双子は「どっちがお兄ちゃん?」とよく聞かれますが…〈南家真紀子 MIRACLE TWINS〉

子育て世代がつながる

MIRACLE TWINS

南家真紀子

 双子には「どちらが兄・姉か」にまつわるさまざまな考え方やルールが昔から存在していて、その慣習に従って双子を区別したり、上下関係をつくろうとしたりしがちです。

 「兄」を探そうとする世の中の風潮は、意図していなくても2人の日常生活に影響します。「兄だから〇〇しなきゃ」というプレッシャーを感じたり、「弟だから〇〇しなくていい」と無関心になったり。「お前が兄だろ、弟だろ」と不毛な争いも発生してしまいます。

 でも、本来彼らには上下も優劣もありませんよね。「きょうだい」という価値観をちょっぴり見直すだけで、子どもたちにはもっといろんな役割を学んだり、相手の立場を理解したりするチャンスが生まれるはずです。リーダー制、おすすめですよ~。

紙面に掲載された元の作品

※毎月第3金曜日掲載

南家真紀子(なんけ・まきこ)

写真 南家真紀子(なんけ・まきこ)さん

 アニメーションアーティスト。三重県出身。武蔵野美術大学卒業後、アニメ制作会社勤務を経てフリーに。NHK・Eテレの子ども向け番組「いないいないばあっ!」のアニメコーナーなどを手掛ける。11歳の双子男児と5歳男児を子育て中。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ