〈坂本美雨さんの子育て日記〉45・こんな私でも…? 娘からの言葉に「それに見合う人間になりたい」と誓った日

(2020年11月20日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

坂本美雨さんの子育て日記

写真

心からホッとする、一緒に眠る瞬間

舞台に出演する日々の中で

 いったいなんのご褒美に、こんな優しさを受けとっているのかと不安になるほど、優しくされることがある。もしかして私、子ども時代にものすごく頑張ったのかもしれない、気づかないうちに。もしそうだとしたら生きてて本当によかったし、今の自分だけではなくて過去もまるごと抱きしめられるようなことってあるのだなとびっくりする。

 今、家の窓辺には赤紫色のダリア、ピンクのミニバラとミントの花が飾られている。今月、私は舞台「星の王子さま-サン=テグジュペリからの手紙」に出演しており、現在は神奈川公演を終え、旅公演が控えている。舞台に携わるのは娘が生まれてからは初めて。育児との両立は体力的にも時間的にも生活が変わったし、きっと娘には我慢をさせていたと思う。ある朝、娘を預けて劇場に向かう時、すこしグズった娘にマネージャーが「お母さんにあげるお花を買いに行こうか」とささやいてくれた。すると、パッと顔が明るくなり、「じゃーねー!」とあっさりお別れをして走って行った。

真っすぐさが教えてくれた

 その日お迎えに行くと、娘は自分で選んでくれたダリアのブーケを渡してくれた。「なんでダリアにしたの?」と聞くと「ママに似合うから」。いつもの、彼女がくれる甘い言葉だったが、その日は初めての衝撃が走った。

 もしかして、こんな私でも、彼女はまだ私を見上げ、憧れてくれているのか…? ダリアがぴったりだと思うくらい、彼女にとってはすてきな存在に見えているのか…。私は自分をそんなふうに考えたことがなかった。もちろん、ママだから、ずっと一緒にいるから刷り込み的に好きでいてくれているとは思っていたけれど、もう少女となった彼女にとって私はそれ以上の、一番近い女性であり、日々見つめ、意識する存在なのだった。

 その時、「それに見合う人間になりたい。真実の姿は晒(さら)しながらも、彼女の憧れとしてふさわしく居続けたい」と恥ずかしながら初めて思った。よく子どもが生まれたばかりの人が「この子に恥じない立派な親になる」と口にするのを、そういうものか、と思いながら心底ピンとはきていなかったが、娘の真っすぐさが胸に刺さり、また教えてくれた。いつもとは違うステージに立つ母親を見て、彼女の中からなにかしてあげたいという気持ちがあふれていた。ママはすてきだよ、と彼女が精いっぱい伝えてくれたダリアを永遠に窓辺に飾っておきたい。 (ミュージシャン)

写真

娘が選んでくれたダリア

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    娘ちゃんの優しい言葉とそれを受け止める美雨さんの心が美しいです♬

  • 匿名 より:

    明日結婚する娘がいます。
    いつも美雨さんのインスタを見てあの頃の娘と一緒だとかこんな風に子供って感じてたんだなとかいろいろ考えさせられています。
    子供って親が思う以上に小さい体でたくさんの事を吸収して感じいろいろ考えているんですね。
    ママに似合うからと選んでくれたダリアはどんな宝石よりも輝いていたんでしょうね。

  • 匿名 より:

    同じ年頃の娘がいます。働く母にとって、一緒にいない時間を申し訳なく思うことは常ですが、いつも自分を見守っている「ママ」が一人の人間として命を燃やす姿、真摯に取り組む姿を見せられるのも、素晴らしいと感じます。ダリア、美しいですね。

  • 匿名 より:

    素敵。
    よく言われるのは、親の子への無償の愛だけど本当は逆だと思う。
    まっすぐに愛情を向けて求めてくれるのは子どもの方だって子育てしてみて気がついた。

  • 匿名 より:

    美雨さんの言葉は、一言々が美しく優しいですね。
    丁寧に暮らす日々から得られる視点、同じように子供を育てる私にとって、とても参考になります。
    娘さんの素直で真っ直ぐな心を、受け止められる美雨さんは素敵なお母さんですね。
    私も、そんなお母さんになりたいです。

  • 匿名 より:

    このお写真はインスタで拝見していましたが、子育て日記を最後まで読んだ後、画面の下から見えてきたダリアを見たとき、涙が出てきました。この素敵なお花を「ママに似合う」と選んだ娘さんの気持ち。それをこんなに真摯に受けている美雨さんの気持ち。ますます大好きなおふたりになりました。

  • 匿名 より:

    美雨さん、神奈川公演を観劇いたしました。本当にすばらしくて、美雨さんの母性あふれる宇宙のような声が無ければあの舞台は完成しないと心から思いました。
    生まれてからずっと、その美しい声を大切に待ち続けてくださって、ありがとう。
    そんな風に思えた舞台でした。

    そして美雨さんがなまこちゃんからもらったダリアも美しいです。
    ほんとうに、美雨さんみたいです。

  • 匿名 より:

    なまこちゃんと坂本美雨さんのよろこび、嘆き、などが、初々しく繊細に描かれていて、こころの微妙な変化も伝えてくれるようだ。60才に近くなったカタマった被害妄想の中高年の私なんかには、ないような優しく、デリケートで、移ろいやすい一喜一憂が、とてもよく書かれていて、読んだものの目を洗うように新鮮な気持ちにしてくれる。美雨さんの目線が母親として、ミュージシャンとして、また、ひとりの女性として、乙女ごころも失わないで、ハツラツと書かれているのが、とてもいい。

  • 匿名 より:

    こんにちは。
    美雨さんのInstagramから飛んでまいりました。
    美雨さんの言葉の選び方や表現の仕方がとても愛おしい。
    娘さんの心の動きや日々の成長を、しなやかに真っ直ぐ受け取る美雨さんの心の柔軟さや純粋さが好きです。
    ママが大好きでママに憧れているなまこちゃんもとても愛しい。
    子育て日記、これからも楽しみにしています。

あなたへのおすすめ

PageTopへ