子どもが見ている前で親が… 急増する「面前DV」深刻な心の傷

子育て世代がつながる

 虐待の疑いで警察から児童相談所に通告される子どもの数が増えています。今年上半期(1~6月)に通告された件数は3万7113人(前年同期比22.6%増)にのぼります。中でも急増しているのが面前DV(ドメスティックバイオレンス)で、6年前の約7倍です。どちらかの親が子どもの前で、配偶者に暴力をふるったり、暴言を吐いたりする行為です。

グラフ 児童相談所に通告された子どもの数と、面前DVの数

 そもそも児童虐待は、態様によって4種類に分かれます。殴ったり、蹴ったり、激しく揺さぶることは身体的虐待と呼ばれます。子どもへの性的行為や子どもに性的行為を見せることは性的虐待にあたり、家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にすることなどはネグレクト(育児放棄)です。言葉で脅したり、きょうだい間で扱いに差をつけたりすることは心理的虐待です。面前DVはこの心理的虐待に含まれます。

 警察庁の統計では身体的虐待やネグレクトも増加傾向にありますが、面前DVの増加が際立っています。背景には、警察がDV事案にかかわった際、その家庭に子どもがいれば、児童相談所に通告することが徹底されてきていることがあります。

どこからDV?子どもはどんな傷を受けるの?

 直接子どもに向けられていない面前DVがなぜ児童虐待にあたるのでしょうか。元千葉県職員で児童相談所や女性サポートセンターでの勤務経験がある昭和学院短大(千葉県市川市)の教授・松野真さんに尋ねました。

昭和学院短大教授の松野真さん

面前DVは子どもにどんな影響があるのでしょうか。

 例えば夜中、家の中で親が暴力をふるえば、子どもはその音や声を聞いただけで寝られなくなります。生活のリズムは崩れ、身体の不調が出てきます。暴力の現場を見ていれば、トラウマ(心的外傷)として残ります。

 また親がいつ、何をきっかけに、感情を暴発させるか分からないピリピリした家庭では、子どもが常にアンテナを張っていなくてはいけません。不安を抱え続け、不眠にもなります。

 「自分が両親の間の暴力を止められない」と無力感や罪悪感を持ってしまう子もいます。すると、自己評価が低くなり、心の発達にも影響します。対人関係がうまく築けなかったり、感情のコントロールがうまくいかなかったりということにつながっていく恐れもあります。

 脳科学の研究では最近、親の怒鳴り声を聞くと、子どもの脳に悪影響が起きるという指摘もされています。

 そもそも、DVを受けている親は、自分の身を守ることで精いっぱいとなり、育児の優先順位が低くなり、子どもを養育する力が低下してしまうことがあります。すると、親子の愛着形成にも負の影響が出てきてしまいます。

夫婦間では言い争いになったりすることもあります。どこからがDVになるのでしょうか。

 被害者が心理的なダメージを受ければDVにあたります。加害者が夫婦げんかの範囲と思って暴力をふるったとしても、被害者が恐怖に感じれば、その時点でDVです。殴ったり蹴ったりする暴力だけでなく、暴言も同じです。「生きている価値はない」「なんでこんなこともできないのか」と繰り返し言われることで、精神的に支配されてしまっている被害者もいます。

面前DVを防止するためにどんな方法があるのでしょうか。

 難しい問題です。加害者はDVという意識がない場合が多いからです。まずは多くの人が、暴力はパートナーや子どもたちにいろいろな影響を及ぼすということを知っていくことが大切なのではないでしょうか。

 また、DVの加害者は男性が多いと感じています。DVの相談窓口というと、女性向けと思われがちです。でも、最近は暴力をふるってしまったという男性や、被害を受けている男性の悩みを専用に受け付ける相談窓口を設けている自治体もあります。悩んでいる男性から相談されたり、「大丈夫かな?」と心配に感じた時には、そうした窓口を教えてあげることが、子どもを守ることにもつながるのではないでしょうか。

まつの・まこと

 昭和学院短大人間生活学科教授(こども発達専攻)。1990年に専門職(心理)で千葉県職員採用。児童相談所や女性サポートセンターなどで、虐待や障害児の相談対応、DV被害者支援や加害者対策などに携わった。2016年4月から同短大勤務。

<特集「ストップ 子ども虐待 わたしたちにできること」トップはこちら

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    小さい頃から殴られることはあったけど、最近大きくなってからは殴られたいの??っていう脅しだけで止まってるので全然いいんだと思ってます。意見を言っても言い訳だからと聞いて貰えないし(ここら辺は自分がいわゆる思春期ってものなのかなと思ってます)、威圧的なので萎縮してしまい叱られているときはあまり声が出ません。恐怖だったのは確かです。学費は自分でとのことです。17年払ってくれたので、これからは頑張ってバイトします。
    他の方を見てると自分より大変そうなのでこんなことを言っていいのか分かりません。
    正直自分が悪いことをしたからだっていうのは分かっています。友達が相談した方がいいよということで一応コメントしてみました。すみません。

  • 匿名 より:

    今、父親は80歳母親は78歳。私は物心ついた時から父親の暴力・暴言・暴投、博打、女性関係・借金…それに母にとっては姑の暴力を見て育ちました。別れて欲しいと何度も母に頼みましたが、別れる事なく、私はその家が嫌で早く結婚をし、四人の子供を授かりました。しかし、80歳になった今、酸素ボンベを付け、何度もガンの手術し、母もガンに何度もなり免疫もない病気にかかってもなお今も年寄りなりの暴言は、今だに母を苦しめます。
    そのせいか、私は、パニック障害・メニューエール・睡眠障害・夜間驚愕症…今の主人の性格からなったものも勿論あると思います。でも根本は育った環境にあると思ってます。
    今、DVと言葉に出てますが、昔はそんな言葉もなく、ただのわがまま、気が荒いとしか言われず。まさか、DVなんて考えてもいませんでした。
    先日、訪問看護の方から、これがDVの怖さなんですよ!と話がありました。暴言や暴力の後、優しくなると…。確かに、昔から痛めつけた後優しい言葉をかけるので、母は50年以上それの繰り返しで、もうマインドコントロールの域に入ってるのだと思います。ほんとに、幼い頃から包丁は飛び交い陶器も投げ付けられ、そんな毎日が当たり前に育った事で、それが普通だと私も感じていたのだと思います。だから、何も怖いもの無しで生きてきました。
    子供が、親のDVや女性関係を目にして見て育つと60歳近くなった今でも心に後遺症が残る事、どれほど恐ろしいものか、ほんとに経験した者にしか、わかりません。
    声を大にして言いたい!親は、好きで一緒に住み勝手にDVに対応したり、女性関係を子供の目の前で普通に関係を持ったのかもしれないけど、子供に与えたDVの記憶は絶対身体や心の不調になって、何年も何十年も苦しまされる!絶対DVは、子供に見せてはいけない!
    今、78歳の母が、暴言を吐いた父にも笑ってすごせている精神状態が怖くてたまらない。DVの洗脳は、本当に怖い。

  • 匿名 より:

    2019.7.24にコメントされている大学生さん、このサイトの記事をプリントしたものと、あなたのコメントの文章をそのままご両親に手紙として渡してみてはいかがでしょう?
    大学生さんのご両親はまさか、寝耳に水だと思います。まさか、自分たちの喧嘩で子供をここまで追い詰めていたとは…面前DVのことを知らないのです。きっと、涙を流して今までごめんね、と謝ってくれると思います。
    母親は、家族のために仕事して家事して、それなのに旦那は全く協力してくれず家では好き勝手で…本当は旦那とも仲良くしたいのに。だからイライラして喧嘩してしまうのだと思います。お互いに疲れ切っていて余裕がないのです。(我が家の場合はそうですが…きっと喧嘩の原因はそんな感じだと思いますよ…私自身、子供を育てている親なので)
    でも、大学生さんの志が素晴らしくて頼もしいです。あなたをこんな立派に育てた両親は素晴らしいです。決して憎まないで。これからの子供達の未来をどうか、明るいものにしてください。
    私も心を穏やかに子供達と接して過ごしていきたい。どうか今不安で辛くて夜眠れない皆様がゆっくり眠れる日が来ますように…
    なんか的外れなコメントすみません。今日、我が子に暴力を振るう父親を見てしまってショックでググったらここにたどり着きました。人間、過ちを犯してしまうときってあるからその父親も責めるつもりはありません。でも、その子供がちゃんと夜眠れていますように。

  • 匿名 より:

    まさにうちがそうです。
    元旦那のDVを見て育った息子が今現在、PTSDに苦しんでます。元旦那は夫婦喧嘩の延長の暴力だからDVではないと主張してきます。元旦那の上司元謝罪を求める私を脅してきました。元旦那は現職警察官なので誰も相手にしたくないみたいで、相談しても現職警察官だと言うとみんな引いてしまいます。こんなに辛い目にあってるのに。。もう親子共々疲れました。

  • 匿名 より:

    この記事を読んで、私が受けてきた事も初めて面前虐待ではと感じました。父は、どこで、どのような言葉で怒りを表すかわかりません。怒ると壁や柱に頭を打ち付けて、血だらけになります。怖いです。俺をおこらすとこうなるんだ、覚えとけよ。
    母からは、お前を産まなきゃ私たちはもっと幸せだったのに。感情を出すな。と、言われ続けてきました。

  • 匿名 より:

    面前ドメスティックバイオレンスの事は、インターネットで初めて知りました。私は既に成人していますが、両親に性的虐待も心理的虐待も受けていたようです。現在、心療内科やカウンセラーさんに相談した後、勇気を出して、両親にも尋ねています。

  • 匿名 より:

    面前dvで親子で逃げたはずなのに、いま子どもは面会交流を家裁から試しでといわれながら毎月一回しています。トラウマもあり、母親以外には気持ちをはぐらかして話してしまうので、誰も本当の気持ちをわかってくれません。今、子どもを父親から守る事が出来ないです。

  • 匿名 より:

    投稿者が匿名ということで投稿させていただきます。大学で家庭福祉の授業をとっておりそこで初めて「面前DV」という言葉をしりました。面前DVだけでなくDV、虐待について学んで行く中でいくつか自分と重なる部分があり苦しくも感じられました。そのことがきっかけで「面前DV」について検索をかけるとこの記事にたどり着きました。どんな影響があるのかという記事にある内容はほとんどが当てはまり涙ながらゆっくりと読み進めました。
    親が家事をする音がいつもと違いそこから親の気持ちが読み取れアンテナを張ること、親の口調や声量が少し変わっただけで普段の会話でもアンテナを張ってしまうことは今でもよくあります。家庭環境がひどい時期では朝は親の喧嘩で起きることがあり、私が止めなきゃいけないと眠れない夜も多々ありました。常にアンテナを張った状態のこの環境から逃れたく誰か助けてと何回も心で叫んでいました。
    でも、私が児相に相談しておおごとになっても嫌ですし、もっと酷いDVだってあることを知っているからただの夫婦喧嘩と今も思っています。両親には幸せな暮らしをさせてもらっていてDVと認めたくない気持ちもあります。さらに児相に連絡しようともしましたが私がもし一時保護されたとしたら両親の喧嘩を止める人は誰もいなくなってしまいます。更に大学生でもう大人だからという理由もあります。なのでこれからも連絡するつもりはないです。そして今は落ち着いているから。楽しく過ごしているから。
    酷い時期では私が産まれてなかったらこんな生活ではなかったのか、親は子どもの頃にこんな家庭を描いていなかったはずなのに私のせいで親の人生をくるわせたのではないかと自分が嫌になることもありました。自分が嫌になり、親も嫌になり、友達といても私がいない間の両親が気になり心からは笑えず、友達も嫌になっていました。記事にも対人関係の築き方への影響があると書かれていますが、実際に私は人見知りだし、相手がどんな風に考えてるかとか深く考えてしまうこともあり少し影響しているのかなとも思いました。
    もっと辛い子どもたちもいて私のはほんのちいさなことに過ぎないと思うのですが、こうして文字に起こしただけでも楽になりました。教育者を目指す私はこうしたDV問題を少しでも解決の方向に持っていき、解決できたらと思いました。

  • 匿名 より:

    9年前親子でシェルターに入れたのに1度戻ってしまい2度目でやっと自由になれましたが、子供への影響は大変なものだったと DVの相手と出会ったことをとても悔いてます。心愛ちゃんのことを思うと胸が苦しくなります。お母さんの気持ちもとてもわかります。一番の悪はDVの男であり、母親も被害者です。DV下では毎日が生きるか死ぬかの選択なのです。でも逃げられないのです。児相がもっとしっかりDVの実態を把握してくれてたら親子とも私のように新しい生活が送れたのにと残念でなりません。呪縛から逃れられた時、周りの景色がキラキラ輝いてみえたのですから。
    どうか沢山の特集を組んだり話題にして今も苦しんでる沢山の人達を助けてください。記事などを読むとまだ震えなどが止まらなくなります。本当に絶対DV環境下に返してはいけません。子供はそんなこと嘘など言いません。優しくたくさん話を聞いてあげて欲しい。ご冥福を心から祈ります。

  • 匿名 より:

    精神科に通ってるとき先生に家庭内の対立が中学生1、2年くらいまでに行ってると自分で精神を守れずに、外側と内側社会で心が乖離してしまうみたいな事言われたけど、これの事だったのかな。

  • 匿名 より:

    20代の女性です。昔から両親が不仲で、喧嘩も多い家庭でした。いろいろ事情があって両親は離婚せず、今も家族全員で暮らしています。テレビで虐待のニュースを見ると、暴力を振るうなんて子どもがかわいそう ひどい親もいるんだね と母は言います。自分たちが子どもの前で喧嘩したこと、そのせいで私や兄がどれだけ傷ついたかは、気づいてないみたいです。この記事にあるように、本人たちは虐待と思ってないようです。理由によっては、夫婦が喧嘩するのは仕方ない時もあると思います。殴る蹴るなどの虐待はもちろん酷いことですが、周りに気づいてもらいにくい、目に見えない暴力で傷ついた子どもたちにも、何か救いの手が差し伸べられる社会になったらいいなと思います。

あなたへのおすすめ

PageTopへ