東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

「体罰は法律で禁止しよう」専門家がネット署名開始 虐待死なくすため、”しつけ”でも容認できない!

 父親から暴力を受けていた千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さんが亡くなった事件。父親が「しつけだった」と話していることを受け、子どもへの体罰や暴力を法で禁止するよう求める機運が高まっています。虐待防止の専門家らは今月3日から署名サイト「change.org」で法整備を求める署名を開始。8日現在、1万7000人以上の賛同が集まっています。今月中旬をめどに集計し、内閣府や厚生労働省、文部科学省などの関係省庁や国会議員に提出する予定です。

体罰容認がエスカレートし、命を奪う

 昨年、東京都目黒区で5歳の船戸結愛ちゃんが父親からの虐待を受け亡くなった事件でも、逮捕された父親は「しつけのためだった」と供述しています。署名の発起人の1人で、認定NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事の高祖常子(こうそ・ときこ)さんは「しつけのためという理由で、体罰が容認されているからこそ、エスカレートし、子どもの命を奪ってしまうケースが後を絶たない」と指摘。「『しつけのつもりだった』と、親が体罰を行い、子どもが虐待死するような状況をなくしたい」と話しています。

写真 野田市が公表した心愛さんが書いたいじめに関するアンケート。余白には担任の書き込みがあった

野田市が公表した、心愛さんが書いたいじめに関するアンケート。余白には担任の書き込みがあった

 体罰を禁じる法律は、現在54カ国にあり、さらに50カ国以上が体罰禁止に向けた法改正の準備を進めています。国連子どもの権利委員会も今月7日、日本政府に対策の強化を求めました。

54カ国で法制化 社会の意識が変わる

 日本では依然、体罰を容認する親も多く、家庭でのしつけや教育に関して法律で規定することへの反発もあります。また、「親がすぐに逮捕されるのでは」との懸念も聞かれます。しかし、高祖さんは「法律の目的は親への啓発や意識改革だけではありません。法ができることで社会の意識が変わり、育児に困難を抱える親への支援を手厚くする基盤もできるのです。実際の体罰も減ることが諸外国の例でも明らかです」と説明しています。

 署名賛同者からは「自分も子どもに手を上げていたが、法整備の必要性が分かった」というコメントも届いています。高祖さんは「子どもの虐待死をなくすにはどうしたらいいか、署名を通じて考えてもらえたら」と呼びかけています。

 ネット署名はこちら→「虐待死をなくしたい!子どもへの体罰・暴力の法的禁止を求めます!」

 【2019年2月25日 追記】署名は継続中ですが、2月22日に約2万1000筆を自民党「虐待等に関する特命委員会」、厚生労働省、公明党「児童虐待防止・社会的養護検討PT」「厚生労働部会」「文部科学部会」に提出しました。また、2月12日には約1万6000筆を自民党「児童の養護と未来を考える議員連盟」、超党派議員による「児童虐待から子どもを守る議員の会」にも出しています。

<特集「ストップ 子ども虐待 わたしたちにできること」トップはこちら

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

コメント

  • 匿名 より:

    すぐ海外の真似事をする日本の姿勢は嫌いです。外国の事ばかりでなく、日本人の性質や伝統もしっかり吟味して決めていってほしいです。

  • 匿名 より:

    私は時には叩くことも大切だと思います。叩かない子育て、それで将来どんな大人になるのか想像するだけでも怖いですし、犯罪件数なども増えると思います。
    昔は子供が悪さや言うことを聞かないなどいったら木に縛り付けていても近所は何も言わなかった時代だったと聞いていました。
    口だけで怒って学ぶのか、そしてきちんと理解できるのか?叩かない子育てで近年多い虐待死事件問題が減るとも無くなるとも思えませんけどね。そんな事をするから子育てしにくい世の中になるということも考えて欲しいです。守るためと思ってるんでしょうが、そんな法律よりももっと虐待死事件を起こすような親の罰を重くするような法を考えた方が余程世の中のためとなると思いました。

  • 匿名 より:

    痛みを知らない子は平気で人を傷つける、とは限らないのではないか。それは、親に虐待された子供が大人になって自分の子供ができた時、自分がされてきたように虐待をしてしまう例もあるからだ。人の痛みを知るために、その子に痛みを与えるのもどうかと思う。

  • 匿名 より:

    時には躾として手をあげる事は必要な時があります。痛みを知らない子は、平気で人を傷つけます。ちょっとしたことで、今度は法律をいいことにそれを取り上げた問題も増えるでしょう。
    手が当たった、叩かれた、虐待だ。なり兼ねないですね。
    そして、子育てに悩む親。悪戦苦闘して、悪いことをする子をどうにかして改善させようとする親の方も少なくないはず。本当、子供なんか産まなきゃよかったと思う親が増えそうで心苦しいですね。

  • 匿名 より:

    怒鳴るも虐待になると、元々声の大きい人間はどうなるのかしら?「〜しちゃダメ」よと大きい声で注意しただけでも虐待になるの?
    ちょっとしたことでも虐待になって罰せられたら、子供を産みたい意欲の人がいなくなってさらに少子化進みますね(笑)私は将来結婚して子供欲しいのに、子供産んだらこの法律で罰せられるから子供産むなと家族に言われたんですけど・・・。
    こんな法律より、子供に障害又は、殺害した親を死刑にするなど罪を重くすれば良いと思います。昔は家族を殺したら死刑という刑法があったそうですよ。その法律を復活させたら良いと思いますが。

  • 匿名 より:

    行き過ぎの躾には問題はあるが、手を挙げてはいけないには反対です。今取り上げられているのは、虐待で被害を受けている子供達ですが、少年犯罪を見ても人を殴り殺す、刺し殺す等の犯罪が増えている。それは、人の痛みを知らないからでは無いでしょうか。子供の時に叩かれると痛い等の躾は必要、やられたら嫌、だから人にもしない。それが躾であり、教えでしょ。言葉だけで体で感じとる事が将来その子の行動に出ると思う。

  • 匿名 より:

    体罰はもちろん禁止。そして親になる前の教育が必要だ。

  • 匿名 より:

    学校の先生に指導されるのも、近所の方に注意されるのも、親がしつけるのも、同じとしか子供には伝わらないのでは…?
    勿論、親の責任が一番大きいのですが、口頭での注意だけで、果たして親の立場や愛や威厳が保たれるのでしょうか? 大変不安です。また子供もこれくらいの事やっても平気だろう、みたいに軽んじるのでは…と考えてしまいます。
    体罰は決して肯定されることではありませんが、赤の他人と同じになってしまわないか…。大人は親も他人も一つのかたまりにしか思わなくなるのではないか…。そんな不安が拭えません。

  • 匿名 より:

    しつけの為であっても禁止の法改正が進んでいますが、口頭で注意しても効果のない場合などどうすれば良いのか… 法律がそこまで家庭や親子間問題に入ってくるなら、もっと具体的な指導方法を教えてくれなければ困ると思います。

  • 匿名 より:

    体罰をなくす。では、話してもわかってくれない子供にはどのように対応をしたらよいのか。体罰ありのしつけの子育てから、いきなり体罰無しのしつけにするのであれば、体罰しない子育て方法のセミナー、冊子を国が各家庭に1日も早く提供すべきだとかんがえます。また、どんなに工夫しても子供がわかってくれない場合、親が気軽に相談できる場所を用意してほしいです。現状、相談しても上辺だけで親身ではない。学校も相談しても親身ではない。
    どうにもならない時、子供を1週間でも預かってくる施設(お互いを考える時間)
    体罰を無くし、褒めるしつけ方で変わった国があります。体罰を無くすために、褒める子育てセミナー、親の救急相談所が必要だと考えます。子供の救済も必要ですが、親の救済も必要です。

  • 匿名 より:

    母親と喧嘩して、髪の毛を引っ張られ、身体を蹴られる。どうすればいいですか……

  • 匿名 より:

    罰に処す‼️ やってはいけない事をやったらやはり罰は必要だと思います。今問題になっているのは体罰ではなく暴力なのです。本当に我が子の将来を思い、口で言っても言うことを聞かない子に体で分からす事、時として必要ではないのでしょうか?
    子に対する暴力禁止は理解できますが、いきなり体罰禁止とは余りにも極端のように思えます。昔、私は少林寺拳法をかじった事があり、その教えに「愛無き力は暴力なり、力無き愛は無力なり」という言葉があり、ただ親の感情で叩くのは暴力ですが、体罰無き愛は、時として無力になってしまうと、思います。
    私にも三人の息子がおり、時として体罰をしたことがあります。 おかげさまで三人の息子は全て一人立ちしました。
    ただ、もう何年も前の体罰。今でも思い出すととても嫌な気分になります。私にとって体罰はそれほど大きな最後の手段でした。体罰は、必要だと思います。

  • 匿名 より:

    「救える命は必ず守る」それが当たり前の世の中でなくてはいけない。

  • 匿名 より:

    体罰禁止に向けての法整備に賛成です。また急務だと思います。
    現状は、専門家等がどんなに「しつけ・教育に体罰は不要」と、意識改革を進めようとしても、自身が体罰を受けた経験があるなど、黙認されていた時代を知る大人達は、聞く耳を持ちません。また、そんな時代に郷愁を覚え、体罰根絶の声を嘆いている感さえあります。
    人を支配しようと思った場合、暴力は絶大な効果を発揮します。時間も知恵もかけずに、手っ取り早く、相手を自分の思う様に、出来てしまうのです。そこに中毒性があるのかもしれません。でもそれはとても怖い事です。
    基本、体罰(暴力)は躾ではなく、人を支配しようとする行為です。それを、やめさせる、減らす為には法律で規制するしか、道はないと思います。