〈えほん〉「ZENOBIA(ゼノビア)」 文・モーテン=デュアー 絵・ラース=ホーネマン 訳・荒木美弥子

長壁綾子 (2019年10月11日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

(長壁綾子撮影)

 海に浮かぶ1隻の船に人が詰め込まれている。シリアの小さな村で暮らしていたアミーナも、戦火を逃れるため、船で国を脱出。だが荒波で船が転覆する。

 ここなら誰にも見つからない。暗い海の中、アミーナは思い出す。お母さんとかくれんぼをして、晩ご飯にブドウの葉で米などを包んだドルマを作った。昔のシリアの勇敢な女王ゼノビアに憧れた。

 デンマークで出版され、日本語出版はクラウドファンディングで実現した。繊細な絵と文章が、紛争の犠牲になった人たちの命の尊さを考えさせる。

 2530円。サウザンブックス社=電話03(6276)6688。

あなたへのおすすめ

PageTopへ