<記者の視点>親として直面した公立小中の教員不足 ブラックな労働環境、もう限界では

(2019年11月18日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
 関東の1都6県で本年度当初、配置すべき教員が少なくとも500人は足りていなかった実態を10月20日に報じた(先生が足りない 関東の1都6県の公立小中で年度当初500人 育休や病休の代理が見つからず)。産育休や病休の教員に代わる非正規教員が足りないというのが直接的な原因だが、根本には教員の働き方がブラックだという問題がある。年度途中に急な休職などで欠員が生じているケースもあり、事態はより深刻とみられる。
写真

小林由比記者

新卒の先生が6月に「自信なくなってしまった」

 私は6月、都内の公立小に通う次男(9つ)の担任が、心身のバランスを崩して辞めてしまう事態に直面した。20代の新卒の先生だった。新学期の保護者会で、どうか教員としての一歩を順調に踏み出してほしい、と親のような気持ちであいさつを聞いていた。

 それだけに、1学期のうちに先生が学校に来られなくなるというのはショックだった。校長によると、毎晩遅くまで授業準備をして、直前まで運動会の準備にも熱心に取り組んでいたそうだが、「子どもたちの前に立つ自信がなくなってしまった」と話し、最終的に辞職したという。後任の着任まで数週間は、副校長が担任に入った。

重い負担…校長も苦悩 「削れない学習が多い」

 臨時保護者会では、担任が急にいなくなることで、授業や子どもたちの気持ちへの影響を心配する声が次々と上がった。若手の先生を学校が支えられていないのではないかという疑問や、運動会など行事の負担が大きすぎるのではないかという声も。先生たちが日々の授業にゆとりを持って取り組めるようにしてほしい、子どもと話したり遊んだりする時間を大事にしてほしい、という意見も多く出た。さらに業務効率化を進めたいと話した校長は「ただ、削ることができない学習内容もとても多い」と説明。現場の限界がにじんでいた。

 取材で実態を語ってくれた先生たちも、まずは今の業務の過密状態を改めるべきだと口をそろえた。学力テストや体力テスト、英語や道徳の教科化、プログラミング教育の導入…。「子どものため」という掛け声の下、学校に求められる仕事は増え続け、今や容量オーバーは明らかだ。

公立校の教育の質=社会の土台 もはや崩壊寸前

 公立学校の教職員の働き方改革の一環として、政府は年単位の変形労働時間制の導入を検討している。繁忙期に勤務時間が増えても時間外労働と見なさず、その分の休みを夏休みなどに付け替える案。でも教員などからは「見かけ上の労働時間が減るだけだ」などと批判が上がっている。

 教員の働き方を適正にすることが急務なのは、先生自身が健康や心の余裕を保つことが、教育の質に直結するからだ。誰でも通える公立学校の教育の質を担保することは、この社会の土台をつくっていくことではないか。すでに教室に穴があいていることを重く受け止め、国は膨らみすぎた教員の仕事を減らした上で、人員増についても真剣に考えるべき時だ。小手先の「改革」ではもう、公教育の崩壊は止められないレベルまで来ているように思う。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    本当そう思います。
    自分は、神奈川県で医療専門職として級外の立場で特別支援学校に勤務していますが、育休、産休代替の確保は大変そうですし、それよりも日々の授業準備と学校経営としての事務仕事を平行して行っている先生方の仕事量は多いと見ています。
    先ずは子どもの学習環境を継続性をもって、教員と児童生徒が落ち着いて過ごせるという基本的な基盤が崩壊していています。でも色んな行事を行って「見せる」ことが「教育をやっている」と保護者、地域に理解してもらうと思っている教育関係者も多いです。教育現場の管理側(教育委員会とか)と現場の教員の板挟みに結果子供たちはさらされているのが今の日本教育だと現場で感じています。

  • 匿名 より:

    「やりがい搾取」の最たるものだと思います。教師に余裕がなければ、幸せでなければ、子どもたちも幸せにはなれないのに。
    税金の使い方が間違っているんです。ポンコツ戦闘機や超高級ホテルではなく、「人を育てる」分野にカネを使わなければ、日本は滅びてしまう。
    一クラスの人数を減らす、副担任制の導入、性教育やプログラミングなど専門性の高い分野は外部講師を招くシステムを作る、出来ることはたくさんあるはず!

  • 匿名 より:

    アメリカの学校は先生は教えるだけです。お昼休みは、きちんと休み同僚の先生や、その時間を利用して外出できます。お昼休みは、せいとにはランチモニターといって、先生に変わる仕事の人がいます。なにか問題があると、ソーシャルワーカーや、生と指導の先生が生徒をみます。休み時間でも、必ずボランティアや、モニターがいます。日本では、先生がトイレに行っている間にいじめをしたりします。こちらでは、必ず、大人がいます。校長は生徒ひとクラスが、25人ぐらいですが、について知りませんが、こちらは、一人一人をよく知っています。

  • 匿名 より:

    私の子供が通う都内の小学校でも、子供が勉強でわからないところを聞きたくてもいつも先生が忙しくて職員室にいないと言ってました。
    先生もいつも余裕が無く、八つ当たりともとれるような怒り方をしてしまう先生もいます。
    というように、子供達にも影響は出始めているように思います。

  • 匿名 より:

    おっしゃる通りです。私は現在中学校の教員をしております。毎年教頭試験を受けるように進められておりますが受ける気になりません。なぜなら、毎月平均して八十時間以上の時間外労働をしそれでも土日の部活動で疲れはてているからです。今の新人たちはこのエンドレスな働き方にいきなり対応できずに心を潰されるか賢い人は早くにこのブラックすぎるタダ働きに気づいて辞めていきます。私は担任も部活動も担当していますが本当は授業の研究や子どもたちとの何気ない悩みの相談に乗ってやりたいのですがそんな時間は全くありません。学校の草刈りから蛍光灯の交換、廊下のワックス掛け、トイレの水道の修理、地域の清掃活動、夜間の見回り、携帯電話の使い方、性教育、環境教育、ガン教育、道徳教育、交通安全指導、福祉教育、防災教育どれもどれもできるなら素晴らしいだろうけれど学校で全部できますか。その分学習指導と生徒の話は聞けませんよ。そんなふらふらな先生に自分の子供預けたいですか。

あなたへのおすすめ

PageTopへ