコ says:

    THE ALFEEのファンで、坂崎さんが重盛叔父さまに影響を受けたというお話は、以前記事で読んだことがありました。でも、横浜の独り暮らしのお宅を訪ねて…センスよいアンティークが置かれていて…とここまで詳しいことは知らなかったので、その光景が目に浮かぶようです。多感な坂崎少年はそのようにして、いろいろな事を吸収していったのでしょうね。

    シュウコ 女性 50代
  • とろぷる says:

    幸ちゃんが多趣味であるルーツがわかって嬉しいです。身近に憧れの叔父さんがいて、羨ましいと思いました。ご自身も十分にお好きな事を存分にされていて、憧れの存在です。

    とろぷる 女性 50代

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ