東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

PTAは「人権問題の警報が鳴りっぱなし」 自称”改革の負け組” 川端裕人さんに聞く現在地

(2019年10月11日付 東京新聞朝刊に加筆)

考えようPTA

〈インタビュー編・中〉
 PTA改革に取り組みながら、道半ばで挫折する人も少なくありません。2007年から2年間、東京都内の小学校でPTA副会長を務めた小説家の川端裕人さん(55)も、自ら「負け組」と認める一人です。2008年刊行の著書「PTA再活用論」(中公新書ラクレ)で活動の負担や問題点を訴えた川端さんに、改革に失敗した理由や、当時からの変化とPTA問題の現在地を聞きました。
写真

この10年のPTAの変化について振り返る川端裕人さん

良心を放棄しないとやり過ごせないような現場

 ―改革に失敗したのは、なぜなのでしょうか。

 周囲を納得させられませんでした。「入退会は自由だ」と僕が言っても、役員ですら「聞いたことがない」という人ばかりで、説明しても「そんなはずはない」「そうは言っても現実は違う」と言われるような状況でした。「そんなに不満なら、転校する手もある」という提案も受けました。

 委員のなり手がいなくて強引に決めざるを得ない状況を止めようにも、かつてその「被害」に遭った人たちが今度は「加害」に回ります。人の嫌な面をたくさん見たし、自分自身も嫌な面を見せたと思います。良心を放棄しないとやり過ごせないような現場で、精神的にもつらかったですね。「苦労したけれど、いい経験だった」とポジティブにはとても振り返れません。だから、「負け組」と言っています。PTAで良い体験を一切できなかったという意味で。

写真

川端裕人さんの著書「PTA再活用論」

「入退会自由」整えても、差別や排除は絶えず

 ―この10年で何が変わりましたか。

 一番は、当時は認識すらされていなかった「任意加入」の原則、つまりPTAは入退会が自由だということが広く知られたことです。背景には、途中で挫折した人を含め、各地で上げ続けた声の積み重ねがあると思います。今はPTA役員や校長でこの原則を知らない人は、まずいないんじゃないでしょうか。「入退会自由」とはっきり打ち出し、加入届を整備したところも増え、早期に対応しなければと考えているところも多いでしょう。

 もっとも、知らないわけじゃないけれど、特にそれが問題とは思わない人たちは普通にいると思います。それまで学校にもPTAにもかかわったことがなかった人が、いきなり会長になって、PTAに適応できている役員たちとしか接触がない場合など、「入退会自由と言う人はアンチ(対抗勢力)」のように思うかもしれません。

 そんな場合、「入退会自由」という形だけを整えても、実際の運用は前と変わらないということもあります。それどころか、登校班外しや、PTA主催のイベントに参加できないなど、非加入の子どもへの差別や排除はあちこちから報告されていて、本当にひどい話だと思います。そういう排除の論理に至ってしまう人たちは、その人たち自身、追い込まれてしまっているのかもしれませんが、実は、一番、PTAみたいな団体をやってはいけない人たちです。PTAは加入・非加入を問わず、全ての児童・生徒のための活動をするという、団体の本来の趣旨を理解していないのですから。

写真

非加入を選択した人は、適正化に貢献している

 ―そんな中でも、非加入を選ぶ人が出てきています。

 「やらない」という選択をした人は、流されるままに会員であり続ける多くの人よりも、PTAの適正化に貢献していると思います。非加入や退会を選ぶことで、これまで見えなかった問題を可視化してくれているわけですから。現場に踏みとどまってPTAを改善しようとする人たちと同じくらい僕は尊敬し、感謝しています。両者の問題意識は重なる部分があり、状況が違えば互いの立場は逆かもしれないんですよ。

 ―「改革」の要望にも、いろいろあります。

 今の会長らは非常に厳しい立場に置かれています。任意加入の周知など「まともな運営」が求められる一方、「コミュニティーを活性化するような活動」も同時に求められているわけですから。「PTAが中心になって、保護者や地域の強いつながりをつくる」というような理想を語る人もいます。そういった夢を見ること自体は、僕は否定しません。

 ただ、日本のPTAは、ずっと人権問題の警報が鳴りっぱなしのまま来てしまっているんです。現状では、とにかく、「やりたくない人」「できない人」の緊急避難の道を確保してから、夢を見てくれと言いたいですね。

 その上で、「やりたい人」「できる人」に機会を開くような活動からこそ、力強いコミュニティーができるのではないでしょうか。僕自身、保護者として学校とかかわった十数年のうちで、子どもたちのために現実的に役立つ活動ができたのは、PTAではなく、読み聞かせのグループや、カジュアルな学級単位のLINEグループなどがきっかけになったものでした。特に、学級崩壊、授業困難、担任によるハラスメントの問題に対して、PTAは無力でした。

写真

 いまだに「入退会自由をうたうと担い手がいなくなる」と心配する人がいますが、それでPTAがなくなった報告はありません。むしろ「PTA、強すぎ」という印象です。同調圧力的な要素は相当しぶとく残っています。

 幸い、この10年間、各地でPTA運営の改善の事例が増えてきました。参考にできる経験の積み重ねがあるのは心強いことです。ただ「任意加入の周知」の仕方一つとっても、導入を目指す人同士で踏み出す方向や順番が違うと、互いに批判しあうこともでてきます。進め方に正解はなく、根っこの部分の問題意識を共有して進んでいくことが大事だと思っています。

川端裕人(かわばた・ひろと)

 1964年、兵庫県生まれ、千葉県育ち。2007年から世田谷区立小学校のPTA副会長を2年務めた。都立高校PTAでは広報委員の経験も。小説は、少年の成長を描いた「川の名前」(ハヤカワ文庫JA)、「今ここにいるぼくらは」(集英社文庫)など。

 PTAを巡る議論が活発になっています。さまざまな角度で提言する「論者」のインタビューを3回に分けて伝えます。次回は10月12日の予定です。
 
 
〈インタビュー・下〉はこちら↓

すくすくボイス

あなたの周りでPTAが変わったと感じることや、反対に、「ひどい」と感じることがあれば教えてください。

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    PTAの交通郊外委員を子ども会から選出しています。子ども会から選出なので、PTA役員をやった事にはなりません。また、子ども会に入らないと集団登校できません。退会したら、登校班から外れます。この子ども会は、地域のお祭りのお手伝いは(子ども会の縁日)強制で、法事などの理由があっても、家族間で都合をつけるなりして、不参加はダメです。子ども会に入らない児童は、保護者が毎朝登校に付き添うよう、学校が支持しているところもあります。
    PTA役員になると、仕事をされてる方が多いという理由で、夜7時から9時に子どもを連れて会議に参加しなくてはいけません。祖父母やご主人の協力が得られないと、そうするしかないです。
    PTAって、そこまでして母親が都合つけてやらなければならないものなのでしょうか?昼間仕事して、夜子どもを連れて出たくないし、昼間仕事をしていなくても、この時期帯に出たくないです。みんな都合つけてやっているから、出来ません、出来る事をやるという選択肢がない。親同士で話しても解決出来ない。
    PTAはボランティアなのだから、やらない選択肢が欲しい。退会届けが何故ないのか疑問。具体的に何をやるのかわからない仕事に、立候補できない。ならば、PTA会長は保護者全員に具体的に説明し、入会申仕込み書を作り、入会した保護者は責任持って仕事をするべきで、子どもに不利益が生じるような活動に加担するのはやめて欲しい。子ども会辞めたら登校班から外され、旗当番などもやらなくなったのに、PTA会員でいる意味がわからなくなったから、PTAも退会しようか悩んでいます。PTAイコール子ども会で学校運営されていますから。
    こういった事を学校や教育委員会、文科省や法務局、議員さんにも相談したけど解決出来ない。そもそも学校や行政は社会教育法により子ども会は指導できないといって、問題が起こりお話しても仲介してくれない。神戸の教員いじめ問題ではないが、学校は法介入できないようになっている。一般企業なら罰せられるのに、学校は罰を受けない。個人情報違反をしても教育委員会から注意を受けるだけ。文科省も子どもが死ななければ動かないです。だから、いじめや自殺が起きてから謝罪して終わりなんです。今回、子どもが登校班から外されてから、様々な教育機関に話をして、一番感じた事です。教育委員会の存在意味などわかりません。文科省に電話した時も、PTAが会員と非会員を区別してもやむを得ないし、 差別ではないとおっしゃっていました。
    これが日本の教育現場の実態です。
    ここを何とかしなければ、PTAも差別もなくならないと思います。毎年PTA役員決めで候補者がいないと、決まるまで終われませんと進行役の保護者に言われて、重い雰囲気になるのが本当に苦痛です。こんなPTA.だれもやりたくないですよね?
    本当に必要な活動だけに限定出来ないのでしょうか。墨田区では漢字検定もPTAの仕事、校庭開放は子ども会の仕事。保護者は印鑑持参ですが。これは行政の仕事ではないですか。子どものためと言われて、社会教育団体の意味もわからず役員をやっている保護者が沢山います。そういう保護者、子どものためと言って、騙しているのと同じように思います。

  • 匿名 より:

    時期役員の推薦委員長になりました。転校してきて役員についたこともなく、PTA内情も保護者のお名前もお人柄もわからない中で、時期役員を選出しお願いして回る、かなり疑問に思いながらも受けた役割、子どもの為と思いなんとか勧めています。
    90パーセント以上の保護者がやりたがらないPTA役員…これではいつまでたっても良い運営は出来ない気がします。こんなにやりたくない保護者がいるなら、無くせば良いのに…と、単純に思います

  • 匿名 より:

    PTA主催の行事は加入非加入のお子さんに限らず公平に扱う、ということには違和感を覚えます。
    会費を払わなくても全員がもらえるものはもらえる、となれば、会費を払う人がお金も出し役員会もやり、というのはおかしいです。

  • 匿名 より:

    小学校入学と同時に名簿が自動的にPTAにわたる。なんの説明もない。

  • 匿名 より:

    今、PTA本部役員をしていて、改革を進めています。入会は任意である事、保護者が非会員となっても、子どもには一切の不利益を生じさせないを掲げて今年の4月から活動をしています。現在は活動を見直し、子どものためになる事を残して全保護者に対してボランティアを募ってイベントなどをしています。
    次年度は、各委員会を廃止し、無理せず、出来る人が出来る時に参加するボランティア活動の場に作り変えるべく、邁進しています。改革の為に、今は大変ですが保護者がボランティアしやすい環境こそが、「子どもたちのため」に繋がると考えています。

  • 匿名 より:

    私もPTA 運営委員を3度やりました。給食費集金方法変更提案をしましたが聞いて貰えず(自振だと他校で払わない人がいたという理由)翌春盗難事件で全国ニュースになりました。
    昨年度運動会も変質者が入りニュースになる等、学校HP等の個人写真利用も現在校長、PTA 会長に代わってから事件や非常識と感じる事ばかり。PTAに関する問合せ先は、メールですら皆無です。
    登下校の見守り当番を、当番制→ノルマ制に変更し平日勤務の私は、子供の体調不良でお休みした日についでにやる状態です。訴えても、話し合い等ならず、スルーされます。市の連合会問合せも、全く無回答。毎年30万の予算を一部のPTA 遠足費に利用も止めようと伝えているも、ほぼ無視です。今年度、中学で会長と連絡をとり退会することができましたが、私の希望している『入会届』を、年度始めに提出する事は検討されていない様子です。
    私は小田原市ですが、県内の藤沢市は60%位PTA は解体したようです。そちらの市は、県内TOP校があり、中学受験の家庭も多いですが、小田原市は高校も殆ど市内にいるのが現状で、学力も県内では低い地域です。
    PTA は良い企画ができておらず(会費の公平性が低い)飲み会ベースの方もいる、先生と仲良くする事で優越を感じたいとしか思えません。専業主婦の方が、広い視野を持ち企画する事は難しいと思います。

  • 匿名 より:

    運動会等、教員だけでは賄えない行事の運営を手伝うのは理解できるし協力したいと思う。しかし、PTAバレーボール大会や家庭教育学級等、こどもが直接関わらない行事の準備や手伝いは(親睦を深める為という目的があるとはいえ)自分の仕事や子供との時間を犠牲にしてやる事ではないと思う。
    また、今通う公立の幼稚園では作品乾燥棚や平均台など、園の備品をPTA会費から出しているが、本来市が整備すべきもの。おかしい。

  • 匿名 より:

    親ばかりがPTAに対して異論を唱えていますが、本当に声をあげたいのは先生の方ではないかと思います。子供が属していないのにPTA会費は徴収され、無償で労働。更に自分の子供が通っている学校へもPTA会費支払。ひどい話だと思うけど、訴えてもPTAは会費欲しいから〜とか平気で言う。
    随分、勝手な親が増えたと思う。子供を預けている以上、親は学校に協力する姿勢があっても良いと思う。一つの行事を行うのには、地域の人をはじめ、様々な人の協力がなければ成り立たないのだから。一度、役員をやってみると良い。それが良く分かるから。先生やPTA役員、委員へ感謝もせず、文句ばかり言う親が減ると思う。もちろん、日本語が話せないとか介護とか、其々家庭の事情もあると思うけど。

  • 匿名 より:

    とにかく反対の声をあげ退会者を増やすことです。PTAにどっぷりもたれかかる学校は、言われないと気づかない、困らないと変えない、です

  • 匿名 より:

    私もくじ運が悪くて過去に保体委員長を引き当てひどい目にあったことがあります。とにかく会議等都合が悪くて休むと委員長は責任があると責められ、うんざりしました。
    今子供は6年生ですが中学ではPTA未加入で行こうと思っています。先日中学のPTAからの手紙を子供が持ち帰ってきました。本部役員を決める手紙には「やりたい やっても良い 出来ない 理由」そして推薦したい人がいたら書く項目がありました。推薦をした人の名前は推薦者には教えないと書いてあったのですが、これって人間関係が悪くなる元だとは思いませんか? 知らない誰かに推薦されたら気持ち悪いですよね。私はこの用紙は未提出にする予定です。
    推薦者を書くつもりはありませんが、この用紙を普通に提出したらこのやり方を認めたことになるような気がしたからです。とにかく関わりたくない組織だと思っています。

  • 匿名 より:

    川端さん不幸な人ですね⤵⤵
    もっと学校巻き込まないと、、、Pだけでは、無理!学校も、地域も味方にしないとね

  • 匿名 より:

    PTA改革も働き方改革も皆んな勘違いしてませんか?本当の改革とは皆んなが楽しいと思うPTA、職場の環境作りだと思います。私は7年間、会長、副会長を務めていますが、さほど負担に感じた事はありませんが、負担と感じるのは具体的に何処ですか?
    子供の為なら親として最善を尽くすのは当たり前の事じゃないですか?PTA活動なんて長い人生の中のわずかな時間じゃないですか、親としてもう少し心の余裕を持つ事が大事だと思います。

  • 匿名 より:

    PTA役員が全員就労していて平日の活動、まして夜なんて、とても無理なので、役員会を土曜日にしてほしいと学校に要望をだしたら、「教員も働き方改革で、土曜日は無理です」と、伝えられた。私たちも平日も働いてるけど?そのために休日をしだしてるのに?学校行事参加で、有給ギリギリ、パートタイマーの人は収入は減るはで、生活と子育てに支障がでてるのにPTAのこの逃げ場のなさが何十年と続いた理由。根本的にお母さんたちは子供のために自己犠牲を厭わないものだというのをみんなうっすらわかっていてのこの制度なのだとしか思えない。私たちの子供の価値観、このまま大人になったら、やはり同じ価値観のこどもしか育たない。
    PTAのない学校はありますよ。その代わり、実に先生たちがしっかり学校行事を教員と生徒たちで運営しています。未加入の子供が差別される?子供のためのPTAなのに何千円払わないからサービス受ける資格ないなんて、つまらないこといわないで大きな心で見守るのがPTAのparentの使命だとおもうんだけどな。

  • 匿名 より:

    うちの地域は、いまだに入学と同時に自動(強制)加入です。個人情報保護法も守られておらず、学校からPTAに児童名簿が当然のように流用されていて驚きました。本来、任意加入であることを知らない保護者も多いです。(現会長は熊本裁判を知らなかった)
    一番理解し難いのは、単Pから市P、県Pという上部組織への上納金。多額のお金を使って開催される研究会。「子供のため」と口では綺麗ごとを言いながら、やってることは政治です。本当に子供のためなら、親の(特に母親)負担は軽くすべきなのに。子供の下校時間にかぶる講演会なんてやるべきではない。休日に、自分の夫や子供は家に置いて、顔も名前も知らない他所のパパやママがやってるソフトボールやバレーボールの試合の応援に強制参加させられることのどこが「子供のため」なのか?
    深く関われば関わるほど、疑問と矛盾ばかりが目につきます。今、本部執行部で役職についていますが、任期を終えたら退会を申し出て「PTAはやめられるんだよ」を見せる我が校の第1号になろうと思っています。