「1人で悩まず電話して!」子育て相談電話「ママパパライン」3月4~9日開設

子育て世代がつながる

 「子どもの発達が心配」「実家に頼れず、夫の帰宅も遅い」「育児に疲れ、わが子がかわいいと思えない」…。こうした親の子育ての悩みや虐待への不安などを電話で聴く「ママパパライン」の全国キャンペーンが4~9日に開設されます。東京都江東区のNPO法人「こうとう親子センター」などが主催。ほかに全国7カ所で同時開催します。

 対象は子育て中の人。相談は匿名ででき、研修を受けた市民ボランティアが応じます。通話料はかかりますが、相談は無料。

 ママパパラインは2002年から実施。最近では、共働きが増える中、家事育児を1人でこなす「ワンオペ」などで母親に負担が集中し、余裕がない状況がうかがえるといいます。相談でも「イライラして怒鳴ってしまう」「つい手が出る」といった虐待への不安の声も目立ちます。

 センターの担当者は「まずは1人で悩まず、気軽に電話してほしい。愚痴をこぼし、苦しい気持ちを吐き出すことで、心の負担が少しでも軽くなったら」と呼び掛けています。

 開設は3月4~9日午後1~4時。電話03(3633)0415。

 キャンペーン終了後も毎月第1・3金曜の同時刻に相談を受け付けています。詳しくはこちら

あなたへのおすすめ

PageTopへ