「もーりーしゅーと」弟・森愁斗さん 兄といい距離感で仕事 いつか3兄弟で共演を

五十住和樹 (2022年1月17日付 東京新聞朝刊)
写真

「母が背中を押してくれました」と話すタレントの森愁斗さん(松崎浩一撮影)

家族のこと話そう

兄との動画投稿がデビューのきっかけ

 2020年9月、11人のダンスボーカルグループ「BUDDiiS」(バディーズ)のメンバーとしてデビューしました。兄(森英寿さん)も同じグループで、兄弟で歌って動画配信もしています。

 お兄ちゃんは小さいころから明るくておしゃべりで、18年にオーディションを受けて芸能活動を始めました。僕は真逆で静かでおとなしい。人前で発表するのが恥ずかしくて苦手なタイプ。お兄ちゃんのグループのライブを何度も見て、いつも見る姿とはまったく違う、スイッチを入れて頑張ってる姿にすごく刺激を受けました。

 高2のころ、お兄ちゃんに誘われて一緒にダンスを習いに行きました。TikTok(ティックトック)に2人でダンスや歌の動画を投稿したのがきっかけで、僕もスカウトされた。ちょうど進路を考える時期。正直悩みました。やるからにはそれなりの覚悟がいる。ダンスや歌が好きだったので(グループに)入ることを決めたんですが、最初はすごく不安でした。

正反対の2人 直感で動く兄に影響されて

 お兄ちゃんは思ったときには行動しているという、直感で動く。どう転ぼうとチャレンジしていくのはすごいなと思います。やりたくてもできない人がいる。僕もそういうタイプでした。一緒に仕事をするようになって僕は行動力が上がったと思います。逆にお兄ちゃんは立ち止まって冷静に考えるようになった。お互いのいいところを尊重し合って、距離感がいい。お互い変に干渉しないから、けんかもまったくしないです。

 お父さんは会社員で、趣味のバンドでギターやベースを弾いていました。ドラムもたたけるらしい。「自分の子どもがテレビとかに出ているのが、なんか不思議」。ライブに来てくれて、(兄弟が)出るテレビをチェック。「ダンスや見せ方がうまくなったね」などと言ってくれます。

 僕が渋いデニムにはまっているのはお父さんの影響。「言ってくれれば(自分のデニムを)取っておいたのに」と残念がってます。お母さんは「昔のお父さんを見ているみたい。後ろ姿とか似てる」と言ってます。

ピアノの腕を上げた弟 有名になったら…

 お母さんは僕と性格や考え方が似てますね。僕たちの活動を、「自分の人生だから」と背中を押して、見守ってくれています。

 僕たちは3兄弟で、高校生の弟がいます。独学でピアノの腕を上げ、アプリを駆使してロックバンドQUEEN(クイーン)の曲を完全にコピーしてしまう。絶対音感があるんです。「弟が作曲家で有名になって、兄弟で共演できたらすごいね」なんてお父さんと言ってます。

森愁斗(もり・しゅーと)

 2002年、東京都出身。兄とのユニット「もーりーしゅーと」として昨年、携帯電話会社auのオリジナルCMソング「ずっともっと」がヒット。1月28、29日に東京・中野で開かれるライブ「BUDDiiS vol.01 SUNRiiSE」に出演予定。

4

なるほど!

44

グッときた

0

もやもや...

27

もっと
知りたい

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ