東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

PTAは「実は戦前組織の”看板の塗り替え”です」 岩竹美加子さんが指摘する悪弊の背景

(2019年10月8日付 東京新聞朝刊)
考えようPTA
〈インタビュー編・上〉
 PTAを巡る問題を考える時、「戦前の学校にあった組織との連続性に着目する必要がある」と指摘する研究者がいます。フィンランド在住で、PTAの歴史的背景を論じた「PTAという国家装置」(青弓社)の著書がある岩竹美加子さん(63)=ヘルシンキ大非常勤教授。PTA改革に必要な視点を聞きました。
写真

PTA問題について答える若竹美加子さん

「母の会」「大日本連合婦人会」との連続性

 -PTAは戦後に広がった組織。教育の民主化の果実ではないのでしょうか。

 占領期に連合国軍総司令部(GHQ)が主導した組織だと思っている人が多いですが、それは「PTA(父母と先生の会)」という名前だけのこと。むしろ、1920年代から当時の文部省が家庭教育振興のため、各小学校に設置を目指した「母の会」や、30年に同省が創設した「大日本連合婦人会(連婦)」との連続性に着目すべきです。戦後、PTAを組織化できた背景に、戦前に設けられた母の会などの存在があり、「看板の塗り替え」だったことは日本PTA全国協議会も認めています。

写真

岩竹美加子さんの著書「PTAという国家装置」

 -今のPTAに何が引き継がれているのですか。

 母の会も連婦も「母親の奉仕と修養」を名目に、女性を国家総動員体制に組み込むことを狙った団体。町内会に結び付けられ、言われたことに従わせられたり、学校の「下働き」をさせられたり、自分たちに決定権がない今のPTAにつながります。「強制加入」問題や、「あの人は楽をしてずるい」などと足を引っ張り合うPTAの悪弊には歴史的な経緯があるのです。

「共働きが増えて大変」では根本解決できない

 -各地でPTA改革の動きが出てきています。

 PTAは任意の市民組織なので、行政や国の介入は許されない。よって行政や地域の「下請け仕事」をする必要はないんです。「共働きが増えて大変。業務を簡略化しよう」では小手先で根本解決にならないと思います。

写真

 -フィンランドにPTAのような組織はありますか。

 「親達の組織」という保護者組織があります。学習環境の向上のため行政に要求したり、先生と話し合ったりします。やりたいと考える親が集まるだけで加入率は10%程度。すべての学校にあるわけでもない。独立組織で、上部組織や行政の口出しはあり得ませんよ。

今の枠組みでは結局、現状維持…危機感が必要

 -学校と向き合う親の団体は必要です。PTAではダメでしょうか。

 行政の言いなりでなく、ものを言える組織が必要です。学校で起きている課題に対して意見を伝えたり、親が感じる問題を話し合ったりできる団体であればいいですね。その場合、学校単位の団体で十分。地域や全国の上部組織などはいらないと思います。

 -改革のうねりを進めていくためには、何が必要でしょうか。

 解決へ声を上げている全国の人たちがネットワークをつくって取り組むのはその一つではないでしょうか。「子どもを学校に通わせる親が抱える問題」を社会問題として可視化すべきです。100年近く前から続く根が深い問題。今ある枠組みの中での改革では結局、延命や現状維持になってしまう、ぐらいの危機感で議論することが必要だと思います。

岩竹美加子(いわたけ・みかこ) 

 東京都生まれ。息子の小学校でPTA非加入を許されなかった体験などが、PTA問題を論じるきっかけに。ヘルシンキ大教授などを経て、終身の名誉タイトルである同大非常勤教授。著書に「フィンランドの教育はなぜ世界一なのか」など。

 PTAを巡る議論が活発になっています。さまざまな角度で提言する「論者」のインタビューを3回に分けて伝えます。次回は10月11日の予定です。

 
〈インタビュー・中〉はこちら↓
「PTAは人権問題の警報が鳴りっぱなし」 自称”改革の負け組”川端裕人さんに聞く現在地

〈インタビュー・下〉はこちら↓
 

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年10月8日

すくすくボイス

PTAで、学校や地域、行政の「下働き」をさせられていると感じることはありますか?

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    学校の掃除や地域行事への強制参加、市教委主催の講演会への動員など、活動自体に意義を見出せず、会費、労働力や時間を搾取されていると感じます。強制加入や役員強要で保護者同士のトラブルも多く、精神的にも苦痛です。意見を出しても改善されず前年踏襲。仕事にも支障をきたすほど活動も多く、迷惑でしかありません。

  • 匿名 より:

    普段から「PTAはただの学校の下働き、上意下達の組織。自分たちの意見は通らない。」と言ってきました。残念なことにクラスの先生達も意見は通らないようです。旧態依然の教育委員会が色々決めており、科学的に知見の無いことも観念的にダメ、一年生で入学するときの「母親教室(⁈母親対象なの?虐待で殺してしまうのは圧倒的に男親側なのに!それとも母親っていうのは再教育しなきゃならないほどバカばかりと教育委員会のじいさんたち(これは私の偏見かも、しかしOECD加盟国の中で校長経験者は男ばかりは日本)は思っているのか?)」の負担がありました。岩竹先生、よくまとめてくださいました。まさにその通りです。

  • 匿名 より:

    学校に対してはあまりありませんでしたが、行政に関しては、子どものためにという名目で下働き、というより無料奉仕をかなりさせられている、といつも思っていました。地域については、地域の団体が子どもたちのためにイベントなどの奉仕をしてくださるのはありがたかったですが、PTA役員などがそこに組み込まれ、団体の役員等として働かなければならず、我が子に鍵を持たせて会合やイベントに参加するという本末転倒が数え切れないほどありました。
    PTA役員、各種委員から係まで、いろいろやりましたが、思うところはたくさんあります。ただ、PTAは、その本来の目的に沿った活動ができるなら、無くなってほしくないなと思っています。

  • 匿名 より:

    もちろん。あります。PTAだけじゃなくて、育成会、自治会、子ども会も任意だけど強制。行政の下請けです。

  • 匿名 より:

    ある。