バス運転士、駅員さん…夏休みに職業体験しませんか 小学生と保護者向けの「京成きっずアカデミー」

井上幸一 (2019年7月8日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
 京成電鉄、京成バスなど、京成グループの各社は、夏休みに小学生と保護者のペアに職業体験をしてもらう企画「京成きっずアカデミー」を東京都内、千葉、茨城県で今年も開催する。
写真

2016年の京成上野駅での仕事体験で、券売機について学ぶ子どもたち(京成電鉄提供)

3年ぶりに改修終えた京成上野駅でも

 さまざまな仕事に親しんでもらい、将来の京成ファンを増やす目的などがあり、2015年から始めた。今回は、過去最多となるグループ14社が、バスやタクシーの営業所、駅、レジャー施設、自動車工場などで、全17のプログラムを用意している。

 改修工事をしていた京成上野駅(台東区)での仕事体験(8月6日)は、2016年以来、3年ぶりに実施。ホームで出発の合図、指さしての軌道確認などを行い、成田空港とを結ぶスカイライナーの車内見学もできるという。

 参加費無料。インターネットの応募フォームから申し込む。応募者多数の場合は抽選。プログラムによって、募集人数、締め切り日は異なる。

 問い合わせは、京成お客様ダイヤル=電話0570(081)160=へ。 

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年7月8日

あなたへのおすすめ

PageTopへ