東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

「体罰は法律で禁止しよう」専門家がネット署名開始 虐待死なくすため、”しつけ”でも容認できない!

 父親から暴力を受けていた千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さんが亡くなった事件。父親が「しつけだった」と話していることを受け、子どもへの体罰や暴力を法で禁止するよう求める機運が高まっています。虐待防止の専門家らは今月3日から署名サイト「change.org」で法整備を求める署名を開始。8日現在、1万7000人以上の賛同が集まっています。今月中旬をめどに集計し、内閣府や厚生労働省、文部科学省などの関係省庁や国会議員に提出する予定です。

体罰容認がエスカレートし、命を奪う

 昨年、東京都目黒区で5歳の船戸結愛ちゃんが父親からの虐待を受け亡くなった事件でも、逮捕された父親は「しつけのためだった」と供述しています。署名の発起人の1人で、認定NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事の高祖常子(こうそ・ときこ)さんは「しつけのためという理由で、体罰が容認されているからこそ、エスカレートし、子どもの命を奪ってしまうケースが後を絶たない」と指摘。「『しつけのつもりだった』と、親が体罰を行い、子どもが虐待死するような状況をなくしたい」と話しています。

写真 野田市が公表した心愛さんが書いたいじめに関するアンケート。余白には担任の書き込みがあった

野田市が公表した、心愛さんが書いたいじめに関するアンケート。余白には担任の書き込みがあった

 体罰を禁じる法律は、現在54カ国にあり、さらに50カ国以上が体罰禁止に向けた法改正の準備を進めています。国連子どもの権利委員会も今月7日、日本政府に対策の強化を求めました。

54カ国で法制化 社会の意識が変わる

 日本では依然、体罰を容認する親も多く、家庭でのしつけや教育に関して法律で規定することへの反発もあります。また、「親がすぐに逮捕されるのでは」との懸念も聞かれます。しかし、高祖さんは「法律の目的は親への啓発や意識改革だけではありません。法ができることで社会の意識が変わり、育児に困難を抱える親への支援を手厚くする基盤もできるのです。実際の体罰も減ることが諸外国の例でも明らかです」と説明しています。

 署名賛同者からは「自分も子どもに手を上げていたが、法整備の必要性が分かった」というコメントも届いています。高祖さんは「子どもの虐待死をなくすにはどうしたらいいか、署名を通じて考えてもらえたら」と呼びかけています。

 ネット署名はこちら→「虐待死をなくしたい!子どもへの体罰・暴力の法的禁止を求めます!」

<特集「ストップ 子ども虐待 わたしたちにできること」トップはこちら

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

コメント

  • 匿名 より:

    「救える命は必ず守る」それが当たり前の世の中でなくてはいけない。

  • 匿名 より:

    体罰禁止に向けての法整備に賛成です。また急務だと思います。
    現状は、専門家等がどんなに「しつけ・教育に体罰は不要」と、意識改革を進めようとしても、自身が体罰を受けた経験があるなど、黙認されていた時代を知る大人達は、聞く耳を持ちません。また、そんな時代に郷愁を覚え、体罰根絶の声を嘆いている感さえあります。
    人を支配しようと思った場合、暴力は絶大な効果を発揮します。時間も知恵もかけずに、手っ取り早く、相手を自分の思う様に、出来てしまうのです。そこに中毒性があるのかもしれません。でもそれはとても怖い事です。
    基本、体罰(暴力)は躾ではなく、人を支配しようとする行為です。それを、やめさせる、減らす為には法律で規制するしか、道はないと思います。