コロナ禍のイライラ、子どもにぶつけてしまうあなたへ NPOシーライツが無料オンライン講座の参加者募集 来年2月まで月1回

子育て世代がつながる
 コロナ禍で制約の多い生活の中、子どもと向き合っているとどうしても湧いてきてしまう怒りやイライラした気持ち。こうした激しい感情との折り合いの付け方を、無料のオンライン講座で学んでみませんか。講座は、認定NPO法人国際子ども権利センター(シーライツ/東京都台東区)が主催。来年2月まで毎月1回、同じ内容で開かれる予定です。

「人に知られたくない」と孤立しないように 仲間と一緒に語り合おう

 コロナの影響で在宅時間が増えたり、いつも通りの生活ができないことで、子どもへの虐待が増えることが懸念されています。今年4月からは子どもへの体罰を禁止する法律が施行されましたが、手をあげたり、怒鳴ったりしてしまったとき、「人に知られてはいけない」「だれにも話せない」とかえって親が孤立を深めることも心配されています。

 60分間の講座では、同NPO認定講師で米国の臨床心理カウンセラーの資格を持つ園田京子さんが、怒りやイライラがなぜ湧くのかを脳科学を基に解説。こうした感情は誰にでもある自然なものだと受け止めた上で、どうコントロールすることができるのか、を具体的に伝えます。

 Zoomを利用して受講し、修了者はその後月2回、同じ悩みを持つ人たちと語り合うピアグループにも参加できます(参加自由)。いずれも匿名で参加できます。

 多くの人が参加しやすいよう開催月によって、平日、休日、昼間、夜間など日時をずらしています。直近は10月19日(月)午前10時半から。申し込みは開催2日前まで、シーライツのWebサイトで受け付けています。Zoomに不慣れな人には、スタッフが事前に使い方を教えてくれます。担当者は「同じ悩みを持つ仲間と一緒に学び、語り合って、ひとりじゃないと感じてもらえたら」と参加を呼びかけています。

あなたへのおすすめ

PageTopへ