「大丈夫だよ」思い届け!「先生ラジオ」熊谷のFMで放送中 全市立小中45校がリレーメッセージ

渡部穣 (2020年5月18日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
 埼玉県熊谷市内の市立小中学校の教諭らがラジオ放送を通じ、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため休校が続いている児童・生徒に向けたメッセージを発信する取り組みが、地域コミュニティ放送局「FMクマガヤ」(87.6メガヘルツ)で始まった。教諭らは「安心して学校に戻ってこられるように準備している」などと子どもたちに呼び掛けていた。

休校中で学校に登校できない子どもたちらにラジオを通じてメッセージを送る準備をする石原小の教諭(奥)ら=熊谷市のFMクマガヤで

初日登場の菱沼小教諭「休校は自分磨きのチャンス」

 取り組みは、「みんなに届け! 先生たちからのメッセージ」のタイトルで14日にスタート。FMクマガヤから提案で校長会に諮ったところ、全会一致で「ぜひやりたい」との声が挙がり、実現に至ったという。18日からは月~金曜日、1日に2、3校ずつの教諭らが出演し、29日までに全45校(小学校29、中学校16)がリレー形式でメッセージを送り続ける。

 初日に出演したのは、石原小と妻沼小。教諭らは学校の特徴や自慢を紹介した後、児童・生徒らに励ましの言葉を贈り、校歌を流すなどしていた。石原小6年担任の箱田健一教諭は「再開後の勉強など心配でしょうが、しっかりフォローしていくので大丈夫」などと安心を呼び掛け、妻沼小の5年生担任の塚越康太郎教諭も「休業中は自分を磨くチャンス」などと激励していた。

 登場する学校の順番などは、FMクマガヤのホームページで確認できる。問い合わせは、FMクマガヤ=電話048(501)8639=へ。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2020年5月18日

あなたへのおすすめ

PageTopへ