東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

日本は後進国です… 広げよう「体罰によらない育児」 “たたく、怒鳴る”の悪影響とは?

 日本では子どもへの体罰や暴言を「しつけの一環」として容認する風潮があります。でも、体罰がエスカレートして日常的な虐待につながることも。たたいたり怒鳴ったりすることの悪影響は近年、科学的にも明らかになっていて、国も「体罰によらない子育て」の普及に乗り出しています。

6割が体罰容認、7割が「たたいたことある」

 「もう、ダメって言っているでしょ!」。東京都大田区で2児を育てる主婦(37)は昨年、なかなか寝付いてくれない1歳半の長男へのイライラから、怒鳴り、思わず背中をたたいてしまいました。泣いた長男を見て、すぐに「ごめんね、ごめんね」と声をかけました。「たたくことが自分の感情のはけ口になっている」と自己嫌悪に陥った一方、「強く言わないと子どもは分からないと思った」と振り返ります。

子どものたたく親のイメージ写真

 日本では「しつけのためにたたくのは仕方ない」「体罰は必要悪だ」との考えが根強くあります。公益社団法人「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」が昨年実施したインターネット調査では、成人2万人の約6割が子どものしつけとして体罰を容認。子育て中の親1030人の約7割は、実際に子どもをたたいた経験がありました。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの体罰に関する調査のグラフ

脳を傷つける恐れ…世界では54カ国が「体罰禁止」 

 しかし、福井大の友田明美教授が2009年に発表した研究結果によると、厳しい体罰は子どもの脳の一部を傷つけて、学習への意欲を低下させたり、大人になってから精神疾患を引き起こしたりする恐れがあることが分かっています。脅したり、暴言をあびせたりする心理的な虐待であっても脳が変形するのは同じだといいます。

 世界的には、子どもへの体罰を禁じる法律が整備されつつあり、現在こうした法律がある国は54に上ります。今年9月にはネパールで施行されたばかりです。また、国際組織「子どもに対するあらゆる体罰を終わらせるグローバル・イニシアティブ」によると、少なくとも56カ国が法改正に取り組むことを表明しています。

体罰の法的全面禁止を達成した国の数
 法律ができることで、何が変わるのでしょうか。世界で初めて、子どもへの体罰禁止を法制化したスウェーデン政府の調査では、法施行前の1960年代は体罰を用いる人が9割以上いましたが、2011年には1割以下に減りました。親の虐待で亡くなった0~17歳の子どもも、年15人(1970年)から4人(2010年)に減り、国民の意識に変化が出ていることがうかがえます。

日本でもようやく「愛の鞭ゼロ作戦」 

 日本でも厚生労働省がようやく体罰によらない子育ての普及に力を入れ始めています。2016年に児童福祉法が改正された際に、虐待防止に取り組む市民団体などが働き掛けたことなどで、付帯決議に「体罰によらない子育てを啓発すること」と記され、これをふまえ、リーフレットができました。

写真 厚生労働省研究班が作った「愛の鞭ゼロ作戦」リーフレット

厚生労働省研究班が作った「愛の鞭ゼロ作戦」リーフレット

 厚労省研究班が作ったリーフレット「愛の鞭(ムチ)ゼロ作戦」には、子どもに向き合う際のポイントなどが書かれています。厚労省ホームページから印刷できます。また、厚労省の母子保健情報サイト「健やか親子21」内にも、特設ページがあります。

 「愛の鞭ゼロ作戦」のリーフレット作成に携わった認定NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事の高祖常子(こうそ・ときこ)さんは「年配の人には自分もたたかれて育ったと言う人が多いが、体罰では子どもは怖いから行動をやめるだけで、根本的な解決にならない」と指摘します。突発的な体罰が、日常的な虐待へエスカレートする恐れもあるといいます。高祖さんは「日本でも体罰禁止を法律に明記し、啓発と親への支援を充実させるべきだ」と話しています。

<特集「ストップ 子ども虐待 わたしたちにできること」トップはこちら

すくすくボイス

しつけに体罰は必要だと思いますか?

コメント

  • 匿名 より:

    体罰出来るのは尊敬されお互い信頼できる良い関係だからこそできるもの
    信頼関係も何も無しに、言う事聞かないから殴ったれ、叩いたれとか逆効果だろ
    大人に対する不信感からさらに反抗的になって非行に走るだろうな

  • 匿名 より:

    絶対必要です。子供が悪い事をしたら体罰無くしてどうペナルティを与えたら良いのでしょうか?
    子供が道を踏み外そうどしたら殴ってでも良い方に導くのが大人﹙親﹚の務めではないのではないですか?
    それ前にしつけと虐待の線引きの定義を考えるのもあなた方の仕事だと思うのですが。子供に対してのペナルティが無いような昨今、自分は何をしても許されると思ってる若者が増えているのも考えて下さい。

  • 匿名 より:

    体罰がエスカレートしたものが虐待。体罰容認は子供に言い聞かせて育てられない人の言い訳。体罰は怒りの感情が伴い、歯止めが効かなく、連鎖の危険があります。親の接し方ひとつで、子供は同じ子供かと思われるくらい、聞き分けが良くも悪くもなります。体罰が無く、言い聞かせてた育ててた戦前の日本の教育に戻るべき。戦後の教育から体罰、親子間の殺人が出てきた。現在では、欧米社会の方が体罰の危険を認識しているので、戦前の日本と逆転するのではと危惧してます。
    日本は昔から厳しい教育できたと勘違いしてる人が多いので、体罰容認から抜け出せないのだと思います。日本が評価されてる素晴らしい部分は、戦前の教育によるもの。

  • 匿名 より:

    不要です。
    私は4人子どもがいます。小学生だった落とし物や失くしものが多い上の子には「なんでなくしてしまうのか」ときつく叱って、叩いてしまうことがありました。叱ったり、叩いたりしたのはしつけではなく、ただの私のイライラでした。子どもたちも大きくなり、振り返るとそう思います。恐怖を与えるだけで、何の意味もありませんでした。
     高校、大学では子どもが起こす問題に周りの先生方、友人が対応してくれ、自分がどう行動すればいいのか、学んでいったようです。
     小さい頃の関りは親が中心です。本人が分かるように説明し、解決策を考えていくプロセスを踏まないと、子どもが生きていく上での学びにならないと感じています。
     しつけについて。
     私自身、子どもの行動に不慣れで、どうしたらいいのかわからず、育児本に頼りきりでした。親は当てにしていませんでした。なぜなら、私自身が劣等感のかたまりだったので、私のような子どもにはならないでほしいと願っていたからです。
     子どもだったころ、私の親は私の前で、子ども(私)の至らなさを話して「もう困ってしまう」とこぼしていて。それは一種の謙遜のかたちと今ならわかるのですが、当時は私は「だめな子どもなんだ、頭の悪いから勉強ができないんだ」と劣等感の塊になっていました。
     体罰は論外ですが、「しつけ」という考え方も問題があると思います。子どもは成長過程にある一人の人間として尊重しすべきです。親は公衆のルールや道徳、倫理を話し、一緒に考える姿勢で臨むべきだと思います。また親だけに育児をさせるのではなく、保健師やソーシャルワーカーにもっと関わっていただいて、体罰の怖さや自己肯定感を伸ばす関わり方を親や祖父母など子どもに直接かかわる保護者達に伝えてほしいです。その積み重ねが社会全体で子どもの福祉を考える土台になっていくのではないかと思います。

  • 匿名 より:

    しつけに暴力は全く必要ない。少なくとも自分はしつけのために暴力は絶対に使いたくない。普段はそう思う自分ですら、イライラして2歳の子供に暴言、暴力(近くの壁やテーブルを叩くなど)をしてしまった事があり、思い出すと自分が怖くなる。子供は暴力によって、いけない事と理解するのではなく、親の前では痛い、怖い思いをするからやらないというふうになるのでは。自分も小学生の頃に算数が解けなくて、父親に定規で叩かれたが、頭が萎縮して間違う事が怖くなってしまった記憶がある。

  • 匿名 より:

    体罰の程度による気がします。殴る蹴るは暴力です。閉め出しも駄目です。なぜ怒るのか、なぜ駄目なのか、ちゃんと子供と向き合って、理解させる努力をする。キチンと教育しないのは体罰より悪いと思う。褒める育児、怒らない育児も勘違いしてる人が多過ぎです。キチンとルールを守った上でなら良いと思いますが、公共のルールも守れない大人がその育児をするのは迷惑です。自分の子供の行動に責任を持たない親が多くて迷惑です。大人は子供の鑑です。自分が出来ていない事を、教育出来る訳ないと思います。子供は純粋な一個人であって、親の所有物ではありません。何故言う事を聞いて貰えないか、親が自分の中の原因を探るべきです。その上で痛みで抑える事は必要だと思います。

  • 匿名 より:

    自分が叱られ叩かれたことがなぜなのかわからないという人は叱られてすぐに自分で考えなかったからだと思います。なぜ叩かれるまで叱られたのか、自分なりの反芻がなかったから覚えていないだけでしょう。私の経験では叩かれた理由は鮮明とまではいかなくとも、覚えています。だから私はしっかり考えることを子供に伝え、忘れさせないために痛みとともに刻むつもりで叱ります。
    これは毎度叩くわけではなく、同じことを繰り返す度合いで、罰の程度を決めます。どんなに綺麗事を並べようとも、叱った時のその子に対する対処は[罰]です。私も自覚していますし、本人にも納得させます。初めは恐怖でも仕方ないと思います。あとは本人が後になって、[なぜ]ということをしっかりと考えるきっかけにして欲しいと願うばかりです。ちなみに私と子供達の関係は今のところ良好に見えます。私が子供達に考えることを意識させているせいか、世の中の不思議をよく尋ねられます。そういった時は答えを教えることもあれば、ともに考えることもしていますし、ともに想像の世界に耽ったりもします。これが根拠です。体罰も刑罰も制約も私にはあまり差がありません。程度の違いしかないと思います。体罰を否定するなら刑罰も制約も私にとっては否定することになります。そんな世界でどうして節度や倫理観が生まれるのでしょうか。

  • 匿名 より:

    私は34歳で二児の母です。体罰を受け育ちました。
    私は体罰反対です。
    体罰が体罰を生む…??人それぞれです。
    上の子には絶対手をあげないと誓い、10才まで自分がされていたことはしませんでした。今では冗談半分におしりをペンっとして早くやりなさいよ程度です。

    当時体罰を受け思っていたこと。それは、小さいうちは痛い恐いです。それが思春期の頃にはいってぇな!!くそっ!!と怒りでいっぱいでした。
    なので、小さいうちは体罰でどうにかできても、大きくなるにつれ体罰では対処できなくなります。

    体罰でしつけるのは一時しのぎです。

  • 匿名 より:

    必要だとは思いません。
    私は今21歳ですが小学生の頃から高校生まで親から成績のことや日々の態度でビンタをされたり頭を叩かれたり蹴られたりしていました。
    弟は父親に叩かれることが怖くて小学生の頃、父親が帰宅した音が聞こえると吐くようになりました。
    父親は普段は優しいけど、不機嫌になることも多かったです。でも、暴力のほとんどは躾のためと思っていたでしょう。うちの家庭では、暴力大丈夫です、と学校にも伝えていました。
    そんな両親が嫌いでした。弟は男の子だったから特に辛く当たられていたと思います。思い出すだけで泣くほど、今でも辛いです。
    親の口癖は「言葉でわからないなら動物と同じだから」でした。今でも許せません。でも辛かった思いを伝えることも出来ず表面上は仲良くしていて辛いです。言葉で伝えることを諦めないで欲しかったと思います。

  • 匿名 より:

    場合により必要悪ではないでしょうか。
    現在三十代後半の私が子供だった頃、周りには叱らない育児、褒めて伸ばす育児で育てられている子供がいましたが彼女たちがどういう大人になったかと云えばパラサイトシングルがその大多数です。義務教育の間、大半の子供たちは微温湯の中にいるように親から社会からの庇護下にありますが、それは人生のほんの束の間のことです。言い訳をして入れてくれる学校も会社も中産階級には普通ありません。大半の人間は元来楽な方に流れる生き物です。幼少の頃に良い生活習慣を身につけるためには私は言っても改善されない場合や嘘、言い訳をした際には手をあげることもあります。今この世の中で親が叱らなくて誰が叱るのか、子供に対する責任は誰にあるのかを考えたら無責任な他人の綺麗事には私は迎合できません。

  • 匿名 より:

    体罰を受けて育った子供は大人になった時、3つのタイプの大人になるね
    体罰しても良いんだ・正しいんだと思いこみ体罰を正当化して、子供の頃から体罰されて育ったんだと子供に体罰をするようになる
    2つ目は大人になっても子供の頃に体罰されたトラウマを引きずり精神疾患を持っているか
    3つ目は攻撃的な性格の人間になるか
    20世紀最大の独裁者のヒトラーやスターリンは幼少期に親から体罰と言う名の虐待をされて育っていった為、心が歪んで、人々を弾圧・殺害するような冷酷で残忍な性格の人間となったとされる
    刑務所に服役してる受刑者にも幼少期に体罰(虐待)されて育った人も多いから有り得る

  • 匿名 より:

    日本人は、表向き暴力を否定しつつも、過去に受けた体罰を美化し、「体罰は必要悪」だと思い込んでいる人が非常に多いです。
    結果、体罰(暴力)というものに反発心も、嫌悪感も、強く感じる事なく、寛容になり、しつけだ、教育的指導だ、等と正当性を今も主張し続けるばかりで、体罰をせずに教育をする方法を、教育者以外の大人達は考える事を避けているように感じます。
    また体罰を受けてきた世代による体罰容認論は、過去の暴力に今も尚、支配されている証拠と言えると思います。
    これでは「体罰は必要悪」とする大人が多くを占める今の日本では、学校でも家庭でもスポーツでも体罰をなくす事は至難の業です。

  • 匿名 より:

    私だって体罰などしたいわけではありません。
    我が家の5歳児、なぜいけないのかきちんと何度も説明するも、そんな事情はお構い無し(本人の為なのに、です)、ただ、今やりたいから!と聞く耳は持たず、何度も同じことを繰り返しやるような時、最終的には私の余裕もなくなる所為もあるとは思いますが、体罰をして止める方法をとることがあります。この他にダメと思い知らせ、やめさせる方法がわかりません。 子供になぜダメなのか、話すときも親として上から目線などではなく、できるだけ子供の気持ちに寄り添って話をしているのですが。。。
    悪影響と知っても、他にどうしたらいいのでしょうか。。今後どうして対応したらいいかとても悩みます、

  • 匿名 より:

    子供に体罰する親は基本的に指導力の低い毒親が多い。子供の気持ちとか考えていない。子供が親や大人の言う事聞かないのも子供ならではの理由があるはず。それに気づいて、なぜ言う事を聞かないのか?というのを大人目線の上から目線の命令口調で叱るのではなく、子供と同じ目線でちゃんと子供の言いたい事をちゃんと聞いて、子供に合わせた対応をするのが良いかと。

  • 匿名 より:

    子育てをしていく上で、子供がいうことを聞かないなどの事態になってくると解決策がなく、体罰をしてしまう人がいると考えるとなかなか難しいですね。しかし、子供にとってはたたかれても痛い、傷つくだけなので本当に子供をしつけたいのなら、ほかの方法を考える必要性があるように感じます。

  • 匿名 より:

    日本の体罰文化は戦時中の軍隊訓練が起源 。戦時中の日本は軍国主義だったが、当時の旧日本軍の兵士の訓練では精神論によるビンタされるなどの体罰が当たり前の様に行われていた。学校現場での「教育的体罰」も軍国主義の時代に根付いた。戦後、軍隊を経験した元軍人の方が学窓に復学し、教育現場での指導の際、軍隊時代の鉄拳制裁による体罰を持ち込み、以降、体罰は一定の教育効果があると支持されるようになり、今日まで続いている。

  • 匿名 より:

    9.9割は必要ない。残り0.1には体罰も必要。本気で悪さしたとき、相手の命を脅かす怪我をさせるなど、反省もなく理解した上で遊びの延長とふざけている子に言葉が届くとは思っていない。
    小学校四年、五年くらいが1番難しいのではないかと。言い訳することも、話しを理解した上で聞かないということにもできるような能力も、知恵の一つとして育ちますので。

  • 匿名 より:

    発達障害などの障害がある子供もいるから、そういう障害がある子供に体罰やっても無駄で、2次障害となって、精神的な障害を引き起こし、深刻な不登校や引きこもりになってしまう。
    無知と無理解で力支配による根性論と精神主義による間違った教育指導で子供に接するのは良くない。
    戸塚ヨットスクールの行き過ぎた暴力による体罰行為見てるとそう思う。

  • 匿名 より:

    ただ、はたくだけではダメでしょ
    叩いた後、子供が落ち着いてからどうしてあんなに怒ったか等を伝えなければ
    子供が命に関わる危険を起こした時は
    時には必要だと思います
    体罰といっても、手をはたくだとかで、大人の力で殴る蹴るは体罰ではなく暴力でしょう

  • 匿名 より:

    必要だと考えてる人は絶対体罰を受けたことがないか、軽く済んだだけ。
    体罰を受けると怖いという記憶しか残らず、早く過ぎて欲しいとひたすらわからないのにわかった振りをしてやり過ごし、結局何で怒られたのか頭に入っていないということがよくあります。自分がそうです。もちろんこれは虐待の経験ではなく、体罰の経験です。賢い親は何故怒っているのか詳しく説明しますし絶対に体罰なんてしません。

  • 匿名 より:

    必要。ただし、最終手段。「本当に怒らせると怖い」と認識させるのに必要。

    日常は言って聞かせるべき。これは、それが出来ない未熟な親の為のフールプルーフ。

  • 匿名 より:

    子供の頃よく親に叩かれたが、何で怒られたのか覚えてない。ただ叩かれた、辛かった、怖かったという記憶しかなく、暴力では根本的に何も伝わらないし教育に必要ないと思う。