4人の母・土屋アンナさんの子育て流儀 「私は子どもはたたきません。マヨネーズ投げちゃったけど」

子育て世代がつながる
写真 たたかない子育てについて語る土屋アンナさん
 東京都江東区で14日に開かれた「たたかない子育て」を考えるシンポジウムには、4人の子を育てている歌手・女優の土屋アンナさんが登壇しました。イラッとしてしまい、マヨネーズを投げ飛ばしてしまったなど等身大のエピソードも交えつつ、「目を見てきちんと話し、教えることが大事だと思う」と語った土屋さん。子どもとの向き合い方について、来場者に呼び掛けた内容を詳報します。

スケボーで壁に穴! ハチャメチャ4人育児

 (子どもが)4人もいるとハチャメチャ。芸能の仕事をしているから、「誰かに手伝ってもらうんでしょ」と思われるかもしれないけれど、家事は全部自分でやっています。ママも大変、パパも大変です。

 今まで子どもたちがやった「悪いこと」といえば、壁にスケートボードで穴をあけていた…。ええっと、逆に笑っちゃった。いたずらから始まる、親が困ることを、子どもはします。長男は中学3年なので、小さいうそはめちゃくちゃついている。でも本当に悪いことってまだしないですね。

写真

「たかかない子育て」の重要性などについて話し合ったシンポジウム

 大変な家事をしてるときにやられると、カッとなっちゃうけれど、でも子どもにしかできない楽しみ方で、日々成長してる。だから、基本、殴るとかしたことはないです。

自分が育った時代に、たたかれて感じたこと

 昭和生まれなので、スポ根、言うことを聞かない子がいたらたたいて教える時代だった。それで傷ついたことはないけれど、あのとき何を感じたかというと、痛みから逃げよう、ということ。(たたかれても)痛い、つらい、悲しいという心境くらいしか生まれない。

 どこからが体罰と言えるのか、という人も多いですが、(虐待事件で)いっぱい子どもたちが死んでしまっている。それについて考えない人も山ほどいる。だから法律で決めて、命を失わせないように日本も動いていかなきゃいけないと思っています。

暴力やモノにあたれば…結局自分のストレス

 子どもが泣いてたり、食事中に「ママ、抱っこ抱っこ」というのが繰り返されると、「あー!!」っとなるじゃないですか。こないだなんて、マヨネーズをぶっとばしました。うんって投げちゃったの。そしたらマヨネーズが出たの。家中、マヨネーズ。それを見て、長男が無言で拭いてた。私は「ああ、モノに当たっちゃったな」って自分を責めるだけ。

 暴力とか、モノに当たるって、最終的には自分のストレスで自分自身を責める結果になっちゃう。子どもはそれを見て、「あ、ママが怖いな」とかって思っちゃうだけなので、良くないなと思いました。

写真

本当にいけないこと、子どもはまだ知らない 

 子どもが約束を守らなかったり、小さいうそをついたりしたとき、ぶったり蹴ったりして「何やってるんだ」と怒るのではなく、きちんと話せばわかるはず。目と目を合わせてきちんと話して。大人は教えることが大事だと思う。

 子どもはまだまだ知らないことばかり、何が本当にやっちゃいけないことかを知らない。「痛い」で教えるのではなく、ちゃんと言葉で教えてあげる。話して分からなければ自分でやってみせることが必要。どの方法が良いかは家庭次第ですよね。

ママ友、無理につくらなきゃいけないですか

 日本のお母さんは他のお母さんを意識しすぎ。他のお母さんにこう思われるかもしれない、だからこういうしつけしなきゃいけない、勉強させなきゃいけない、食べ方をきれいにしなきゃいけないって。でも大事なのは他のお母さんではなくて、私たちが育てている子ども。小さい命を育てるのが義務であって、周りの大人とつるむことが子育てではないと思う。

 近所付き合いとして、「うちの子ちょっと見てて」と言い合える友達をつくるのは大事だと思うけれど、それが負担になって、そのせいで子どもに負担かけちゃってる人が多い。ママ友、無理くりつくらなきゃいけないですか?  いえいえ。いいでしょ。

写真

うちの子が一番じゃなく、よその子も大事

 私はこんな感じなので、「何あの人?」って見られるタイプだと思う。でも全然気にしない。ママ友も全然いない。

 でも子どもには友達がいっぱいいて、よく知らない子がよくうちにいっぱいいる。他の子も自分の子と同じくらい大事だと思っているので、うちに入ったら、自分が守る。名前がわからない子もいるけれど。うちの子が一番、という考えも捨ててほしいなと思う。血がつながってるから子どもを守るんじゃなくて、子どもを守る。

ライオンキングを見て「それだ」と思った

 「ライオンキング」の中で、(主人公の子どものオスライオン)シンバが悪いことをしたときに、お父さんのムサファが「駄目だぞ」と言ったあと、草原をめっちゃ走るシーンがある。悪いことしたからとずっとお仕置きするのではなくて、言葉でちょっと言ったあと、一緒に転げ回って、お父さんの体の大きさに偉大さを感じるシーン。大人たちがこうあればいいし、「ライオンキング」の中では子どもをみんなで育ててる。自分の子じゃない子も。あ、それだって思った。

 お母さんも子どもと一緒に遊びたいと思っています。でも、やることが多くて、朝起きてからもう夕飯のことを考えているじゃないですか。それがストレスになっちゃうんだと思う。子育てが大変というよりも、ルーティンをこなす体力が大変。男性のほうが体力、筋力もあるから、男性が手伝ってお母さんが子どもたちと遊ぶ時間を増やすといいんじゃないかなと思ってます。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    素敵ですね。
    私も昭和の子育ては今思うと戦前の子育てだったように感じます。
    いつの時代が良いのかは分かりませんが、子育ては知らぬ間に脈々と過去を受け継ぐ事が多いと思います。
    親になれる人、向かない人も今の世の中子供を産もう!みたいな話がでますが、虐待で亡くなる命を改めて考えたいものです。
    私は一度親に首を絞められたことがあります。父が浮気してお前なんかいらないと言う理由で😂
    たまたま父が帰り息を吹き返しましたが、それでも親だからと言う理由で60年苦しめられました。
    もう少し色々考えて欲しいものです。

  • 匿名 より:

    周囲や世間の目を気にしてしまう。これって日本の根深いお話しですよね。だって幼稚園保育園のころから、みんな一緒!規律正しく!校則を守れ!決してはみ出すな!って育ってきていますもんね。我が子はいま5歳ですが、そんな文化と子の個性を尊重したい思いとのギャップで日々戦っています。これから小中高とそのギャップは更に広がっていくに違いなく、今から親の私はどうあろうかと考えているところです。そんな私は人間関係に積極的な方ではありません。声をかけられたり、かけたりして食事をしたり出かけたこともありますが、何か違うなと思ったらそれとなくフェイドアウトして、今現在ママ友はゼロ人。園のランチ会(園が全く関与していないもの)も参加を辞めました。親になった、子供いるいないに関わらず成人した大人の役割って、子供を守ることだと、つくづく私も感じます。アンナさんのように他所の子も含めて。なので、ママ友ゼロ、ランチ会欠席、でも園の行事やボランティアは子供達のために参加したり、困った時は手をかすことは出来得る限りですが、惜しまずしたいと思っています。それで良いんじゃないでしょうか。

  • 匿名 より:

    お互いに魂の向上を目指せる友なら、そんな仲間ならいくらでも連んでも良いと思いますが~日本文化の中では難しいでしょうね!
    でも動物が縁で繋がった友は永ーい縁で心地良い関係を築いていけます
    我が家ではわんちゃんですが、わんちゃんからの贈り物🎁なので大切にして生きます👩👨🐶🐶

  • 匿名 より:

    自分の子1番ではなく、子供全てをという考え方、本当に素晴らしいと思います!
    自分の子さえ良ければ、他の子はどうでも良いという考えは、今の買い占めやマスク転売にもつながっているように思います。
    子供は本来みんないい子。周りの環境、大人達を、見て育っていく過程でどのような大人になるのか決まるのではと思います。
    アンナさんのお子さんは本当にお幸せだと思います。将来が楽しみですね。

  • 匿名 より:

    私は自分が今でも反省し、また後悔をしています。私は18歳で長男を生みました。そしてその息子は32歳になり、いまでは2児の父になりました。
    若くして母になった私は、周りから子供が子供産んでる。あんな子供に子育てなんて出来ない、しつけなんて出来るはずないといわれて、絶対にそんなこと言わせないといきごんだことから、息子には特に厳しく育ててしまい、しつけと称して手もあげてしまった。年子で娘がうまれ、けんかやいさかいは年中。その中でも周りから子供が子供うんでといわれたくない、しつけも出来ないなんていわせるものか、と、2人がけんかすると喧嘩両成敗とふたりともベランダに締め出し、謝ったら中にいれるなど、今考えたら本来は言って聞かせるべきことを、体で覚えさせないといけないと自分が親に怒られたときと同じようにすればいいとおもいこみ、怒り飛ばしていました。
    ある時、周りの同級生が華やかにあそんでいるのをみて、私は髪をふりみだし、子育てに追われ、取り残されていく孤独感にとてつもなく涙があふれていたら、いつもは私に怒られるから私の近くにくるのを怖がっていた息子が近づいてきて、私の頭を撫でながら、ママはいい子、大丈夫、大丈夫と・・・。予期せぬ息子の行動にまた嬉し涙がでました。その時に、私はいつも怒ってばかりなのに息子は親を選べない。私でごめんなさいと猛烈に自己嫌悪になりました。
    しかし、年子の子育ては大変で、反省、罪悪感の繰り返し。息子が高校生の時に一度、些細なことから大喧嘩、取っ組み合いの喧嘩になりました。時過ぎて、昔はおかあさんが世の中で一番こわいと思っていたけど、今は俺が勝っちゃうな。でもやっぱり親には手は出せないといわれ、胸にその言葉がささりました。
    その息子が親になり、本当に子育てって大変だな、特に俺達は年子だったから、おかあさん大変だったんだなと今ではわかるよ。と言ってくれました。今、息子が孫に言い聞かせているのをみて、なんで私はそうできなかったんだろう、もう一度やりなおせたら、と思うことがあります。
    私は周りの人のことばかり気にして、本当に大切なのは子供たちということを二の次にしてしまった。改めて、考えさせられました。

  • 匿名 より:

    私は子供がいない47歳です私もアンナさんと同じです。子供もひとりの人間です。叩くより親や周りの大人が本音で子供と目線合わせて話す何度も何度も繰り返し話すちゃんと伝わるまで、勿論理由も教えてあげないと、でも親もイライラすると思う。それは別で発散して、守るべき子供を真剣に楽しく元気に守って欲しいです。お父さんお母さん頑張れ!

  • 匿名 より:

    『男性が手伝ってお母さんが子どもたちと遊ぶ時間を増やすといいんじゃないかなと思ってます。』の一言、それを旦那にわかってほしいのです。自分の録画予約の作業してるときに子どもに遊んでと言われ、ぱぱがいま何してるかわかる?年か、切り返せないのはなにか違う…。子供以上に子供だ。こういうのを見ているのも母親はストレスですね。アンナさん、同時代人として応援してます!私もがんばります!

  • 匿名 より:

    凄く共感しました‼️
    ママ友、必要ないです。でも、子供達には、沢山の仲間がいます。それが凄く嬉しくて、嬉しくて…🌠
    家事、子育て無理に頑張ることないと思いますよね。家族の力を借りればいいと思ってます🎵
    朝、旦那が仕事に行っても寝かせてもらってます。

  • 匿名 より:

    ママ友に気を使いすぎる自分でしたが、だんだん気にしなくなりました。。自分のペースで、子どものペースも守る。する時子育てが楽になり、笑い声も増えました。今いるママ友は、転勤、学校入学卒業、その他で数年後何人近くにいるんでしょうか。。。

  • 匿名 より:

    「他人の目を意識し過ぎ」良くぞ言って頂きました。
    目と目を合わせて、きちんと話して。話せばわかると思います。
    目と目を合わせられない子もいるが、天性の才能を持って生まれて来ている。親の思い通りにしようとしないで。対等な人間として育てて欲しい。男女は、対等。夫婦は同等。

あなたへのおすすめ

PageTopへ