PTAフォーラム~取り戻そう、自分たちの手に~ 5月18日開催 

子育て世代がつながる
 新年度、PTAに対するモヤモヤを抱えていませんか? 子どもを育てている多くの人がかかわることになるPTAですが、変わらない運営方法などに苦しむ人は多いままです。「役員決め、なぜこんなに苦労するの?」「任意加入のはずなのに」「効率的に活動したいけど壁が…」などのテーマで語り合う「PTAフォーラム~取り戻そう、自分たちの手に~」(東京すくすく後援)が5月18日午後2時半から、東京都内で開かれます。まずは、話すことから始めてみませんか。

「PTAフォーラム~取り戻そう、自分たちの手に~」

◇開催日時:2019年5月18日(土)14時半~18時

 第1部 パネルディスカッション  14:30~15:45
 第2部 ワークショップ&質疑「木村先生に聞いてみよう!」 16:00~18:00
 
〈パネリスト〉
 越田 謙治郎(兵庫県川西市長)
  「保護者の負担軽減」をマニフェストに掲げて初当選。目玉政策は、改革を促すための検討会
 福本 靖(神戸市立桃山台中校長)
  全国屈指のPTA改革派校長。本多聞中での体験をまとめた共著書に「PTAのトリセツ~保護者と校長の奮闘記~」
 石原 慎子(東京都世田谷区在住) 
  保護者として10年関わったPTAを今春退会。がんサバイバー。「猫紫紺」の名でブログやツイッターで情報発信を継続

〈「木村先生に聞いてみよう!」〉 
 木村 草太(首都大学東京教授)
  「強制加入は憲法違反」など専門の憲法を武器にブラックPTAを斬る

ワークショップでは、「役員決めの苦労」「任意加入」「PTA改革」など気になるテーマを、小グループに分かれて話します

◇会場:朝日新聞東京本社、本館2階読者ホール(地下鉄大江戸線築地市場駅すぐ上)

◇参加費:2000円

◇申し込みはこちらから

あなたへのおすすめ

PageTopへ