マイノリティーに優しい「ユニバーサルデザインの空想バス」が反響 ぜひあなたもアイデアを!

イラスト ユニバーサルデザインの空想路線バス 車いすや双子ベビーカーの乗車や固定がスムーズに

MIRACLE TWINS 南家真紀子さん発案

 月1回お届けしている「MIRACLE TWINS」。南家真紀子さんが毎回、双子育児のエピソードを絵とコラムで伝えています。

 4月の「ユニバーサルデザインの空想バスを描きました」は、南家さんが「あったらいいな」と考える理想のバスを描いた特別編!迫力たっぷりのバスに細部までアイデアが盛り込まれていて、見飽きません。

 SNSでは「双子ベビーカーだけでなく、いろんな人に使いやすい! これからの時代に絶対必要!」「ローカル鉄道にも欲しい。学生が自分の自転車を積んで通学できる」などと、共感の声があがっています。「台湾で走っているバスはほぼこのデザイン要素を満たしていた」「跳ね上げ式の椅子。ロンドンバスもこのタイプ」など海外での事例を紹介するコメントも。

 中には「めったに乗ってこない車椅子やベビーカーのために座席を減らすのか」という意見もありました。南家さんは「めったに乗ってこないのではなく、乗るのが困難なデザインやバス運行のシステムの構造が、マイノリティーを排除してしまっているのだと思います。見えない=居ない、と思考停止せず、必要な人に届く改善をしたい」と応じていて、大切な視点だと感じました。

 今回の作品は、双子を連れた移動の難しさに対し、南家さんが温めてきた「ポジティブな解決策」です。デザインの力で社会の意識を変えたい、という提案に皆さんの意見も寄せてください。子どもの皆さんもぜひ! 議論が深まり「空想バス」が実際に走る日が待ち遠しいです。

13

なるほど!

19

グッときた

7

もやもや...

6

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • MK says:

    世の中をよくしたいという思いでアイディアを出し、それを公表する。それ自体が素晴らしいことだと思いませんか? そうでなければ世の中、本当に変わりません。当時者がこうやって声をあげるのがすごく大事だと思います。

    私が暮らしているドイツの町ではしょっちゅうバスにベビーカーが乗ってきますよ!

    MK 女性 40代

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ