江東区のPTA広報紙コンクールで水神小・深川四中が最優秀賞 LINEを駆使して保護者の負担減

小形佳奈 (2022年7月26日付 東京新聞朝刊)
blank

鼓笛隊の企画が高い評価を得た東京都江東区立水神小のPTA広報紙の表紙

 東京都江東区立小中学校のPTA広報紙などを対象としたコンクールで、水神小と深川第四中が最優秀の区長賞に輝いた。一方、新型コロナ下、対面会議の代わりに打ち合わせをSNSで行ったことで「保護者の負担が減った」といった声や、制作により、足が遠のいていた学校との距離感が縮まったとの意見もあった。

QRコード付きの鼓笛隊企画が好評

 小中各PTA連合会が合同で主催。昨年度の広報紙やウェブ上の広報活動が対象で小学校18校、中学校10校から応募があった。各PTA連合会長や区教育委員会関係者らが審査した。

 水神小の広報紙は学校行事や部活動、表紙にもした鼓笛隊の紹介をはじめ、タブレット端末の活用術を校長にインタビューした記事などで構成。審査員からは、それぞれの楽器の音を聞けるQRコードを付けた鼓笛隊の企画が好評だった。

 昨年度PTA広報部の上村麻利子さん(47)は「事前に広報部のLINEグループでアイデアを募り、対面の編集会議で広報紙ページ数と同じ8枚の紙に付せんで貼ってページ建てを決めた。顔を合わせた打ち合わせは、この1回」と話す。何度かあった内容確認もLINEで行ったという。

blank

深川四中のPTA広報紙3月11日号の表紙

校内の感染症対策を養護教諭に取材

 深川四中は「知られざる学校の舞台裏」と題し16ページの大作で挑んだ。校内の感染症対策を養護教諭に、給食献立の裏話を栄養士に取材。「コロナ禍だからこそできたこと」を生徒、教職員、保護者に尋ねたアンケート結果も載せた。連絡調整はLINEを使った。

 深川四中の広報紙は都内の公立中が対象のPTA広報紙コンクールでも最優秀賞を受賞。昨年度PTA広報部長の川村こまゑさん(40)によると、部員には「行く機会が減った学校と距離ができていたが、広報紙がそれを縮める役割を果たせた」との意見もあったという。川村さんは「広報紙は学校、生徒、保護者の架け橋という存在意義が明確になった」と喜んだ。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2022年7月26日

1

なるほど!

0

グッときた

1

もやもや...

1

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • 本部役員 says:

    我々のPTAは去年LINEが2時間ほど目を離したら200件未読、なんてザラでLINEはプライベートでも使うのにPTAでしか使わない方で活動に情熱的な方のおびただしい量の発信で疲弊し、グループウェアに移行しました。
    学校に集まっていた頃と比べれば未読200件の方がいいとかかもしれませんが、晩御飯を家族と食べているときに腕時計がLINEの通知でずっと震えているとかつらかったですね。

    本部役員

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ