「14歳と同意の性交で逮捕はおかしい」発言で、性暴力被害者たちが立民に申し入れ 子どもを守る刑法改正を

出田阿生 (2021年6月23日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

立憲民主党の福山幹事長(左)に本多議員発言についての申し入れ書を手渡すフラワーデモのメンバーら=22日、東京・永田町の衆院第2議員会館で

 立憲民主党の本多平直衆院議員が、14歳の子と同意した性交で逮捕されるのはおかしいと発言した問題で、性暴力根絶を求める「フラワーデモ」呼び掛け人や性暴力被害当事者らが22日、同党の福山哲郎幹事長らと面会し再発防止を求め申し入れ書を出した。

「未成年と大人は対等ではない」

 呼び掛け人の作家北原みのりさんらは「本多議員一人の問題ではない」として、刑法の性犯罪規定の改正に、被害者の声を生かすと選挙公約に入れることや、議員らが再発防止の勉強会や被害者の声を聞く機会を持つことなどを要望した。

 教師から性暴力被害を受けた石田郁子さんは「未成年と大人とは対等ではない。子どもを守るための刑法改正実現を」と訴えた。

 この問題では同党のハラスメント防止対策委員会が調査中。福山幹事長は「党の信頼にかかわる問題。被害者の声を聞く機会をつくり生まれ変わるつもりで頑張りたい」と説明した。 

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2021年6月23日

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ