タレント 副島淳さん 顔も知らない父を探したら…あこがれの人が兄だと判明し号泣

熊崎未奈 ( 2023年3月26日付 東京新聞朝刊)
写真

タレント 副島淳さん(浅井慶撮影)

カット・家族のこと話そう

コンプレックスだった肌や髪 

 父はアメリカ人、母は日本人です。父とは会った記憶がなく、顔も知らずに育ちました。母は、物おじしない、どっしりとした人。昔から、お互い干渉しすぎない、ほどよい距離感。ただ、一方的にぶつかった時期もありました。

 小学4年生のときに転校した先で、身体的な外見の違いから、いじめを受けるようになりました。そのときは、母に「父親はどこにいるんだ」「おまえじゃ話にならない」とぶつかりました。自分の中では、母も自分をいじめている子たちと同じ肌の色。敵というか、憎んでいました。

 母は怒るわけでも、寄り添ってくれるわけでもなかった。コンプレックスだった肌の色や髪形について、「いつか役に立つよ。感謝するときが絶対来るから」と言ってました。そんな母を、当時は「全然分かってくれない」と拒絶してました。

 今となっては、この見た目があるからこそ、芸能の仕事に生かせている部分もある。母は将来を予知していたわけではないと思いますが、すごいなと思います。改まって連絡はしないですけど、母の接し方や言葉、そもそも父がいない中でも1人で産んで育てる決心をしてくれたことに、今は感謝しています。

テレビ番組の企画でDNA鑑定

 父との出会いや、どんな人だったかについて、母と話すことはありませんでした。母に気を使っているわけではなく、一緒に暮らしたことがなかったので、感情が父に向くことがなかったですね。

 でも、2020年6月にテレビ番組の企画で、父親を初めて知りました。かつて日本の特撮番組などに出ていた俳優らしく、すでに他界しているということでした。

 調べる段階でつながったのが、バスケットボールの元日本代表選手の高橋マイケルさん。中学からバスケに熱中していた自分にとって、あこがれの選手で、中学時代にはマイケルさんの出場する大きな大会の前座の試合に出たこともあった。そんなマイケルさんが異母兄らしいと分かったんです。びっくりしました。子どもの頃、数年だけ父と暮らしていたそうです。

 正直、その企画は最初、タレントとして番組が盛り上がればいいか、と受けました。でも、実際に番組内でDNA鑑定書の封を開けて、マイケルさんと自分が同じ父親だと確定したときに、号泣してしまったんですよね。自分でも理由は言語化できません。マイケルさんの話を聞いて、自分も父と暮らしてみたかった、遊んでもらいたかったという感情が湧いたんですかね。父を知らないままなら、そういう感情も出ないですけど、知ってしまった以上は人間なので、思い出を作りたかったと思いますね。でも、父は芸能、兄はバスケ。図らずも自分は影響を受けていた。自分のルーツを知ることができて良かったと思っています。

副島淳(そえじま・じゅん)

 1984年、東京都生まれ。高校時代、バスケットボールで全国高校総体に出場。東京成徳大卒業後、俳優、タレントとして活動を始める。2017年からNHK「あさイチ」リポーター。TBS系「ひるおび」、「日立 世界ふしぎ発見!」などテレビ出演や、ラジオ、講演会など幅広く活動している。

647

なるほど!

3213

グッときた

293

もやもや...

1011

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • とんぼのめがね says:

    副島淳さんは素晴らしい方だと思いました。

    私の出身小学校には先輩に日本の方とフランスの方の間にお生まれになった男の方がいて、スポーツが得意でとても素敵な人だなあと思っていました。後で、その方がずっといじめにあっていたということを聞き、すごく悲しくなりました。

    私も子供のときにどういうわけかいじめられることが多く、すごく悩んでいました。大きくなってこうやってお話を伺ったりすると一件良い話みたいに聞こえるけど、日本にあるいじめの風潮はすごく深刻でひどいと思う。それで悩んでいる人は将来を閉ざされるくらい心に傷を受けるし、私の友人は転校の後いじめを受けたことが原因で精神を病んでしまいました。

    絶対に良い話にしていじめをしていた人たち、それを引き起こした状況をしようがないこととして片づけてはいけないと思います。昔に比べていじめが良くなっている様には思えないのです。大人にもあります。

    また、学校もどうなんだろうと思うことがあり、いとこの子供が髪が天然パーマだからとストレートパーマをかけて高校に行っていたのを思い出しました。

    副島淳さんの今後のご活躍とご健康を祈ります!

    とんぼのめがね 女性 50代
  • のんちゃん says:

    番組リアルタイムで見てました。こんな奇跡みたいなこと起こるんだと、私まで感激して見ていたこと覚えています。支えてくれたお母様に感謝ですね。辛かったことも糧になり、今があります。これからも、応援しています

    のんちゃん 女性 50代
  • ユウ says:

    がんばったね‼️
    貴方は、人の痛みが解る素晴らしい人ですよ‼️
    テレビでお顔拝見させて頂く度に、有り難う・・って想っています

    ユウ 女性 60代
  • ロンちゃん says:

    DNA鑑定してルーツが少しでもわかってとても良かったです。焦点がズレるかもしれませんが、ご両親のいろいろなご事情がお有りかと思いますが、親の顔を知らない、また、全く分からなくて悩む記事を目にします。子供の為にも事情を踏まえた上での関わり方、ルーツの伝え方を考えてあげるのが親の義務のように感じます。

    ロンちゃん
  • シズニンファン says:

    仕事中の昼のラジオの水曜日パートナーされていました。
    他の曜日はバリバリの文化人の中で、副島さんはいい意味で一般人。そのほっこりトークが際立っていました。声だけでファンになりました。外見が全く関係ないラジオで心を掴むのはそれだけ中身が素晴らしいということです。
    そのうち、あさイチ火曜日の大きいお兄さんと分かりビックリしました。
    肌の色だけで言うとバリアを感じて距離を置いてしまうかもしれません。僕の持つ肌の色のバリアを完全に打ち破ったのは副島さんです。テレビでもご活躍ですが、もっともっとラジオに出演されて日本全国の人に差別されるような外見なんてないことを知らしめてほしいと思っています。(ちなみにイケボ)

    家庭環境と幼少期についてはこの記事で初めて知りました。よくぞ真っ当に成長してくれたと、ご家族や思春期の親友と呼べる方々にお礼を言いたいです。

    駅前でバッタリ見かけて思わず声をかけてしまいました。快くお話して下さり、ツーショットまでのファンサをしてくれました。大切に保存してます。たくさんのご活躍を願っております。

    シズニンファン 男性 30代
  • 文月 says:

    「家族について…」の連載いつも楽しみにしています。今週はそえじーだ!(副島くん)と楽しい気持ちで朝刊を読み、このことを初めて知りました。そんな大事件があったなんて!
    テレビはほとんど観ないのですが、記事を読み、この番組見てみたかったと思いました。
    お兄さんが憧れの人で…と言うより、そえじーにお兄ちゃんが居て良かった!私まで嬉しい。
    テレビでは大活躍されていますが、舞台もいつか観に行きたいなぁ。

    文月 女性 50代
  • 匿名 says:

    とても面白い記事で、もっと知りたくなりました。

     無回答 20代
  • kiki says:

    私も知り合いに黒人のお父様日本人のお母様の22才位の青年を知ってます。その青年の幼児期から今まで見て来ました。このご両親もまだ青年が幼児期に離婚なさり、お母様独りで育てました。青年が悩んだ時にお母様は日本人と黒人の血が流れて居て羨ましいって話したんです。素晴らしい解決口を見いだして居ました素直で優しい又正義感溢れる青年です。今では、お母様の教育が良かったから、別れたお父様との、交流も有り幸せのようです。テレビで貴方を拝見する度、その青年の事思い出します😃❤️これからもご活躍して黒人と日本人のお子さんが悩まれて居たら?是非相談窓口になって欲しいです🤗❤️

    kiki 女性 無回答
  • みみえ says:

    随分背の高い人が朝イチレギュラーになったなぁ~という印象から、すぐに担当コーナが、毎回楽しみになりました。
    偶然私もその番組を見ました。また高校の後輩であることも知り、身近に感じ応援しています。

    みみえ 女性 50代
  • 匿名 says:

    何だかとても複雑です。子供がいじめを受けているのに話も聞いて貰えない状況って!悲しすぎるし、もしも知りたいと聞きたい年齢ならば教えてあげてもと思うし良く我慢したと思います!弱い子なら死ぬ事も考えたりするのではないかと感じました。良く耐えて明るくコメンテーターになって、良かった。同じ様な子供達に思いを伝えられたら心強いと思います!

     女性 50代
  • 匿名 says:

    画面に映っていると、何か観ちゃいます、そして聞いてしまいます。そして今日初めて書き込みしました。配達して家に着いて、食べかけのお昼ご飯を食べる前に、書き込みしてます。なんかいい感じの人ですよ。

     女性 60代
  • ママランチ says:

    副島さんのあさイチ観ています。とても良いリポートであれ…誰❔と思い観るようになりました。
    この記事心に刺さりました 良かったですネ🍀
    父上と兄までもドラマのような展開ですべてに感謝ですね。これからも画面の外で応援します。

    ママランチ 女性 70代以上
  • 紅牡丹 says:

    その番組観てましたよ!!
    泣けちゃった 感動して。
    副島さんそれ以前は日本語ペラペラな外国有色人種のタレントさん的な、何だか脇役風の軽い扱いだったけれど、父を訪ねて兄を訪ねての一連の続報的番組で人柄が更に分かって、とても良識あるしっかりした芯のある青年だとの認識が世間で広がったと思います。コメンテーターとか司会とか出番増えましたよね。母上と仲良くその距離感で暮らしてくれたらなーって(実はわたしも外国人の夫との間に子供居るので)応援していますよ!

    紅牡丹 女性 60代
  • ルーちゃん says:

    兄弟がいると分かりホントによかったですねー♪

    ルーちゃん 女性
  • マリー says:

    あなたはとても素晴らしいです✨心豊かです✨

    マリー 女性 50代
  • says:

    誰にでも苦しい時が、あるのですね😢
    異母兄弟でも、お兄さんが、高橋マイケルさんとわかった時の、驚きと嬉しい気持ちが伝わってくる感じがします。

    空 女性 50代
  • 悠季子 says:

    この番組見ました。副島くんだーって思って。
    副島くんのことは、東海地方の夕方のチャントという番組に出ていたので知ってました。

    悠季子 女性 50代
  • はるはる says:

    その番組は録画していて、めちゃめちゃ感動しました
    消せずに残しています
    落ち込んだ時などに見ています
    副島さんの事はあれから心の中で応援しています

    はるはる 女性 60代
  • かこう says:

    あさイチで拝見させて頂いてます
    これまで色々あられたと思いますが、これからをどう生きるのかは、貴方次第ですよ。お父様の人生、お母様の人生、お兄様の人生、其々に色んなドラマがあったようにご自身の人生の脚本はまだ序文です。色々あったから、これからが楽しいのではないでしょうか。朝ドラはそんなドラマですよね。色々あった分、存分に人生のドラマをどうか楽しんでください。応援してます。

    かこう 女性 50代
  • 匿名 says:

    私、その番組をリアルタイムでみてました。感動しました。副島さんがたしか泣かれていたように記憶しています。自分の出所がわかってよかったと思ったのを記憶しています。ほんと、感動的だったです。

     女性 60代
  • 匿名 says:

    自分は異母兄弟どころか両親が同じ兄弟がいるので今喧嘩している妹と仲直りしようと思いました。

     男性 40代
  • 匿名 says:

    高橋マイケルの弟なんだ!

  • きち007 says:

    どこかが琴線に触れ涙が溢れてしまいました。

    きち007 男性 70代以上
  • よっこちん says:

    幼少から、心細い環境で色々辛抱して暮らしてきたんだろうなーっと、容易に想像できます。だからこそ人間として立派に成長できたんですね。本当に頑張ってきたんですね。

    よっこちん 女性 60代
  • みちこ says:

    車での通勤時間に淳さんの出るラジオ番組を欠かさず聞いていました。
    ここまで来るのに色々あったであろうと想像できますが、ソレを感じさせない人柄と軽快な口調が大好きです♡ソレはご家族が素敵だからとも伺えます。
    これからの活躍を期待し、またあの笑い声を沢山聞かせてください!!
    背もデカイけど心持ちデカイ人だと思っています。

    みちこ 女性 60代
  • おやじ says:

    子供の頃は辛かったと思います。お母さんはどんとかまえ素晴らしい返答をされましたね。
    お父さんが憧れの人でよかったね。益々ご活躍を

    おやじ 男性 60代
  • しおん says:

    このときの番組みていました。
    なので今コメンテーターとしても活躍している姿を見て がんばっているのが確認できていいです。
    お兄様との関係とかも知りたいので なぜ今になってのこの記事なのかわかりませんがその後もしりたいです。

    しおん その他 無回答

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ