横浜アンパンマンミュージアムが22日に再開 6月中は平日のみ、入館者を3割に制限

(2020年6月18日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため休館していた横浜アンパンマンこどもミュージアム(横浜市西区)が22日、営業を再開する。6月中は平日のみの営業で、入館には日時指定WEBチケットが必要。
写真

感染防止のため消毒するスタッフ=横浜市西区で(c)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

入館には日時指定WEBチケットが必要

 感染防止のため、入館者数は通常の3割ほどに制限する。アンパンマンの顔が変化する30分のステージや、キャラクターと握手できるキャラクターグリーティングなど一部のイベントは休止を続け、代わりに小規模で短時間のステージの回数を増やして子どもたちがキャラクターに会える機会をつくるという。飲食店の再開は29日の予定。

 4月末に日本テレビの公式YouTubeチャンネルで配信した「アンパンマンたいそう」の動画(営業再開後に削除予定)はこれまで110万回以上視聴され、「毎日踊っています」などの声が届いたという。担当者は「ステージの制限などはあるが、安全に思い切り遊んでもらいたい」と話す。

 WEBチケットは入館希望日の3日前から購入でき、6月19日午前10時に販売開始。問い合わせは、横浜アンパンマンこどもミュージアム=電話045(227)8855=へ。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2020年6月18日

あなたへのおすすめ

PageTopへ