限界だった双子妊娠 伝わらないつらさ〈南家真紀子 MIRACLE TWINS〉

双子育児の漫画 MIRACLE TWINS

作者 南家真紀子

blank

blank

blank

  多胎妊娠は命や発達に関わるリスクが高いため、予定日の2、3カ月前から入院するケースが多いです。

 でも、病院にいる安心感とは裏腹に、自由に動けない環境にストレスを感じ、おなかを支えられないほど衰えていく筋力に不安が募りました。何よりつらかったのは、この特殊な妊娠経過と困難さが、身近な夫にすら伝わりにくいこと。困難なのは産後だけじゃないんです。周囲の方はどうか妊婦と胎児たちに寄り添い、支えてあげてくださいね。

 あの日、片手に2リットルを3本、両手で12リットルの水をぎゅっと握りしめて病室の前に立つ弟の姿を、思い出すと今でも涙が出ます。こんな不出来な姉にもかかわらず、発信したSOSに応えてくれた弟の存在に心から感謝したのでした。

◇紙面に掲載された元の作品

blank

南家真紀子(なんけ・まきこ)

写真 南家真紀子(なんけ・まきこ)さん

 アニメーションアーティスト。三重県出身。武蔵野美術大学卒業後、アニメ制作会社勤務を経てフリーに。NHK・Eテレの子ども向け番組「いないいないばあっ!」のアニメコーナーなどを手掛ける。13歳の双子男児と7歳男児を子育て中。作品や活動は公式サイトで紹介している。

5

なるほど!

46

グッときた

3

もやもや...

6

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • chau says:

    こんにちは。
    記事を拝読しました。
    わかるわかる・・・その辛さ・・・
    私は、7か月で緊急帝王切開し双子を出産しました。
    体への負担は凄くオマケに全身の浮腫みが酷く肺水腫にもなり
    大変でしたよ。
    妊娠出産は、命がけだと身を持って感じました。

    chau 女性 50代

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ