東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

実録・うちの子はこうして「トイレでうんち」に成功しました

写真 元気に外を走り回る息子。この状況で突然立ち止まり『でた…』となるから油断できません

元気に外を走り回る息子。この状況で突然立ち止まり『でた…』となるから油断できません

 新入園のこの時期、「おむつが外れて4月を迎えるつもりだったのに…」と嘆いている方、けっこういるんじゃないでしょうか。私もそうでした。不安ですよね。でも大丈夫。というわけで、東京すくすくの前身である「東京新聞子育て部」facebookページで書いた【初めてトイレで「大」ができた喜び】を再録します。

突然の告白「うんちでてる…」に振り回されっぱなし

 東京新聞子育て部メンバーのパパです。うれしいことがありました。今月4歳になったばかりのわが家の息子(ひとりっ子)が、初めて、トイレで自主的に「大」ができたんです!

 (…食事中の方はここでいったん閉じてください。きたない話が続きます。恐縮ですが、親としてこのうれしさを抑えることはできません!)

 おしっこは3歳半くらいでトイレに移行できたものの、「大」については、いくらトイレに行こうよと誘っても「やだ!」ばっかり。走り回っていたかと思うと突然立ち止まって真顔になり、眉間にしわを寄せて「うんちでてる…」といきみながらつぶやくばかりだったのです。

 その状態で両脇を抱えてトイレに運ぼうとすると、「まだおしりにくっついてるの!」「いまはゆっくり歩くしかできないの!」と謎の理屈で抗議され、トイレに着けば「はやくとって!」「はーやーく!」と迅速な後処理を命じられ…と、つらい日々を過ごしてきました。

 特に外出先では、

①トイレを探す
②個室が空くのを待つ
③靴とズボンを脱がせる
④モノを処理する
⑤おしりをふく
⑥着替えを取り出して履かせる
⑦汚れたパンツ(時にはズボンも)を持ち帰るための袋に入れる
⑧手を洗わせる

―という煩雑な手順のうち、まず①②で苦戦するし、⑤でこちらの手が容赦なく汚れてしまうことも…。

 怒るのは逆効果だとわかっていてもイライラを抑えられず、⑥⑦⑧の動作が荒くなったり、「さっきトイレ行こうって言ったのに。なんで行かなかったの? あのとき行ってれば汚れずに済んだんだよ!」と問い詰めてしまったり。「はーい」という気のない返事を聞いた後で、またプレッシャーを掛けちゃったかな、と自己嫌悪。

 子育ての先輩たちに相談すると、みんな決まって「大丈夫、そのうち絶対できるようになるから」「うちも大変だったけど、突然できるようになったよ」。いつかその日が来るのだろうとは思いつつ、出口のない森に迷い込んだ気分でした。

優しく見守ってくれた先生たち…そしてついに時は来た

 それでも3月ごろから少しずつ、「おしりがむずむずする」という告白が増えてきたんです。トイレに誘っても返事は「やだ!」のままで、やっぱり漏れちゃうけど、これぞ便意の言語化、ひと筋の光。あとはこの感覚を行動につなげられたら…。

 年度が替わり、保育園を卒園して幼稚園に。漏らす日が続いても、先生たちは嫌な顔ひとつせず、「まだ難しいですよね」と優しくケアしてくれました。このひと言は本当にありがたかった。「焦らなくていいんだ」って思えて、北風ではなく太陽のように見守っていこう、と一歩引いたスタンスを取れました。

 彼も楽しく園に通う中で、ちゃんとトイレに行ける友達がいることは刺激になったはず。そして「あまりに激しく汚れてしまったパンツは、園で処分します」というルール、これも効いたようです。漏らしたら、お気に入りのきかんしゃトーマスやプラレール柄のパンツとバイバイすることになるかもしれないわけですから!

 親としては「おしりがむずむずしたら、早めに先生に言おうね」とやんわり声をかけ続けました。そうして1カ月半、ついにこの時が…。「せ、先生が『おしりがむずむずするって言って、トイレで成功しましたよ』って!!」。妻からの一報を受けて、仕事中でしたがテンションはブチ上がり。彼が大好きなマグロとイクラのお寿司をお土産に買って帰宅しました。

 夕食を終え、夫婦でしつこくほめちぎっていたら、「うんちトイレ行く」と耳を疑う発言が! スタスタとトイレに向かい、便座に座ると、難なくポトン。

 「でたよ」

 ほ、本物だ! オーマイガー!!(芸人こがけんさん風)

 「イェーイ!」と派手に喜ぶ両親を見て、彼も「やったー」と満面の笑み。成功を祝して、カレンダーに彼が大好きなマイケル・ジャクソンのシールをペタリ。どうかと思いますがトイレで記念撮影も執り行いました。

 ま、これからもたくさん漏らすでしょう。でもいいんです。一歩前進をはっきりと実感できた。それがこんなにうれしいことだとは。トイレトレーニングにお悩み中のみなさん、焦らずゆっくり歩いていきましょう!

写真 成功記念としてカレンダーに貼ったマイケル・ジャクソンのシール。台湾製。「スリラー」の頃と思われます。

成功記念としてカレンダーに貼ったマイケル・ジャクソンのシール。台湾製。「スリラー」の頃と思われます。

(元記事:東京新聞子育て部 facebookページ 2017年5月26日)

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。