教育系ユーチューバー 葉一さん 障害のある妹、いじめに遭っていた僕、母の優しさ

(2021年8月29日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

家族のこと話そう

写真

教育系ユーチューバーの葉一さん(本人提供)

塾に通えない子のため、授業動画

 僕はYouTubeで子ども向けの授業動画を公開しています。塾講師時代、家庭の事情で塾に通えない子どもたちが、自宅で無料で授業を受けられる仕組みを作りたいと思ったことがきっかけです。

 小学生と保育園児の息子がいて、家でも勉強を教えています。大事にしているのは一緒に学び、考える姿勢。子どもに先生役になってもらい、ホワイトボードを使って解説してもらうこともあります。「先生、なんでこうなるんですか」なんて聞くと、息子は得意げに教えてくれますね。子どもが勉強嫌いになるのは、「できない」「分からない」ことが原因。「できた」という成功体験が生まれることで、子どもは勉強に興味を持つようになります。

子育ては「いつも見守っているよ」

 息子たちには「いつも見守っているよ」というメッセージを伝えることも意識しています。子どもが学童保育で終わらせてきた宿題も内容は必ず確認。「この漢字、うまく書けているね」など、褒めるようにしています。

 時間管理がうまくできる人ほど、人生の幸福度も高くなると思っているので、規則正しい生活も心掛けています。妻は外で働いているので、自宅で仕事をしている僕が午後5時に息子たちを迎えに行き、5時半にお風呂に入れて、9時には寝かせています。子どもたちが大好きなゲームにもルールを設けています。牛乳パックを切り取ってチケットを作り、宿題やお手伝いなどをやったらチケットをあげ、その分だけゲームができる仕組みです。息子や妻はYouTubeにあまり興味がなく、ほとんど見ませんね。

息子たちに「多様性」を伝えたい

 僕には知的、発達障害がある妹がいます。中学時代には、妹の存在を恥ずかしいと思ってしまっていた時もありました。その頃、僕はいじめに遭っていました。妹の面倒を見るため、週末の部活を休まざるを得なかったのが、いじめの理由の1つだったようです。

 母には、いじめに遭っていることを相談できませんでした。母から「妹を守ってね」と言われて頼られていたので、心配をかけたくなかったのです。僕が「学校を休みたい」と言うと、母は何も理由を聞かずに休ませてくれました。「仕事が休みだから一緒にごはんを食べに行こう」なんて、さりげなく誘ってもくれて、気持ちが楽になりました。

 息子たちは、妹がうちに遊びに来ると、突然叫ぶ姿などにびっくりしてしまうようです。でも僕にとって、妹は大切な存在。息子たちには、世の中にはいろんな人がいて、みんな一生懸命生きているということを伝えています。多様性を受け入れる子どもに育ってほしいと願っています。

葉一(はいち)

 1985年、福岡県出身。東京学芸大で教員免許を取得後、塾講師に。2012年にYouTubeチャンネル「とある男が授業をしてみた」を開設し、小学3年~高校生向け授業動画を投稿。チャンネル登録者数は155万人。著書に「小学生の子がどんどん勉強するようになる 親のすごい声かけ」など。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    こういうユーチューバーの方が授業されてるの初めて知りました。You Tubeはそんなに見ないのですが、教育系のものも沢山あるんですね。葉一さん、自らの体験や経験を元にがんばってる姿が印象的でした。 こどもが小学生位になったら見せてあげたいです。

  • 匿名 より:

    いつも「とある男…」にお世話になってます。本も購入して熟読しております。
    二十歳の娘と中2男子の母です。二十歳の娘は重度知的障害者です。葉一さんのエピソードを初めて知った時、勝手に親近感を感じました。私は母親の立場でしか子供達のことを考える事ができないので、とてもホッコリする事があります。 中2の息子はなかなか親の話を聴かなくなっていて、毎日悩んでおります。
    いつか、お会いできる日が来ること願っています。応援してますのでずっと頑張って下さい。

  • 匿名 より:

    まだYouTubeというものがよく知られていないような2012年5月31日、YouTubeに授業動画を投稿することで、塾に通うのが難しい子どもでも家にいながら、それも無料で勉強することができる、と気付き、翌日から授業動画を投稿するようになったというお話を知った時に、「なんて行動力のある人なんだろう!!」と驚きました。様々な批判を受けながらも活動を続け、「YouTubeで勉強する」ことを習慣づける礎を築いた方。それが葉一さん。その動画はビックリするほど丁寧で分かりやすい。優しくて、どんな人でも理解ができるような教え方をなさるので、どんどん勉強したくなる。おまけに字がきれい。きちんと整列され、字間、行間、図の配置など、すべてが見やすい。ご自身の姿はあまり映さず、板書がメイン。だからノートがとりやすい!!「神授業、見放題」まさにそんな言葉
    が相応しい先生です。そして、とにかく、かっこいい。みんな口をそろえて言います。
    見た目も、中身も素敵。自殺者が多いと言われる時期には「死なないで。生きていて」とまっすぐに伝えてくれる。学生さんの勉強がテストなどで大変な時は勉強のアドバイスや、ポイントなどを教えてくれて、つい怠けてしまいがちな時には喝を入れてくれる。そのどれもが優しい。いつでも寄り添ってくれる、本当にいい先生。私は学生じゃないけど、葉一さんの動画で勉強しています。今、現在の学生さんのみならず、「勉強のやり直しをする大人」にも最適。これからも見続けたいし、応援しています。

  • 匿名 より:

    葉一先生の動画で、娘も勉強をしています。学年に関係なくできるところが良いと思います。

    娘は小5ですが、好きな教科、興味のある教科は中学の内容を視聴し、振り返りたい教科は前の学年、その前の学年をピンポイントで視聴したりと、自由におさらいをしていました。

    子どもはオンランでもオフラインでも、YouTubeでも、境界線はないんですね。先生は先生なので、すんなりと学んでいます。わかりやすく、美しい板書で教えてくれる先生です。

    勝手にうちの副担任と、家では葉一先生をお呼びしております。心も支えてくださる、とても身近な存在の先生です。勝手に線を引いていたのは、大人だったんだと葉一先生を知ってから思いました。

    多様性を子どもに伝える、これはとても難しく、私も躊躇するところです。うちには障害を持った息子がいます。やはり娘は塾に行きたくても通えません。送り迎えができない、緊急時には救急車に同伴していくしかないので、娘のペースに合わせた生活は難しい。そんな中でも学べる環境が、YouTubeでの教育システムだと思います。無料、いつでも再開できる、これが親にとっても負い目がないんです。

    学校の制度を卒業しても同じ先生でずっと学べる良さも感じます。学べる大切さを子どもに自然と教えてくれている葉一先生は尊いです。
    そしてチケットの導入、これはまねしたかったです。ゲームについては頭を抱えていたので、この方法を知っていれば子どもとのやりとりもスムーズだったと思いました。これから何かのときには思い出して、まねをします!

あなたへのおすすめ

PageTopへ