1人1台タブレット、2割の子どもがトラブル経験 ルールを理解していない保護者・教員も トレンドマイクロ社調査

子育て世代がつながる
タブレット1人1台時代
 GIGAスクール構想で1人1台貸与されたタブレット端末などを手にした子どもの約2割が、アカウント情報の悪用やウイルス感染などのトラブルを経験していることが、保護者と教員を対象にした調査で分かりました。調査を行ったサイバーセキュリティー大手「トレンドマイクロ」(東京都渋谷区)は「子どもが安心・安全に端末を利用する上で、さまざまな課題が見えてきていることがうかがえる」と分析します。

アカウントの悪用、長時間のネット利用…

 調査は6月29、30の両日、民間の調査会社を通じてウェブで行われました。小学1年~中学3年の子どもがいる保護者342人、国公私立小・中学校の教員331人が回答。保護者の69.0%、教員の84.0%が、サイバー犯罪やネット利用などに関するトラブルを心配していました。調査時点で「自分の子ども・勤務校の児童生徒が端末を受け取った」と答えた保護者は141人(41.2%)、教員は234人(70.7%)でした。

 端末を受け取った子どもに起きたトラブルについて、選択肢を挙げて保護者に複数回答で尋ねたところ、78.0%が「特になし」と回答。一方、トラブルで多かったのが、「アカウント情報を盗まれる・悪用される」「ネットの長時間利用による依存や、学業、健康への悪影響」で、それぞれ9.2%。成人向けや暴力、違法行為など、不適切なサイトや動画コンテンツにアクセスした、ネット上で見知らぬ人と出会うトラブルに見舞われたという子どもも。

グラフ 端末を受け取った子どもに起きたトラブル

子どもが被害者にも加害者にもなっている

 教員への同じ質問では、「学習以外の用途での端末利用」(12.8%)、「フィッシング詐欺など不正なサイトへの接続」(12.0%)が上位に。「アカウント情報を盗まれる・悪用される」と、「盗む、悪用する」がいずれも11.1%で、子どもが被害者にも加害者にもなっている状況が分かります。「特になし」との回答は61.5%でした。

 フィルタリングや不適切なコンテンツの視聴制限など、子どもが使う端末の技術的な安全対策について、保護者の58.9%、教員の29.9%が「知らない」と回答。パスワードの取り扱いや端末の使用時間など、利用のルールを理解していない保護者、教員もそれぞれ約4割いました。

トラブルに遭ったら大人を頼るよう教えて

 トレンドマイクロ広報担当の中村江里さんは、「子どもが安全・安心に端末を利用できる環境を、大人が用意することが重要です。子どもとのコミュニケーションを通じて、利用ルールを確認・理解し、トラブルに遭った場合に大人を頼るように教えて」とアドバイスします。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ