〈奥山佳恵さんの子育て日記〉9・ダウン症の孫を受け入れられなかった義父と、お別れの前に

(2020年2月14日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

奥山佳恵さんの子育て日記

写真

お義父さんの目はどこか、ごめんねと言っていた

「学力がすべて」の家庭環境で育ち…

 義理のお父さんが先日、天国へと旅立ちました。元気に復活したと思っていた直後で、ある程度覚悟はできていたとはいえ、突然の訃報です。


〈前回はこちら〉8・できないことはあっても、「ダメなところ」なんてひとつもない


 お義父(とう)さんは選ぶ服も言葉もいつもオシャレ。若々しく面白く、ダンディーという呼び名がぴったりでした。初めてお会いした時から品のあるジョークに笑わされっぱなし。私は、お義父さんが大好きなんです。

 ですが、ダウン症のある次男のことは受け入れてもらえませんでした。お義父さんが生まれ育った家庭環境は「学力の高さがすべて」。そうではない人の必然性を理解することが難しかったようです。

「なぜ生まれる前に調べなかったの?」

 次男が誕生し、何度か会う機会があっても、次男とお義父さんの間になんとなく距離があるな、とは感じていました。でも去年、ついにお義父さんからハッキリと言われたんです。「どうしておなかの中にいる時に次男のことを調べなかったの?」って。

 親切心で言ってくれた言葉だろうけど、大切に思っているわが子を全否定された。でも、お義父さんがそう思うのも無理はない。だって、次男といっしょにいる時間が少なすぎますもんね。住んでいる場所が遠すぎて会える頻度も少ないから、良さも悪さも含めて次男を丸ごと知る機会がない。そう書いた手紙を送ることにしました。ちょうど、お義父さんのお誕生日だったので、プレゼントに添えて。

私たちの思い、手紙に込めて伝えたら

 「お義父さんは、私たち夫婦のことを『明るくて良かった』と言ってくれるけど、明るく笑っているのは楽しいからだよ。不幸でも苦労をしているわけでも、頑張っているわけでもないので心配しないでね。お義父さんも私たちも子どもたちもみんな、生まれてきて本当によかった、おめでとう!」

 「次男に会うことができたから、出生前診断をしなくてラッキーだったよ」とも明記しました。

 手紙の効果は絶大だった。お義父さんの次男への対応はそれまでと一変し、優しさに満ちた。うちの子、できないことだらけでも、私たち夫婦にとっての宝物なの。別れ際、お義父さんは初めて自分から次男に握手をしてくれました。天国に旅立つギリギリで、間に合ったと思った。

 次男のことをわかってくれてありがとう。やっとちゃんと、次男を見てくれてありがとう!

 冷たくなったお義父さんの頬をなでながら、最後に告げたあいさつは「楽しかったよ、またね」。また次に会えた時に、笑わせてよね! (女優・タレント)

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    素晴らしいお話をありがとうございました。お義父様の無理解にも怒らず、冷静に、愛を持って対応なさったこと、敬服いたします。
    母体の安全以外の理由での堕胎が当然のようになってしまった社会は、いずれ障碍者にも、高齢者にも、難病患者にも冷酷な社会になるでしょう。恐ろしい風潮です。
    命の大切さを伝えて下さってありがとうございました。どうぞこれからもご家族皆様お幸せに。

  • 匿名 より:

    常人にとって実に得難い貴重な体験談を有難うございました。義父様もこの世の最後にご自分の価値判断の基準の脆さに気付かれ最高の旅立ちが出来たことでしょう。過去現在未来に渡り人類が平和に楽しく暮らして行くべき価値基準の置き方を見直すことの大切さを教えていただきました。ありがとうございました。

  • 匿名 より:

    素敵なお話です。ダウン症などの障害を個性と捉えきれない人もまだ多くいますし、そういう方も身近で接していたら考えや気持ちも変わるんですね。伝え方がとても上手だと思います。誰のことも否定せず、自分たちの気持ちを伝えることが大事なんですね。

  • 匿名 より:

    涙が出ました。
    奥山さんのブログやインスタ拝読していますが、奥山さんの書く文章、選ぶ言葉おもしろくて読み入ってしまいます。そして愛に溢れています。
    おもしろくて笑える時もあれば、ハッと大切なことに気付かされる時もあります。そしていつも元気をもらっています。ありがとう!!

  • 匿名 より:

    私は自分の子供と土日過ごすのが重荷に感じる事があります。生まれてきてよかった。と思わせてあげたいけれど、家事や持ち帰った仕事などやる事がたくさん。子供はいつもテレビとゲームが遊び相手。奥山さんと義父様とのやりとり、子供への想い〜あたたかく感じるその反面、私のちっぽけな考えや態度に愕然としました。生まれてきてありがとう、生まれてきてよかったよ。とお互いが思えるには、経済的なゆとりと夫婦間、子供間、相互の信頼関係が必要ではないかと感じます。奥山さんにはあって、私には何が足りていないのかと不安にもなりました。まずは、私の不安をみつめまた次の土日に向かいます。

  • 匿名 より:

    じぃ〜んときました…(>_<)
    我が子は三回目の妊娠で出逢う事が出来たました♫私の義理の祖母が、ダウン症である事を、受け入れてくれませんでした。周りに隠せ、とか等々さみしくなる事ばかり言われました。まさに、亡くなられる少し前に、祖母の家族の不幸があり、その後本人も亡くなられる少し前に、我が子の優しさを感じてくれてからか、全く変わった事を思い出しました。
    近所にも、こういう子だから等、さみしくなる事を言われます。逆に、こういう子かもしれないけど、皆へ優しさという気持ちを芽生えさせる事を気付かせてくれるのに…と思って、我が子へ感謝ばかりです。

  • 匿名 より:

    読んでいて自然に涙が出て来ました。奥山さんのこと、お父様の対応に。
    私は障がいのある人と関わって30年近くなります。ダウン症の方との触れ合いから元気をもらって来ました。
    寿命が短いと言われていた当時から考えると随分変わりました。これからも支援を頑張りたいと思います。

  • 匿名 より:

    人の価値観を変えるのは特に歳を取った男性の方は難しいように感じられます。
    お義父様、本当に素晴らしい方なんだと思います。
    お手紙、書いて、分かってもらえて、本当によかったですね。

  • 匿名 より:

    意味のない命なんてないってことですね。
    そのお手紙はきっと、お父様を救ったのだと思います。

  • 匿名 より:

    間に合って良かったです。涙が止まりません。
    ありがとうございます。

  • 匿名 より:

    すごく、涙が出ました。
    ありがとう

あなたへのおすすめ

PageTopへ