<えほん>「ぼくのしましまテッド」文・テリーサ・ヒーピー 絵・ケイティ・クレミソン 訳・金原瑞人

長壁綾子 (2020年5月8日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

(長壁綾子撮影)

 ぼくの大切な友だち、しましま模様のテディベアの「テッド」。ぼくとテッドは、怪獣と戦ったり、自転車を乗り回したり、スリル満点の冒険を繰り返した。

 そうしているうちに、テッドの耳はちぎれ、手足はもげて、しましま模様は薄れていってしまう。ママがテッドを直してあげようと提案する。だけど、ぼくは、ぼくにぴったりくっついてくる、ぼくのことなら何でも知っている今のテッドが好き。

 著者の幼少期の体験から生まれた物語。時間がたっても変わらない2人の友情に心温まる。1650円。NHK出版=電話0570(000)321。

あなたへのおすすめ

PageTopへ