小金井市が市立保育園3園を廃止へ 民営化から方針転換、理由は財政負担 市民からは反発も

花井勝規 (2021年7月29日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

築後53年が経過した小金井市立くりのみ保育園

 東京都小金井市は28日、現在5園ある市立保育園のうち老朽化した3園を廃止する方針を決め、市議会厚生文教委員会で廃止案を説明した。市はこれまで、保育園の民営化を検討してきたが、財政負担の重さなどを理由に方針を転換した。市民からは反発も予想される。

老朽化…建て替えには1施設4~5億円

 小金井市が廃止の方針を打ち出したのは、さくら保育園(貫井北町)、くりのみ保育園(東町)、わかたけ保育園(前原町)。いずれも昭和40年代に建てられた建物で、築後49~53年が経過している。くりのみ、さくらの2園は来春からゼロ歳児の募集を止め、段階的に縮小し、最後の園児が卒園する2027年春に廃園する計画。わかたけは2園の状況を見ながら廃園計画を決める。

 市によると、老朽化した園の施設を建て替える場合、1施設あたり4億~5億円がかかる。廃園による財政効果として、保育士27人減による人件費のほか、建て替え費も不要になることから、10年間で約30億円の経費削減を見込む。

反対の声「市営ならではの支援拠点に」

 市保育課の担当者は「小金井市はずっと市立5園体制を維持してきた。近年は民間参入が進み、待機児童問題も解消されつつある」と3園の廃止に理解を求める。市の調べでは、1996年時点の多摩地域26市の認可保育園492園のうち市立は約41%だったが、2020年には863園のうち市立は約17%に減り、民間参入が顕著になっている。

 元民間保育園の施設長で、市の廃園方針に反対する安藤能子(よしこ)さん(71)は「お金がないから廃園するというのでは能がない。定員は半分でもいいからショートステイなど子育て支援機能を盛り込み、市営ならではの拠点として再整備してほしい」と話している。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2021年7月29日

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    子供が市立保育園に通っている。保護者にも突然の連絡、しかも手紙のみ。
    老朽化が理由なら、建て替えという方法もあるのに、何の説明もなく勝手に決められた印象が強い。
    説明会を開かない理由に「コロナ」を持ち出し、丁寧な説明もない。予算がなくて建て替えられないなら、保護者向けの手紙にもその言葉を入れるべきである。
    子供たちが安心して過ごせる場所すら提供できないとは、市として怠慢だとしか思えない。なんのために市民税を払っているのか…。
    子育て世代を応援する気がないなら、選挙の際にもそんな言葉は使うべきではない。

あなたへのおすすめ

PageTopへ