PTAのオンライン化、コロナ禍で加速 「しなくてもいい活動」を整理、「今必要な活動」広がる

(2021年3月19日付 東京新聞朝刊に一部加筆)
子育て世代がつながる
考えようPTA
 コロナ禍で、PTA活動も大きな変化を迫られた。実際に顔を合わせる機会が減り、活動を縮小・休止したPTAも多かった。その一方で、ビデオ会議システムなどのオンラインツールを活用し、新たな試みに挑戦する動きも出ている。「してもしなくてもいい活動」が整理され、コロナ前からの課題だった活動の効率化が進むとともに、「今必要だ」と感じる活動に取り組む余裕も生まれている。
図

活動停止の危機、役員の提案で一転 

 この1年、PTA活動は新型コロナウイルスに振り回された。名古屋市立小中学校PTA協議会が昨年10月に行った調査では、回答した306校のPTAのうち、69%が「2020年度に一度も行事・イベントを行っていない」と答えた。

 東京都青梅(おうめ)市の今井小PTA会長の相馬健一さん(41)も「正直、活動が止まると思った」と昨年4月の状況を振り返る。一斉休校が年度をまたいで続き、活動拠点の学校に集まることすらできなかったからだ。

 そんな流れを変えたのはあるPTA役員の提案だった。「オンラインなら会わなくても話し合えますよ。やってみませんか」

「子ども残して会議に行かずに済む」

 役員らはビデオ会議システムの使い方を学び、夏には9人全員でオンライン会議を開けるまでになった。以前は学校に集まって行っていた会議に自宅から参加できるようになり、「食事や風呂、寝かしつけなど一番忙しい時間帯に、子どもを家に残して会議に行かずに済む」と相馬さん。とりわけ未就学児がいるメンバーが参加しやすくなった。

 2月には保護者向けオンラインセミナーも開いた。家族で過ごす時間が増える中、より良い親子関係づくりのヒントを専門家から学ぶというタイムリーな内容。約20人が参加し、「家にいながら話が聞けて有意義だった」などと好評だった。相馬さんは「時間や小さい子がいるなどの制約があった人が参加しやすくなった」と指摘。オンライン化がPTAの裾野を広げていくと感じている。

1回も集まらずにオンライン講座5回 

 東京都世田谷区の東京農業大第一高校・中等部の保護者と教職員がつくる「教育後援会」は2018年度から、委員会ごとの情報発信や、ファイルの共有ができるPTA運営支援ツールを導入。2020年度は一度も集まることなく、5回のオンライン講座を企画し開催した。副会長の福井聖子さん(43)は「コロナ下の生徒の見守り方を学校カウンセラーから聞いたり、子どもと一緒にネットリテラシー(ネットを適切に使いこなす力)について考えたり、今まさに親子に必要なことが学べた」と話す。

写真

PTA運営支援ツールを使うと、連絡が簡単に

効率化で浮いた時間を通学路点検に

 2019年度までに活動のオンライン化を済ませた千葉県松戸市の栗ケ沢小PTA会長の竹内幸枝さん(47)は「2020年度はさらに、惰性で開いてきた定例会議や、慣例で続いていた活動をそぎ落とせた」と話す。

 その代わりに新たな活動が自発的に生まれた。1年生の学年委員は、なかなか交流できない新入生を結ぶオンラインの親子レクリエーションを開催。広報委員は校内に入れない保護者にPTAによる読み聞かせの様子を当日中にLINEで送り、親子の会話のきっかけづくりをした。ICT(情報通信技術)化で紙の資料作りなどの雑務が減った執行部は、人の目が減る中で登校する児童の安全を守ろうと、通学路や公園など学区内の危険箇所を調べて行政や警察とやりとりを重ね、改善につなげた。

 竹内さんは「コロナ禍でオンラインは生活のインフラとなった。ズームやラインは小さい子がいたり、仕事があったりしてもピンポイントで参加できる最強のツール」とする。ただ直接会って話せば解決できることも、オンラインだとスムーズにいかない場合も。「リアルの良さもある。対面、メール、オンラインと、コミュニケーションの選択肢を増やすことが柔軟性を高める」と話す。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    こちら(本部)がいくら頑張って資料を作っても、一般保護者は流し読んでクズカゴに直行。正直、作る必要あるのかと思っていた。

    ある時、4人兄弟のお母さんに言われてハッとしたが、『学校で貰ってくるお手紙を全部持ち歩いて仕事にはいけない。ウェブ化しませんか?』というもの。

    貰う側も、配る側にもメリットがあると思った。現在、ウェブ化に向けて、学校と調整中。この一年、思考停止せずに模索してよかったと思っている。

  • 匿名 より:

    オンライン化すれば良いのか?
    コロナ禍で、保育園の父母会でLINEなどを使い活動しました。
    ですが、対面の必要性もあります。委員になっても活動に参加しない方など、色々な性格の保護者の方がいますので、オンラインで余計に精神的な負担が増えた部分もあります。
    それ以前に、こういった活動にそもそも参加したい人と、興味のない人といるわけです。
    また、この活動には興味あるけど、こっちは興味ないなど。…
    結局 保護者が活動に参加不参加選べるようにする事が大前提で、その上でオンライン化のメリットの話なら理解できます。
    でも、私の住んでいる地域では、東京都ですが、今も任意加入の周知などなく、強制加入ですよ。
    活動内容の見直しなどやっている学校が羨ましいです。

あなたへのおすすめ

PageTopへ