〈中倉彰子さんの子育て日記〉21・大きくなったなあ

(2013年11月15日付 東京新聞朝刊 )
子育て世代がつながる

中倉彰子さんの子育て日記

オシャレ、40分待ち、準備はお菓子だけ

 運動会の振り替え休日を利用して、長女のマイ(8つ)が行きたがっていた東京ディズニーランドに行ってきました。

 6年ぶりです。前回はまだベビーカーに乗っていたな、と思い出しながら入り口のゲートをくぐると、「仮装したい!」とマイ。ミッキーのカチューシャと、ミニー風のワンピースを選んでニコニコでした。

 最初のときオムツをしていた子が、オシャレに気を配るようになるとは…。成長を感じます。

 成長といえば、マイは一緒に行ったお友達と2人で、40分待ちの乗り物を楽しんできました。私が付き添っていなくても大丈夫。こうやって親離れしていくんだな、と感慨もひとしおです。

 後日、今度は次女のマキ(5つ)とサンリオピューロランドに行くことに。内緒にしていたマイのディズニーランドがバレてしまい、マキをなだめるには他に方法がなかったのです。

 以前は電車に乗るとき、おもちゃや絵本を持っていったり、周りに迷惑をかけないように必死でした。でも今回は30分ほどの行程をきちんと座って行けましたね。持ち物も、おむつ、ミルク、着替えなど大荷物だったのに、今ではお菓子の準備くらい。姉ともども、大きくなったなあと感じます。

 でも、まだまだと思うところも。2人ともすぐに「アイス食べたい!」と言うところ。寒さなどお構いなしなので、これからの季節はほどほどにさせなければ。

読み筋通りにいかない

 さて、マキの方はお目当てのシアターに入り、さあ座ろうというときに、「コワイコワイ」と大泣き。結局見ることができず、ママ、ガックリ。せっかく並んだのに~。後で訳を聞くと、以前見た時に魔女が出たから、とのことでした。

 かくいう私はどうだったでしょう。ディズニーランドでは、事前にどのように回るかを考えていたのですが、平日なのに予定の乗り物の予約がいっぱいになるなど、読み筋通りにいきません。

 地図やパレードの時間を見ながら、次の一手を考える私。先、先と読まなくてはいけないのは将棋と同じ。なかなか読み筋通りにいかないのも将棋と同じです。

 すっかり楽しんだ子どもたちが、帰りの電車で爆睡していましたが、ここだけは読み筋通りでした(笑)。(プロ棋士)

あなたへのおすすめ

PageTopへ