都知事選で考えたい多摩格差 ある市長は「正直、ふざけんなと思う」 23区は給食費無償化したが…財源なく「分断が生じる」

昆野夏子、岡本太 (2024年6月30日付 東京新聞朝刊)
 東京といっても、財政が豊かな23区と、多摩地域の市町村では、住民へのサービスに差がある。「多摩格差」と呼ばれ、その一つが小中学校の給食無償化。23区は全て実現した一方、多摩地域では半数近くの自治体が実施を見送り、住民からは不満の声も漏れる。
写真

八王子市の学校給食試食会で、子どもたちと給食を食べる初宿市長(左)=東京都八王子市で

給食無償化 30のうち14市町村だけ

 「多摩26市の間に分断と格差が生じる」。1月下旬、多摩地域の市長が集まる市長会。東京都が本年度から給食無償化の半額補助制度を始めることに、町田市の石阪丈一市長が懸念を示した。他にも同様の発言をした市長がいたという。

 無償化には億単位の恒久財源が必要となるため、財政力で劣る自治体にはハードルが高い。多摩30市町村のうち、4月時点で無償化できたのは14市町村。4市が6月議会で無償化の予算案が可決されて実施に動くが、残る12市町に具体的な予定はない。

図表 東京・多摩地域の給食無償化の状況は? 

 給食無償化が実現していないあきる野市で、中学生の娘と小学生の息子を育てる母親(44)は「不公平と思ってしまう。市も『子育てしやすい町』をうたうのに、一番ネックの経済面は助けてもらえないなんて」と不満を口にする。 

財政力の差で「多摩『内』格差」に

 中嶋博幸市長は「都が半額補助しても、毎年1億円以上の経常経費を費やすのは厳しく、慎重に考えざるを得ない。子育て支援は総合的に考えていかないといけない」と述べる。

 「『なぜ23区はできて、ここはできないのか』とプレッシャーがすごい」「無償化しないと子育てに熱心ではないと思われる」

 多摩地域の市長たちはそう漏らす。ある市の幹部は、1月時点で無償化を決めていた多摩地域の自治体を調べた。「大半は23区と接しているか、市長選があった自治体だった」

 企業や商業エリアが多く税収に恵まれている23区に比べ、多摩地域は財政力に劣る傾向がある。近年は多摩地域内でも、武蔵野市など23区隣接やJR中央線沿線を中心に財政力のある自治体が増え、それ以外の地域との差が拡大。「多摩『内』格差」へと姿を変えつつある。昨年度から都が始めた高校生医療費の無償化でも問題になった。

 都知事選(7月7日投開票)の主な候補らは、多摩格差の是正が必要との見解で一致。多摩地域での給食無償化の実現を掲げる候補もいる。

道路整備や産業振興も「金がない」

 都の元局長で今年1月に初当選した八王子市の初宿(しやけ)和夫市長は「八王子市に来て一番感じたのは財源がないこと。不安なく施策を実施していくための財源は、都にいた時の感覚からすると非常に心もとない」と打ち明ける。都道の整備の遅れも指摘し「区部と比べて人口の規模が違うが、災害時を考えると整備を進めてほしい」と訴える。

 ある市長は「正直言って、ふざけんなと思う」と怒りを隠さない。給食無償化以外にも道路整備や産業振興など、さまざまな分野で23区と差が広がっていると感じている。「こっちは金がない。職員の努力だけじゃどうにもならない」

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2024年6月30日

14

なるほど!

5

グッときた

5

もやもや...

15

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • 通りすがり says:

    金がない?本当に?例えば未実施の町田市の財政力指数では千代田区より上、渋谷区と同等のようですが……?

    それ以外の市部も23区より財政力指数高いようですよ。なのに実現できないってどういうことなんだろう。

    他のことを優先させてる(他のことにお金を使っている)ということ?

    通りすがり
  • 瑠璃 says:

    でも、国立や町田とかは、山陰地方に行ったら県庁所在地レベルだし、静岡や愛知、長野でも、地方の中核市レベル。

    離島はさすがにと思うし、町立だと厳しいのかなとも思うが、多摩地区って、東京なら僻地でも、地方の無償化している地方市町よりはるかに人口も収入も多い。愚痴るより仕事しろって思う。

    瑠璃 無回答 無回答

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ