「子育てすくすくフェス」開催しました ハイハイスペースで親子のびのび トークショーや歌を満喫

今川綾音、奥野斐 (2023年6月5日付 東京新聞朝刊)
blank

多くの親子連れが訪れた「子育てすくすくフェス」の会場=いずれも4日、豊島区の自由学園明日館講堂で(伊藤遼撮影)

 親子向けのイベント「子育てすくすくフェス~ほっとして笑えるひとときを一緒に~」が4日、東京都豊島区の自由学園明日館(みょうにちかん)講堂であり、訪れた180人の親子らがトークショーや歌を楽しみました。

小さい子が途中で動きたくなってもOK 

 出版社の「婦人之友社」と「東京すくすく」が共催しました。会場の講堂は、1927年建築の国の重要文化財。小さい子連れでも気兼ねなく参加できるよう、赤ちゃんと過ごせるハイハイスペースを設置したほか、絵本やおもちゃも準備しました。

写真

思い思いの場所で自由に動きながら子どもたちも楽しんだ「子育てすくすくフェス」

 途中で動きたくなったり泣き出したりした子は、保護者と一緒に遊びながら観覧。年月を経た木の風合いが美しい講堂に、小さい子どもたちのやわらかな声が響きました。

菊池亜希子さん×加瀬健太郎さんトークショー 子育てで大事にしていることは?

写真

スペシャルトークで子育ての経験を話す(右から)写真家の加瀬健太郎さん、俳優の菊池亜希子さん、今川綾音記者(伊藤遼撮影)

 東京都豊島区で4日に開かれた「子育てすくすくフェス」では、「そのままでだいじょうぶ」と題したトークショーにモデル・俳優の菊池亜希子さん(40)と、東京すくすくで「お父ちゃん やってます!」を連載中の写真家・加瀬健太郎さん(49)が登壇。5歳と3歳の子を育てる菊池さんと、2~12歳の男児4人を育てる加瀬さんが、子育ての苦労や工夫、パートナーとの関係づくりで心がけていることなどを語りました。

そのうちなんとかなるだろう♪

 子育て中に大事にしていることとして、加瀬さんは「その瞬間だけを見たら心配になってしまうようなことも多いが、植木等さんの歌の歌詞のように『そのうちなんとかなるだろう』と思うようにしている」。菊池さんは「本や人の子育てが自分の子にも合うとは限らない。子どもをよく見て、日々模索するようにしている」と話しました。

 隣の建物では子ども向けの新聞工作などのワークショップを開き、会場の音声も流しました。1歳と5歳の男の子2人と妻と来場した埼玉県所沢市の高橋佳一(けいいち)さん(36)は「どこに行っても子どもが騒がしくしないか気になってしまうが、今日はみんな同じ状況なので安心して楽しめた。子どもが飽きないようにワークショップがあるのもいいですね」と喜んでいました。

※トークショーの内容や来場者の感想などを後日詳報します。

イベントの様子を詳しく伝える記事を公開しました!

第1部 菊池亜希子さん×加瀬健太郎さんスペシャルトーク「そのままでだいじょうぶ」 

(前編)子育てのイライラにどう向き合う?→こちら 

(後編)子育てのモットーは「日々模索」「そのうちなんとかなるだろう」→こちら 

第2部 大石亜矢子さんの歌とお話 & 第3部 子育てトーク「子育て中でも自分の大切なものを手放さず、そっと握っておいてください」→こちら 

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2023年6月5日

1

なるほど!

2

グッときた

0

もやもや...

6

もっと
知りたい

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ